『さびし』の伝統(『さびし』のでんとう)


 短歌には形式上の約束があるために、新らしい言葉がなかなか入り難い。入れようとすると無理が出来て、その企の放棄せられることは、常に実作者のあひだに行はれてゐる事柄である。若しこれが約束に対して放肆になれば破調の歌となり自由律の歌になつてしまふのであるが、自由律を唱へる人々と雖、ときどき定型のやうなものを作つて見て、故郷を偲ぶごとき面持をしてゐる。
 さういふ風であるから、短歌でその観照なり表現なりが伝統的になり易いのは、先づ理論よりも実際が示してゐるのである。万事が新機軸を出し変化を試みてゐるあひだに立つて、歌では、いまだに、『あしひきの』とか、『たまきはる』とか、『ひさかたの』とかいふ枕詞まで使つて歌を作つてゐる。
 さういふことは時代に逆行するものだとして、伝統破壊を試みた人々は既に幾たりもゐた。明治新派和歌のうちで、与謝野氏等は、一時、『らむ』とか『けり』とかを使はぬことにして一首を纏めようと意図し、議論でもさう云ひ、また実行もしたものである。然るに、追々二たび元に帰つて、やはり、『らむ』とか『けり』とかを用ゐるやうになつた。歌の形式上の約束は、おのづからさういふ伝統を強ひるところがある。
 そんならば、言語表現の伝統は常に変らないかといふに、常に少しづつ変つて来てゐる。これは文学芸術に伝統主義を唱へる人でも認めて居ることであるが、歌に於てもその例に漏れない。
 このことを歌に拠つて証明し得るのであるけれども、今差当り、『さびし』といふ一語を借りて、その伝統の趣、その変化の趣を少しく記載することとする。

  題しらず
寂しさに堪へたる人のまたもあれな庵を並べむ冬の山里 (西行法師)
  山家
寂しさに堪へてすむ身の山里は年ふるままに訪ふ人もなし (頓阿法師)
  山家郭公
寂しさに堪へて住めとや問ひすてて都に向ふ山ほととぎす (加藤枝直)
  信州数日
寂しさの極みに堪へて天地に寄するいのちをつくづくと思ふ (伊藤左千夫)

 斯く類似の、『寂しさに堪ふ』といふのがあるから、この事についてその伝統の経過を少しく記載することとする。


 万葉集ではサビシといはずに大部分サブシといつてゐた。佐夫思サブシ佐夫之サブシ左夫之サブシ佐夫斯サブシ佐夫志サブシといふ仮名書きのあるのによつても分かる。また、『不怜』の文字は旧訓にサビシと訓ませたが、真淵の万葉考でサブシが好からうといふ説を出し、諸家それに従ふやうになつてゐる。
 それなら、万葉集にサビシと訓ませたところは一つもないかといふに、ただ一つある。巻十五(三七三四)に、『遠き山せきも越え来ぬ今更に逢ふべきよしの無きが佐夫之佐サブシサ』といふ歌があつて、結句にサブシサの語があるが、この結句は、『一云。佐必之佐サビシサ』とあるから、これはサビシサと訓ませてゐる例である。この例があるために、サブシからサビシが転じたのであらうといふ説も可能となるわけである。この転化の説は、その道の専門家もさう云つて居る。
 さて、万葉のサブシが、新古今あたりのサビシと同じ語だとして、この語の持つ概念、語感に幾分違ふところがある。これは実例に拠るのが最も便利であるから、煩しいけれども次にその実例を抽出することにする。

(前略)そのつまの子は不怜弥可サブシミカおもひて寐らむ(下略) (巻二。二一七)
楽浪ささなみ志我津しがつの子らが罷道まかりぢの川瀬の道を見れば不怜毛サブシモ (巻二。二一八)
(前略)大宮人の退まかり出て遊ぶ船には楫棹かぢさをも無くて不楽毛サブシモ漕ぐ人なしに (巻三。二五七)
山の端に味鳬あぢむらさわぎ行くなれど吾は左夫思恵サブシエ君にしあらねば (巻四。四八六)
今よりはの山道は不楽サブシけむ吾が通はむと思ひしものを (巻四。五七六)
神さぶと不欲いなにはあらずやや多く斯くして後に佐夫之サブシけむかも (巻四。七六二)
家に行きて如何にか吾がせむ枕づく嬬屋つまや佐夫斯久サブシクおもほゆべしも (巻五。七九五)
言ひつつも後こそ知らめとのしくも佐夫志サブシけめやも君いまさずして (巻五。八七八)
古に妹と吾が見しぬばたまの黒牛潟を見れば佐府下サブシモ (巻九。一七九八)
秋萩を散り過ぎぬべみ手折り持ち見れども不怜サブシ君にしあらねば (巻十。二二九〇)
うつくしと念ふ吾妹をいめに見てきてさぐるに無きが不怜サブシサ (巻十二。二九一四)
さざれ浪浮きて流るる泊瀬河よるべき磯の無きが不怜也サブシサ (巻十三。三二二六)
荒雄らが行きにし日より志賀の海人の大浦田沼たぬ不楽有哉サブシクモアルカ (巻十六。三八六三)
(前略)下恋したこひに何時かも来むと待たすらむこころ左夫之苦サブシク(下略) (巻十七。三九六二)
我背子が国へましなばほととぎす鳴かむ五月さつき佐夫之家牟サブシケムかも (巻十七。三九九六)
桜花今ぞ盛と人はいへど我は佐夫之毛サブシモ君とし在らねば (巻十八。四〇七四)
(前略)何時しかも使の来むと待たすらむ心左夫之苦サブシク南風みなみふき(下略) (巻十八。四一〇六)
(前略)ほととぎす弥頻いやしき喧きぬ独のみ聞けば不怜毛サブシモ(下略) (巻十九。四一七七)
吾のみし聞けば不怜毛サブシモほととぎす丹生にふの山辺にい行き鳴かなも (巻十九。四一七八)