人麿の妻(ひとまろのつま)

 人麿の妻は、万葉の歌から推しても、二人だといふ説があり、三人だといふ説があり、四人だといふ説があり、五人だといふ説がある。今次に可能の場合を記載しながら、決定して行き、先進の説を附載するつもりである。
 (一) 軽娘子。 人麿が、妻が死んだ後泣血哀慟して作つた長歌、((巻、二二〇七、二一〇、二一三))のはじめの歌に、『かるみちは吾妹子が里にしあれば、……吾妹子が止まず出で見しかるいちに』とあるので、仮に人麿考の著者に従つてかく仮名した。この長歌で見ると、秘かに通つてゐたやうなことを歌つてゐるが、此は過去を追懐して恋愛初期の事を咏んだ、作歌の一つの手段であつたのかも知れない。
 (二) 羽易娘子。 長歌の第二に、『現身うつせみと念ひし時に取持ちて吾が二人ふたり見し』云々、『恋ふれども逢ふよしをなみ大鳥の羽易はがひの山に』云々とあつて、羽易の山に葬つた趣の歌であるから、これも人麿考の著者に傚つて仮にかう名づけた。この長歌には、『吾妹子が形見に置けるわかの乞ひ泣く毎に』云々とあつて、幼児を残して死んだやうに出来てゐる。それだから、この羽易娘子と軽娘子は別々な人麿の妻だと考へてゐる論者が多い。けれども、人麿が長歌を二様に作り、第一の長歌では遠い過去のこと、第二は比較的近事のことを咏んだとせば解釈がつくので、此は同一人だと考へても差支ないと思ふ
 (三) 第二羽易娘子。 第三の長歌(或本歌曰)は第二の長歌と内容が似て居り、『吾妹子が形見に置ける緑児みどりごの乞ひく毎に』と云つて幼児の事を咏んでゐるが、違ふ点[#「違ふ点」は底本では「遠ふ点」]は、『現身と念ひし妹が灰にてませば』といふ句で結んだところにある。賀茂真淵は、以上の三娘子のうちを二人と考へ、軽娘子を妾と考へ、羽易娘子を嫡妻と考へた。そして羽易娘子と第二羽易娘子を同一人と看做し、それが嫡妻で人麿の若い時からの妻だらうから、この妻の死は、火葬のはじまつた、文武天皇四年三月((文式紀に、四年三月己未、道昭和尚物化。時七十有二、弟子等奉遺火葬於粟原。天下火葬従此而始也))以前で、未だ火葬の無かつた頃と想像せられるから、『灰』字は何かの誤だらうと云つた。それに対して岸本由豆流は、『何をもて若きほどの事とせらるるにか。そはこの妻失し時若児ありて後にまた依羅ヨサミ娘子を妻とせられし故なるべけれど、男はたとへ五六十に及たりとも子をも生せ妻をもめとる事何のめづらしき事かあらん』((万葉集攷証第二巻三二一頁))と駁してゐる。攷証の説を自然と看做して其に従ふとせば、以上の三娘子を同一人と考へて差支ない。((なほ、火葬の事。灰字のことにつき木村正辞、井上通泰の説があるから、別なところに記して置いた。))この事は山田博士も、『余はこれは一人の妻の死を傷める一回の詠なりと信ず』((講義巻第二))と論断してゐる。そしてこの人麿の妻の死を文武四年三月以後((仮に文武四年))とし、それから依羅娘子を娶つたとし、人麿の死を和銅三年三月((寧楽遷都))以前で、仮に和銅二年だとせば、その間和銅二年迄九年の歳月があるのだから、依羅娘子との関係も理解が出来、石見娘子((即ち依羅娘子))と別れた時の長歌に、『玉藻なす寄り寝し妹』といひ、『さ寝し夜はいくだもあらず』といふ句が理解出来るのである。和銅二年を人麿四十七歳と仮定すれば依羅娘子を娶つたのは慶雲元年あたりで四十二歳位ででもあつただらうか。依羅娘子は歌も相当に作つた女であつた。代匠記、依羅娘子が人麿と別るる歌の処に、『人麿の前妻は文武天皇四年以後死去と見えたり。(中略)然れば此妻は大宝慶雲の間に迎へられたるべし』とあるのは期せずして慶雲元年頃の愚案と略一致した。
 (四) 石見娘子。 人麿が石見国から妻と別れて上り来る時詠んだ長歌が三首((巻二、一三一、一三五、一三八))と反歌が合せて、六首((巻二、一三二、一三三、一三四、一三六、一三七、一三九))載つてゐる。歌の内容が少しづつ違ふが、これを同一の女と看做し、石見にゐた、即ち人麿と一処に住んでゐたのだから、仮に便利のため石見娘子と名づける。長歌を見ると、『玉藻なす寄り寝し妹を露霜のおきてし来れば』。或は、『靡き寝し児を深海松ふかみるの深めてへどさし夜はいくだもあらず』。或は、『玉藻なす靡き吾が寝し敷妙の妹が袂を露霜の置きてし来れば』云々と詠んで居り、石見ではじめて情交をなした女の如くにも見えるし、或は同行したとも考へられるが、当時の官吏などは妻を連れて行かぬのが普通であつただらうか。この女に就いてはなほ考弁の説が参考になるだらう。
 (五) 依羅娘子。 右の人麿の歌の次に、柿本朝臣人麿の妻依羅娘子人麿と相別るる歌として、『な念ひと君はいへども逢はむ時いつと知りてか吾が恋ひざらむ』(巻二、一四〇)が載つて居り。また、人麿が石見で死が近づいた時に、『鴨山の磐根しける吾をかも知らにと妹が待ちつつあらむ』(巻二、二二三)と咏み、その歌の次に、人麿が死んだ時、妻依羅よさみ娘子の作れる歌二首として、『今日けふ今日けふと吾が待つ君は石川の貝に(一に云ふ谷に)交りて在りといはずやも』(二二四)。『ただあひは逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつしぬばむ』(二二五)といふのが出て居る。人麿の長歌で見ると、新たに情交を結んでまだ間もない女でもあるやうだが、その次に、『な念ひと』の歌が載つてゐるから、この万葉の記載に拠るとせば、第一の石見娘子いはみのをとめ(従便利名)依羅娘子よさみのをとめとは同一人だといふことになる。そして石見で得た妻だといふことになる。それから、人麿が死んだ時に、依羅娘子は京師に止まつてゐたやうに賀茂真淵等が考へて居り、古義、考弁、樋口氏等もさう考へてゐる。そして此説は絶待には否定し難いけれども、万葉の歌を見れば必ずしもさうでなく、娘子が其時石見にとどまつてゐたと見ることも出来るのである。依羅氏は、新撰姓氏録摂津国皇別に、依羅ヨサミノ宿禰の条に、日下部宿禰同祖、彦坐命之後也とあり、又、河内国諸蕃、依羅ヨサミノ連の条に、百済国人素弥志夜麻美乃君之後也とある。依羅娘子といづれかの関係があるのではなからうか。石見八重葎の著者は、娘子は石見の出だが、人丸の妻となるにつき、依羅氏を名のつたのであると記載してゐるが、此は想像である。