華族のお医者(かぞくのおいしゃ)

 エヽ当今たゞいま華族様くわぞくさまとはちがひまして、今をること三十余年前よねんぜん御一新頃ごいつしんごろ華族様故くわぞくさまゆゑ、まだ品格ひんがあつて、兎角とかく下情かじやうことにはおくらうござりますから、何事なにごと御近習任ごきんじゆまかせ。殿「コレ登々のぼる/\。登「ハツ/\おめしでござりますか。殿「アヽ華族くわぞくいへうまれたが、如何いか太平たいへい御代みよとはまうせども、手をそでにして遊んでつてはまぬ、えわが先祖せんぞ千軍萬馬せんぐんばんばなか往来わうらいいたし、きみ御馬前ごばぜんにて血烟ちけむりげ、槍先やりさき功名こうみやうよつ長年ながねん大禄たいろく頂戴ちやうだいしてつたが、これから追々おひ/\なかひらけてるにしたがつて時勢じせい段々だん/\変化へんくわしてまゐるから、なにに一のうそなへたいと考へて、人知ひとしれず医学いがくを研究したよ。登「へえーそれうも結構けつこうな事で。殿「別に師匠ししやうも取らず書物しよもついて独学どくがくをしたのぢやが、色々いろ/\な事を発明はつめいしたよ、まア見るがい、これだけ器械きかいを集めたから。登「ヘヽー成程なるほど何日いつに、うもおそりましたことで、しかわたくし一人で拝見はいけんいたしますのもをしいやうで、彼所あれ詰合つめあつ者共ものどもにも一おう見せてやりたく心得こゝろえますが……。殿「おゝそれからう、コレ伊丹いたみなにみな此所これい。伊「へい/\。登「かみこれだけのお道具だうぐ何日いつにかお集めになつたのだ。伊「へえー、これなんまうすもので。殿「ウム、それ検熱器けんねつきふものだ、これ聴診器ちやうしんきこれ打診器だしんきふものだ。伊「へえー。殿「一つてやらうか。登「いえわたくし別段べつだん何処どこも。殿「いやうでない、まアつかはすから裸体はだかになれ、これ稽古けいこじや、なんでも事は度々たび/\かずかけんければいかぬからの。登「しか御前ごぜんのお目通めどほりで裸体はだかになるは恐入おそれいりますことで。殿「ナニかまはぬ、ゆるすからい。登「しからば御免ごめんを……エヘヽヽういふ事にいたしますか。殿「ウム、骨格こつかくぢやな。登「へい、おかげさまで四十五さいまで一わづらうたことはござりませぬ。殿「左様さやうであらう、ソラ此器これ脈搏みやくはくくんだ、うだグウ/\るだらう。登「エヘヽヽヽくすぐつたうござりますな、左様さやうよこぱら器械きかいをおあてあそばしましては。殿「いやういふところやまひは多くあるものだからな、これから一つ打診器だしんき肺部はいぶたゝいて見てやらう。登「いやそれうもあぶなうございます。殿「ナニ心配するな、ソラういふ塩梅あんばいだ、トントン/\トンとナ。登「アヽいたうござります。殿「ハヽー少し逆上ぎやくじやうしてるやうぢやから、カルメロを一りんにヤーラツパを五ふん調合てうがふしてつかはすから、小屋こやかへつて一にちに三くわい割合わりあひ服薬ふくやくいたすがよい。登「へい、うも有難ありがたぞんじます、これうも大層たいそう奇麗きれいなお薬で。殿「ウム、早くへば水銀剤みづかねざいだな。登「へえー、これのみましたらのどつぶれませう。殿「ナニ大丈夫だいぢやうぶだ、決して左様さやうな心配はないのどつぶれても病気さへなほればそれからう。登「イエのどつぶれては困ります。殿「ナニ心配する事はない、コレ井上ゐのうへ此所これい、ついで其方そのはうつかはすから。井上「有難ありがたうはぞんじますが、何分なにぶん裸体はだかになりますのをはゞかりますで、生憎あいにく今日けふ下帯したおびめてまゐりませぬから。