江戸芸術論(えどげいじゅつろん)



 我邦わがくに現代における西洋文明模倣の状況をうかがひ見るに、都市の改築を始めとして家屋什器じゅうき庭園衣服にいたるまで時代の趣味一般の趨勢すうせいに徴して、うたた余をして日本文華の末路を悲しましむるものあり。
 余かつて仏国ふつこくより帰来かえりきたりし頃、たまたま芝霊廟しばれいびょうの門前に立てる明治政庁初期の官吏某の銅像の制作を見るや、その制作者は何がゆえに新旧両様の美術に対してその効果上相互の不利益たるべきかかる地点を選択せしや、全くその意を了解するに苦しみたる事あり。余はまたこの数年来市区改正と称する土木工事が何ら愛惜あいせきの念もなく見附みつけ呼馴よびなれし旧都の古城門こじょうもんを取払ひなほいきおいに乗じてその周囲に繁茂せる古松を濫伐らんばつするを見、日本人の歴史に対する精神の有無うむを疑はざるを得ざりき。泰西の都市にありては一樹の古木一宇いちうの堂舎といへども、なほ民族過去の光栄を表現すべき貴重なる宝物ほうもつとして尊敬せらるるは、既に幾多漫遊者の見知けんちするところならずや。しかるにわが国において歴史の尊重はだ保守頑冥がんめいの徒が功利的口実の便宜となるのみにして、一般の国民に対してはかへつて学芸の進歩と知識の開発に多大の妨害をなすに過ぎず。これらは実に僅少きんしょうなる一、二の例証のみ。余ははなはだしく憤りきまた悲しみき。然れども幸ひにしてこの悲憤と絶望とはやがて余をして日本人古来の遺伝性たるあきらめの無差別観にらしむる階梯かいていとなりぬ。見ずや、上野の老杉ろうさんは黙々として語らず訴へず、ひとりおのれの命数を知り従容しょうようとして枯死こしし行けり。無情の草木はるか有情ゆうじょうの人にまさるところなからずや。
 余は初めて現代の我が社会は現代人のものにして余らの決してくちばしるべきものにあらざる事を知りぬ。ここにおいて、古蹟の破棄も時代の醜化もまた再び何らの憤慨を催さしめず。そはかへつてこの上もなき諷刺的滑稽ふうしてきこっけいの材料を提供するが故に、一変して最も詭弁的きべんてきなる興味の中心となりぬ。然れども茶番は要するに茶番たるに過ぎず。いかに洒脱しゃだつなる幇間ほうかんといへども徹頭徹尾扇子せんすかしらたたいてのみ日を送り得べきものにあらず。余は日々にちにち時代の茶番に打興うちきょうずる事をつとむると共に、また時としては心ひそかに整頓せいとんせる過去の生活を空想せざるを得ざりき。過去を夢見んには残されたる過去の文学美術の力によらざるべからず。これ余が広重ひろしげ北斎ほくさいとの江戸名所絵によりて都会とその近郊の風景を見ん事をこいねがひ、鳥居奥村派とりいおくむらはの制作によりて衣服の模様器具の意匠を尋ね、天明てんめい以後の美人画によりては、専制時代の疲弊堕落せる平民の生活をうかがひ、身につまさるる悲哀の美感を求めし所以ゆえんとす。


 浮世絵は余をして実に渾然こんぜんたる夢想の世界に遊ばしむ。浮世絵は外人の賞するが如くただに美術としての価値のみにとどまらず、余に対しては実に宗教の如き精神的慰藉いしゃを感ぜしむるなり。特殊なるこの美術は圧迫せられたる江戸平民の手によりて発生し絶えず政府の迫害をこうむりつつしかもくその発達をげたりき。当時政府の保護を得たる狩野家かのうけすなわち日本十八世紀のアカデミイ画派の作品は決してこの時代の美術的光栄を後世に伝ふるものとはならざりき。しかしてそは全く遠島に流され手錠てじょうの刑を受けたる卑しむべき町絵師の功績たらずや。浮世絵は隠然として政府の迫害に屈服せざりし平民の意気を示しその凱歌がいかを奏するものならずや。官営芸術の虚妄きょもうなるに対抗し、真正自由なる芸術の勝利を立証したるものならずや。宮武外骨みやたけがいこつ氏の『筆禍史ひっかし』はつぶさにその事跡を考証叙述して余すなし。余またここに多くいふの要あるを見ず。


 浮世絵はその木板摺もくはんずりの紙質と顔料がんりょうとの結果によりて得たる特殊の色調と、その極めて狭少なる規模とによりて、まことに顕著なる特徴を有する美術たり。浮世絵は概して奉書ほうしょまたは西之内にしのうちに印刷せられ、その色彩は皆めたる如くあわくして光沢なし、試みにこれを活気ある油画あぶらえの色と比較せば、一ツは赫々かくかくたる烈日れつじつの光を望むが如く、一ツは暗澹あんたんたる行燈あんどう火影ほかげを見るの思ひあり。油画の色には強き意味あり主張ありてく制作者の精神を示せり。これに反して、もし木板摺の眠気ねむげなる色彩中に制作者の精神ありとせば、そは全く専制時代の萎微いびしたる人心じんしんの反映のみ。余はかかる暗黒時代の恐怖と悲哀と疲労とを暗示せらるる点において、あたかも娼婦しょうふすすり泣きする忍びを聞く如き、この裏悲うらがなしくたよりなき色調を忘るる事あたはざるなり。余は現代の社会に接触して、常に強者の横暴おうぼうを極むる事を見て義憤する時、ひるがえつてこの頼りなき色彩の美を思ひそのうちに潜める哀訴の旋律メロディによりて、暗黒なる過去を再現せしむれば、たちまち東洋固有の専制的精神の何たるかを知ると共に、深く正義を云々うんぬんするの愚なることをさとらずんばあらず。希臘ギリシヤの美術はアポロンを神となしたる国土に発生し、浮世絵は虫けら同然なる町人ちょうにんの手によりて、日当りしき横町よこちょう借家しゃくやに制作せられぬ。今や時代は全く変革せられたりと称すれども、要するにそは外観のみ。一度ひとたび合理のまなこもってその外皮がいひ看破かんぱせば武断政治の精神はごうも百年以前とことなることなし。江戸木板画の悲しき色彩が、全く時間の懸隔なく深くわが胸底きょうていみ入りて常に親密なるささやきを伝ふる所以ゆえんけだし偶然にあらざるべし。余は何が故か近来主張を有する強き西洋の芸術に対しては、さなが山嶽さんがくを望むが如く唯茫然ぼうぜんとしてこれを仰ぎ見るの傾きあるに反し、一度ひとたびそのを転じて、個性に乏しく単調にして疲労せる江戸の文学美術に対すれば、忽ち精神的ならびに肉体的に麻痺まひの慰安を感ぜざるを得ず。されば余の浮世絵に関する鑑賞といひ研究といふが如き、もとより厳密なる審美の学理にるものならず。もし問ふものあらば余は唯特別なる事情のもとに、特別なる一種の芸術を喜ぶと答へんのみ。いはんや泰西人の浮世絵に関する審美的工芸的研究は既に遠く十年以前全く細微にわたりて完了せられたるにおいてをや。