春日若宮御祭の研究(かすがわかみやおんまつりのけんきゅう)


春日のおん祭りに関しては、一番参考になるのは「嘉慶元年春日臨時祭記」のやうです。この本は南北合一の頃の記録であるが、元々若宮祭りの記事ではありません。所が、これが臨時祭りの記録であつたのかといぶかるほど、只今の若宮祭りの行事と、ある点までぴつたりと合つてゐる。役々の名前なども大方合つてゐる。其より昔の臨時祭りは、ずつと古い記録で見て、嘉慶記の様な風のものではないだらうかと思はれる程だが、事実さう書いてあるのだから、此頃の事として間違ひはあるまい。今行はれてゐる若宮祭りは、此臨時祭記によつて組織し直したものではないかと思はれるほど、よく似てゐる。
しかし、同時に春日祭り――普通、申祭サルマツりと通称する――も、今行はれてゐる若宮祭りと似たところがあります。今の若宮祭りといふのは、春日祭りと臨時祭りとを突き交ぜたものだといへば、大体さうした疑問は釈ける様な気がします。若宮祭りがある時代衰へたのを復興する時に、さうしたともとれるが、どうも春日祭りとしては、却つて此方が盛んであつたらしいから、其について又色々手入れをする機会があつたのではないかと思はれます。一つは此御祭は盛んは盛んでも、本宮の二度の恒例臨時の祭りと比べて、本質としての重要性が軽いとでも言ふか、まあそんな事から、時々延期したり、延期したまゝ挙行せずにすました年もあり、又もし行つても極々内々ですました年も度々あつたらしく、頻々と間隔が出来て居ります。勿論室町以後の記録です。其以前にもさういふ事がなかつたとは言へないとすれば、毎年行つて居なければ段々変形し、忘却して来る様な事はあつたといへます。
今度、二度目に若宮祭りを拝しまして、先に感じなかつたことを申せば、大乗院寺社雑事記を見ますと、毎年の恒例だからではありませうが――記事は頗、簡単である。けれども時々参考になるいゝ記事がある。譬へば、
祭礼行烈次第、別会五師以中綱進之。小番取進之――尋尊大僧正記(享徳三年十一月廿六日)
同様な文が後に見える。譬へば、長禄二年十一月廿七日の所に、
自別会五師方行烈次第以中綱進之。小番取進之。立紙ニ書、之本式也。但近例折紙ニ書之。馬長頭 弁法印・善定房法印権大僧都・宗禅房権少僧都・定清大法師・懐兼大法師。田楽頭 琳舜房権律師・浄真房擬講。流鏑馬……自余如例也。
これらによれば、田楽は興福寺から出すものである。さうして五師から、其々田楽頭の出ることも知れる。若宮祭りに年地を定める五師の坊から、若宮祭りをまかなふのであつて、本座新座の田楽も、五師の坊の監督で出る猿楽も、この五師の坊に関係はあるが、田楽から見ればずつと交渉が薄くなる。五師の坊中心に見れば、田楽はうちの者、猿楽はよそから来るといふやうな様子がみえる。
若宮祭りは若宮の神官が行ふのであるが、所謂「おんまつり」の行列は、五師の坊が行ふものというてよいのである。
「春日若宮御祭礼図」を見ても、只今とは時間が違ふ。お祭りの行列がお旅所に這入ると、直ぐに接続してお旅所の儀式が初まるやうで、だいぶ時間が変つて来ている。それよりも私の一番失望したのは、御旅所の芝舞台が臨時祭記にはちやんとした舞台としてあつたらしいことである。今のは即、土居の舞台である。前回来た時も今度と同様、芝舞台であつた。私は其が古くからの形だと信じて、相応の理論を導いて来た。芝舞台が先入主になつて、それからいろ/\空想してゐたのだが、それがはづれたのである。
臨時祭記の御旅所の舞台の図では、板の舞台でなければならないと思ふが、芝の様にも見える。もしそれなら、露台とでも書きさうなものだ。
又、図にある舞台前方の「中門」は、後にいふ埒であらうが、或はもとから、埒であつたのを、中門と呼んでゐたのかも知れない。


若宮を出てお旅所に這入るあのお練りは何であるか、と言ふと、同じく御神幸を中心とした行列と見えるが、実はあゝ言ふ風なのを私は近頃「招かれざる客」といつてゐる。方々の祭りの節、まれびととして臨む者の中、正座に来るのが真のまれびと。そしてそのまれびとに正式に随行して来る一行がある。所がさうした客座の外に立つて、之を眺めてゐるものが来る。これが精霊、すぴりつとに当る者で、祭りや饗宴を羨んでやつて来るのである。
田楽や猿楽についても其が言はれる。田楽は内々の者、猿楽は外のものである。だが同時に二つながら、若宮祭りからいへば、招かれざる客なのである。其田楽が正式のものゝ姿を備へて来ると、又猿楽が其に対して外の者として添うて来る。絵で見ても、田楽師の扱ひが違つてゐる。又、八処女等の神楽に対しては細男セイナウといふ異風なものが出て来る。
少し話は違ふが、雅楽を盛んにするのは、――此想像は大分問題になりさうだが――相撲に雅楽が附いて発達して来たゝめではないか。相撲の節会には、雅楽が附きものであつた。臨時祭記にも雅楽は見えてゐるが、どうも相撲との関係からさう思はれる。かうして見ると芸能の組合せにも、皆相当拠り所がある。わき芸とももどきとも附属芸ともいへる。それで、三つのものが六つにもなつてゐる。