明治人物月旦(抄)(めいじじんぶつげったん(しょう))

   公爵 伊藤博文

     個人としての伊藤侯と大隈伯

 伊藤侯と大隈伯とは当代の二大政治家なり、随て其人物に対する批評の紛々たるは亦此侯と此伯を以て最も多しとす。是れ其の個人としての性格未だ明かならざるに由る。故に之を観察して甲乙性格の異同を対照するは実に多少の趣味なからんや。
 概していへば、伊藤侯と大隈伯とは互ひに相似たる所之れなきに非ず。才を愛し士を好むは相似たり※(白ゴマ、1-3-29)辞令に嫻ひ談論に長ずるは相似たり※(白ゴマ、1-3-29)荘重にして貴族的姿致あるは相似たり※(白ゴマ、1-3-29)博覧多識にして思想富贍なるは亦相似たり※(白ゴマ、1-3-29)然れども同中固より異質なくむばあらじ。
 大隈伯の思想は経験より結撰し来る※(白ゴマ、1-3-29)故に其の開展するや帰納法の形式を具ふ※(白ゴマ、1-3-29)伊藤侯の思想は読書より結撰し来る※(白ゴマ、1-3-29)故に其の開展するや演繹法の形式を具ふ※(白ゴマ、1-3-29)大隈伯固より読書を嗜む※(白ゴマ、1-3-29)然れども抽象的理論よりも寧ろ具象的事実を貴ぶ※(白ゴマ、1-3-29)伊藤侯固より経験を非認せざる可し※(白ゴマ、1-3-29)然れども侯の得意とする所は寧ろ学理に在りて事実に存せじ、是れ其の均しく博覧多識なるに拘らず、一は最も経済に精しく、一は最も立法に長ずる所以なり。
 伊藤侯は公卿華族の如く、大隈伯は大名華族の如し※(白ゴマ、1-3-29)故に荘重の中に優美を寓するは伊藤侯にして、荘重にして且つ豪華なるは大隈伯なり※(白ゴマ、1-3-29)伊藤侯は威儀を修めて未だ雋俗ならず※(白ゴマ、1-3-29)大隈伯は偉観を求めて終に閑雅の風に乏し※(白ゴマ、1-3-29)大隈伯に逢ふものは、其の敬す可くして狎る可からざるを思ひ、伊藤侯に接するものは、其の悦ぶ可くして畏る可からざるを感ず※(白ゴマ、1-3-29)是れ其の均しく貴族的姿致あるに拘らず、一は武骨を以て勝ち、一は文采を以て優る所以なり。
 伊藤侯の辞令は滑脱婉麗にして些の圭角なし、以て夜会の酬接に用ゆ可く※(白ゴマ、1-3-29)大隈伯の辞令は機鉾鏃々として応答太だ儁、以て戦国の外交に用ゆ可し※(白ゴマ、1-3-29)其の言を発して情致あるは伊藤侯の長所にして、其の語を行ること奇警なるは大隈伯の妙処なり※(白ゴマ、1-3-29)若し夫れ談論滔々として竭きざるの概に至ては、未だ遽かに軒輊し難きものありと雖も、伊藤侯の音吐朗徹声調抑揚あるは、演壇の雄弁として大隈伯に優ること一等※(白ゴマ、1-3-29)唯だ精明深刻舌端に霜気あり、座談久うして益々聴者を倦ましめざるは是れ寧ろ大隈伯の特絶にして、其の一たび佳境に到れば、眉目軒昂英気颯爽として満座皆動く※(白ゴマ、1-3-29)故に大隈伯の雄弁は対話に適し、伊藤侯の雄弁は公会に利あり。
