東京景物詩及其他(とうきょうけいぶつしそのた)

わかき日の饗宴を忍びてこの怪しき紺と青との
詩集を[#ここから横組み]“PAN”[#ここで横組み終わり]とわが「屋上庭園」の友にささぐ
[#改丁]

東京夜曲
[#改ページ]

  公園の薄暮

ほの青き銀色ぎんいろ空気くうきに、
そことなく噴水ふきあげの水はしたたり、
薄明うすあかりややしばしさまかえぬほど、
ふくらなる羽毛頸巻ボアのいろなやましく女ゆきかふ。

つつましき枯草かれくさ湿しめるにほひよ……
円形まろがたに、あるは楕円だゑんに、
かぎられしその配置はいちにほめき、靄に三つ四つ
うすき紫の弧燈アアクとうしたしげに光うるほふ。

春はなほ見えねども、そののこころに
いと甘き沈丁ぢんてうにがつぼみ
すがごとみきたり、瓦斯ガス薄黄うすぎ
身を投げしたましひのゆめのごと水のほとりに。

暮れかぬる電車でんしやのきしり……
しをれたる調和てうわにぞ修道女しゆうだうめ一人ひとり消えさり、
裁判さばきはてし控訴院こうそゐん留守居るすゐらのともあかり
つかれたる硝子がらすより弊私的里ヒステリイひとみはなつ。

いづこにかすずろげる春の暗示あんしよ……
陰影ものかげのそこここに、やや強く光かぎりて
いきふかき弧燈アアクとうかれくさのそのなげけば、
おもなる病児びやうじかすかに照らされてまよひわづらふ。

おぼろげのつつましきにほひのそらに、
なほたへにしだれつつ噴水ふきあげ吐息といきしたたり、
あたらしき月光つきかげ沈丁ぢんてうみもゆれば
官能くわんのううすらあかり銀笛ぎんてきとぞなりぬる。
四十二年二月

  鶯の歌

なやましき鶯のうたのしらべよ……
ゆく春の水の上、靄の廂合ひあはひ
しをれたる官能くわんのうの、あるは、青みに、
をこめてたましひをのみぞく。

鶯はなほも啼く……瓦斯ガス神経しんけい
さんのごとえてふるふ薄き硝子がらすに、
うしなひし恋の通夜つや、さりや、少女をとめ
青ざめて熟視みつめつつくるひとみに。

憂欝症ヒステリイたましひめるしらべよ……
コルタアのの屋根に、船のあかりに、
朽ちはてしおはぐろの毒のおもて
愁ひつつ、にほひつつ、そこはかとなく。

※(濁点付き片仮名ヰ、1-7-83)オロンのさんいとなするこころか、
ていほろと梭のおとたつるゆめにか、
寝ねもあへぬ鶯のうたのそそりの
かつとほみ、かつ近み、しづこころなし。

夜もすがら夜もすがら歌ふ鶯……
月白き芝居裏、河岸かしの病院、
なべて夜のつかれゆくゆめとあはせて、
ウヰスラアーの靄の中音うちねに鳴き鳴きてそこはかとなし。
四十二年一月

  夜の官能

湿潤しめりふかき藍色あゐいろくらさ……
のごとき星あかりさだかにはそれとわかねど
うす溝渠ほりわり陰影かげに、
青白き胞衣会社えなぐわいしやほのかににほひ、
※(「窗/心」、第3水準1-89-54)多く、しかもみなとざしたる真四角ましかく煙艸工場たばここうば
煙突のくろみよりはひばめるすす湯気ゆげなびきちらぼふ。

橋のもと、くら沈黙しじま
舟はゆく……
なごやかにうち青む砥石といしおも
いと重き剃刀かみそりおともなくすべるごとくに、
舟はゆく……ゆけど声なく
ありとしも見えわかぬ棹取さをとり杞憂おそれ深げに、
ただなる燈火ともしびぞのぼりゆく……孤児みなしごたよりなきか。

つつましき尿ねうみ入るほとり、
くされたる酒類さけるゐおどにごりて
そこここの下水げすゐよりなやみしみたり、
白粉おしろい湯垢ゆあかとのほめく闇にも
青きの春の草かすかににほふ。

湿潤しめりふかき藍色あゐいろくらさ……
かへりみすれば
いと黒く、はた、遠き橋のいくつの
そのひとつ青うきしろひ、
神経しんけい衰弱つかれにぞ絶間たえまなく電車過ぎゆき、
正面まともなる新橋しんばし天鵝絨びろうどそらの深みに