第二邪宗門(だいにじゃしゅうもん)



あな熱し、あな苦し、あなたづたづし。

わが熱き炎の都、
都なる煉瓦の沙漠、
沙漠なる硫黄の海の広小路、そのただなかに、
ゑにたるトリイトン神の立像たちすがた
水涸れ果てし噴水ふきあげの大水盤のめぐりには、
白琺瑯はくはうらうの石のきだただ照り渇きしびれたる。

そのかげに、あか襯衣しやつぬぎ
悲しめる道化芝居の触木ふれぎうち、
自棄やけに弾くギタルラ弾者ひきと、癪持しやくもちと、
たはれの舞の眩暈めくるめき
さては火酒ブランデイかぶりつつ強ひてころがる酔漢ゑひどれと、
笑ひひしめくめくららは西瓜をぞ切る。

あな熱し、あな苦し、あなたづたづし。

既に見よ、瞬間たまゆらのさき、
ほのかなるうれひあやにしみじみと
竜馬りうめの羽うらにほひ透き、揺れてつれし
水盤の水ひとたまり。
あるはまた、螺を吹く神の息づかひ
焔に頻吹しぶきひえびえと沁みにし歌も
今ははやからびぬ、聴くはゑ疲れ
鉛になやむ地のくだの苦しき叫喚さけび

あな熱し、あな苦し、あなたづたづし。

虚空こくうには銅色あかねいろの日の髑髏どくろまろびかがやき、
雲はまた血のごと沈黙しじとろけゆき影だに留めず。
ただ病める東南風シロツコのみぞ重たげに、また、たゆたげに、
腐れたるつばさの毒を羽ばたたく。
七月末の長旱ながひでり、今しも真昼、
煉獄の苦熱の呵責かしやくそのままに
火輪車くわりんしやはしり、石油泣き、瓦斯のわめき、
真黒げに煙突震ふ狂ほしさ、その騒かしさ。

たれぞ、また、けたたましくも、
あけの息引き切るるごと、
狂気なす自動車駆るは。

あな熱し、あな苦し、あなたづたづし。

狂気者きちがひよ、人き殺せ。
癪持しやくもちよ、血を吐き尽せ。
掻き鳴らせ、いと切るるまで。
打ち鳴らせ、木の折るるまで。
飛びめぐれ、息の根絶えよ。
酔へよ、また娑婆しやばにな覚めそ。
めしひらよ、その赤きはらわたを吸へ。
あはれ、あはれ、
このひでりつづかむかぎり、
飢渇きかつ癒えむすべなし。

あな熱し、あな苦し、あなたづたづし。


苦しげに喇叭らつぱ吹くいき
苦しげに喇叭らつぱ吹くいき
汝はゆきていづくにかへる。

心臓のあかきくるめき
そを洩れて吹きいづるなる。
なやましきたまのひとすぢ
いとやき水の音色ねいろに。

どくふかき邪欲じやよくの谷に
淫楽いんらくくちばみまとふ、
はたや身はしびれとろけて
ちがたきほだしになやむ。

狂念きやうねんのめくらむ野辺のべ
いど硫黄いわうほむら
またにがをりのおびえに
くれなゐの破滅はめつをさそふ。

さまだるる恋慕れんぼのあへぎ
蒸しよどみ、かくてなやめど
われは吹く、息もほつほつ
うらわかきたま喇叭らつぱを。

かげくら恐怖おそれ垂葉たりは
そのなかに赤き実熟るる。
わがゆめはあなその空に
れつつもゆる悲愁かなしみ

濡れつつもゆるかなしみ
そが犠牲にえに吹きいづるなる。
かぎりなき生命いのち苦痛くつう
かぎりあるむねちからに。

あはれ、なほ、喇叭らつぱ吹くいき
あはれ、なほ、喇叭らつぱ吹くいき
はゆきていづくにかへる。


青き葉の銀杏いてふの林、
ほそらなる若樹わかきの林。

はた、青き白日ひるかげに、
葉もふる銀杏いてふの林。

そのもとを北へかすめる、
ひややけきみちのひとすぢ、

かすかにも胡弓こきゆうまさぐり、
ゆめのごと、われはたどりぬ。

青き葉の銀杏いてふの林
行き行けどみちは尽きなく。

ほそらなる若樹わかきのはやし、
頬白ほほじろもきかず。

すすりなくうれひ胡弓こきゆう
葉のふるひ、青き日かげ。

さはひとり、われとさすらひ、
われとき、きもほれつつ、

日もすがら涙さしぐむ、
青き葉のかげをゆく身は。

それとなきもののかぜにも、
よわごころ耳しかたむけ。

たちとまり、ながめ、みかへり、
あはれさのいとをちからに。

ひそやかに、また、しづやかに、