報恩記(ほうおんき)

     阿媽港甚内あまかわじんないの話

 わたしは甚内じんないと云うものです。苗字みょうじは――さあ、世間ではずっと前から、阿媽港甚内あまかわじんないと云っているようです。阿媽港甚内、――あなたもこの名は知っていますか? いや、驚くには及びません。わたしはあなたの知っている通り、評判の高い盗人ぬすびとです。しかし今夜参ったのは、盗みにはいったのではありません。どうかそれだけは安心して下さい。
 あなたは日本にほんにいる伴天連ばてれんの中でも、道徳の高い人だと聞いています。して見れば盗人と名のついたものと、しばらくでも一しょにいると云う事は、愉快ではないかも知れません。が、わたしも思いのほか、盗みばかりしてもいないのです。いつぞや聚楽じゅらく御殿ごてんへ召された呂宋助左衛門るそんすけざえもん手代てだいの一人も、確か甚内と名乗っていました。また利休居士りきゅうこじ珍重ちんちょうしていた「赤がしら」と称える水さしも、それを贈った連歌師れんがし本名ほんみょうは、甚内じんないとか云ったと聞いています。そう云えばつい二三年以前、阿媽港日記あまかわにっきと云う本を書いた、大村おおむらあたりの通辞つうじの名前も、甚内と云うのではなかったでしょうか? そのほか三条河原さんじょうがわらの喧嘩に、甲比丹カピタン「まるどなど」を救った虚無僧こむそうさかい妙国寺みょうこくじ門前に、南蛮なんばんの薬を売っていた商人、……そう云うものも名前を明かせば、何がし甚内だったのに違いありません。いや、それよりも大事なのは、去年この「さん・ふらんしすこ」の御寺みてらへ、おん母「まりや」の爪を収めた、黄金おうごん舎利塔しゃりとうを献じているのも、やはり甚内と云う信徒だった筈です。
 しかし今夜は残念ながら、一々そう云う行状を話している暇はありません。ただどうか阿媽港甚内あまかわじんないは、世間一般の人間と余り変りのない事を信じて下さい。そうですか? では出来るだけ手短かに、わたしの用向きを述べる事にしましょう。わたしはある男の魂のために、「みさ」の御祈りを願いに来たのです。いや、わたしの血縁のものではありません。と云ってもまたわたしの刃金はがねに、血を塗ったものでもないのです。名前ですか? 名前は、――さあ、それは明かしていかどうか、わたしにも判断はつきません。ある男の魂のために、――あるいは「ぽうろ」と云う日本人のために、冥福めいふくを祈ってやりたいのです。いけませんか?――なるほど阿媽港甚内に、こう云う事を頼まれたのでは、手軽に受合う気にもなれますまい。ではとにかく一通り、事情だけは話して見る事にしましょう。しかしそれには生死を問わず、他言たごんしない約束が必要です。あなたはその胸の十字架くるすに懸けても、きっと約束を守りますか? いや、――失礼はゆるして下さい。(微笑)伴天連ばてれんのあなたを疑うのは、盗人ぬすびとのわたしには僭上せんじょうでしょう。しかしこの約束を守らなければ、(突然真面目まじめに)「いんへるの」の猛火に焼かれずとも、現世げんぜばちくだる筈です。
 もう二年あまり以前の話ですが、ちょうどあるこがらしの真夜中です。わたしは雲水うんすいに姿を変えながら、京の町中まちなかをうろついていました。京の町中をうろついたのは、そのに始まったのではありません。もうかれこれ五日ばかり、いつも初更しょこうを過ぎさえすれば、必ず人目に立たないように、そっと家々をうかがったのです。勿論何のためだったかは、註を入れるにも及びますまい。殊にその頃は摩利伽まりかへでも、一時渡っているつもりでしたから、余計にかねの入用もあったのです。
 町は勿論とうの昔に人通りを絶っていましたが、星ばかりきらめいた空中には、やみもない風の音がどよめいています。わたしは暗い軒通のきづたいに、小川通おがわどおりをくだって来ると、ふと辻を一つまがった所に、大きい角屋敷かどやしきのあるのを見つけました。これは京でも名を知られた、北条屋弥三右衛門ほうじょうややそうえもんの本宅です。同じ渡海とかいを渡世にしていても、北条屋は到底とうてい角倉かどくらなどと肩を並べる事は出来ますまい。しかしとにかく沙室しゃむろ呂宋るそんへ、船の一二そうも出しているのですから、一かどの分限者ぶげんしゃには違いありません。わたしは何もこのうちを目当に、うろついていたのではないのですが、ちょうどそこへ来合わせたのを幸い、一稼ひとかせぎする気を起しました。その上前にも云った通り、は深いし風も出ている、――わたしの商売にとりかかるのには、万事持って来いの寸法すんぽうです。わたしは路ばたの天水桶てんすいおけうしろに、網代あじろの笠や杖を隠した上、たちまち高塀を乗り越えました。