殿「イヤ許す、其様そんな事はすこしかまはぬ、トントンうぢやナ。井上「ア、うもいたうござります、さう無闇むやみにおたききなすつちやアたまりませぬ。殿「まアだまつてれ、アヽこれ余程よほどねつがある。井上「へえーねつがござりますか。殿「ウム、四十九ばかりある。井上「其様そんなにあるわけはござりませぬ、それぢやア死んでしまひますから。殿「アヽ成程なるほど、三十七あるの、時々とき/″\悪寒をかんする事があるだらう。井上「左様さやうでござります。殿「ハーこれぎやくだナ。井上「いゝえぎやくとは心得こゝろえませぬ。殿「これ/\なんでも医者いしやとほりになれ、素人しろうとくせなにわかるものか、これ舎利塩しやりえん四匁しもんめ粉薬こぐすりにしてつかはすから、硝盃コツプに水をいてうしてめ、それから規那塩きなえんを一ぶんれるところぢやが、三くはへよう。井上「其様そんな貴方あなた劇剤げきざい分度外ぶんどぐわいにおいれになりましてはえらことになりませう。殿「ナニよろしい、心配しんぱいをするな、安心してすぐ此場このばめ、さア/\今度こんど其方そのはうてやらう、何歳なんさいぢや。○「エヽ三十七さいで。殿「何処どこか悪いところでもあるか。○「へい少々せう/\下腹したはらが痛いやうで。殿「それうもかぬな、しかしさういふのには魔睡剤ますゐざいもちゆるとすぐなほるて、モルヒネをな、エート一ゲレンは一りんもう、一グラムとは一もんめまうして三ゲレンとは三わりにして硝盃コツプに三十てきはんゲレンぢやが、見てういふ工合ぐあいにするのだ。と硝盃コツプさきに水をれて、ポタリ/\とびんの口をけながらたらすのだが、中々なか/\素人しろうとにはさううま出来できない、二十てきと思つたやつが六十てきばかり出た。殿「まアよろしい、これまけかう。此様こんなものをまけられたものこそ因果いんぐわで、これのみまして御前ごぜんさがると、サアうも大変たいへん当人たうにんひどい苦しみやう、其翌日そのよくじつヘロ/\になつて出てました。登「うだ、少しはよろしいか、木内君きのうちくん。木内「イヤうにもうにもじつ華族くわぞくのお医者いしやなどかゝるべきものではない、無闇むやみにアノ小さな柊揆さいづちでコツコツ胸をたゝいたりなんかして加之おまけひどい薬をましたもんだから、昨夜ゆうべうも七十六たびかはやかよつたよ。登「それ大変たいへんだ、しかきみはまだ一めいがあるのが幸福しあはせだ、大原伊丹君抔おほはらいたみくんなど可愛想かあいそうにモルヒネを沢山たくさんませられたもんぢやから、到頭たうとう死んでしまつた。と話をしてるのを殿との聴付きゝつけて殿「コリヤ/\のぼるは出たか。登「ヘイ、御機嫌ごきげんよろしう。殿「うぢや、工合ぐあいは。登「うも劇剤げきざい多量たりやうにおもちひに相成あひなりましたものと見えて、今日けふ余程よほど加減かげんが悪うござります。殿「木内きのうちういたした。登「あれ罷出まかりいでましたが、これも強く逆上ぎやくじやういたしがかすみ、あたまに熱をち、カツカといたしてたまらぬなどまうしてをりまする、それ可愛想かあいそうなのは大原伊丹おほはらいたみで、あれ到頭たうとう生体しやうたいなしで夢中むちゆうります。殿「ムヽー、あれだけの手当てあておよんでも息が出んとまうせば最早もはやまつた命数めいすうきたのかも知れぬて、うしてもかぬか。登「ヘイ、色々いろ/\介抱かいはういたしましたがきませぬ、此上このうへ如何いかゞいたしませう。殿「イヤ、まつた生体しやうたいなければさひはひぢやて、今度こんど解剖ふわけぢや。