 才を愛し士を好むに於て、伊藤侯と大隈伯とは共に他の元勲諸公に過ぐ※(白ゴマ、1-3-29)故に其の門下生に富むも亦実に当代に冠たり※(白ゴマ、1-3-29)然れども伊藤侯の愛好するものは、柔順御し易きの徒に非むば巧慧※[#「にんべん+鐶のつくり」、3-下-27]薄の輩多し※(白ゴマ、1-3-29)大隈伯は然らず、伯は唯だ人を智に取りて其の清濁を論ぜず※(白ゴマ、1-3-29)故に愚者を近けざるの外一芸一能あるものは勉めて之れを容れんとす※(白ゴマ、1-3-29)量に於ては大隈伯確かに伊藤侯の上に出るを見る※(白ゴマ、1-3-29)蓋し伊藤侯は勉めて他の信服を求むと雖も、未だ意気を以て人を感ぜしめたるを聞かず※(白ゴマ、1-3-29)天下知己の恩あり、一たび之れに浴するものは為に死を致さむことを思ふ※(白ゴマ、1-3-29)然れども知己の恩は私恩に同じからず※(白ゴマ、1-3-29)私恩を介するものは概ね利害にして、知己の恩は則ち意気を通じて来る※(白ゴマ、1-3-29)或はいふ侯は私恩を売るに巧みなりと※(白ゴマ、1-3-29)夫れ私恩は以て面従を得可く、以て信服を求む可からず※(白ゴマ、1-3-29)而も面従一変すれば主を噬むの狗となり、獅子身中の虫となる※(白ゴマ、1-3-29)唯だ侯の聡明能く此の憂を免かるるのみ※(白ゴマ、1-3-29)顧みて大隈伯を見るに、伯は必ずしも信服を人に求めずと雖も、其の自ら来て信服するものは、亦善く之を用ひ善く之れを導く※(白ゴマ、1-3-29)是れ其伊藤侯と大に異同ある所以なり。
 大隈伯の特質として最も著明なるは、精神常に活動して老て益々壮んなるに在り※(白ゴマ、1-3-29)伯曾て人に語て曰く、隠居制度は亡国の条件なりと※(白ゴマ、1-3-29)其の春秋漸く高くして壮心次第に加はる如き、其の向上精進毫も保守の念なき如き、其の冀望抱負常に新たなるが如き、伯は実に天性進歩主義の人物なり※(白ゴマ、1-3-29)伯の進歩主義は独り政治上の智識より出でたるに非ずして、即ち伯の生命なり、伯の理想なり※(白ゴマ、1-3-29)之れを伊藤侯の動もすれば林下退隠の状を為すに比す、則ち本領の甚だ差別あるを知るに足る※(白ゴマ、1-3-29)伯又口を開けば常に自由競争を語る※(白ゴマ、1-3-29)自由競争は乃ち伯の人生観たる莫らんや※(白ゴマ、1-3-29)人生既に自由競争の運命ありとせば、優勝劣敗は天則にして、世界は優者の舞台なり※(白ゴマ、1-3-29)伯の老て益々壮んなるは顧ふに之れが為のみ。
 伊藤侯の特質として最も著明なるは、風流韻事自ら高しとするに在り※(白ゴマ、1-3-29)暇あれば必ず詩人を邀へて共に煙霞を吐納し、筆墨を揮灑す※(白ゴマ、1-3-29)是れ胸中の閑日月を示さんとすればなり※(白ゴマ、1-3-29)大隈伯は伊藤侯の風流韻事なく、未だ詩を作り文を品するの談あるを聞かずと雖も、伯の嗜好は反つて一種瀟脱の天地に存するものあり※(白ゴマ、1-3-29)何ぞや、曰く園芸に対する嗜好是れなり※(白ゴマ、1-3-29)伯は園芸を以て啻に一身を楽ましむるのみならず、亦交際を醇潔にし、人心を調和し、道心を養ふの益ありと信ぜり※(白ゴマ、1-3-29)伯曾て客に戯れて言ふ、世間予の庭園に耽るを笑ふものあれども、彼の千金棄擲解語の花を弄するものと得失孰れぞやと※(白ゴマ、1-3-29)要するに伊藤侯の風流は東洋的にして、大隈伯の嗜好は西洋的なると謂ふ可し。