種山ヶ原(たねやまがはら)

種山ヶ原たねやまがはらというのは北上山地きたかみさんちのまん中の高原で、青黒いつるつるの蛇紋岩じゃもんがんや、かた橄欖岩かんらんがんからできています。
 高原のへりから、四方に出たいくつかの谷のそこには、ほんの五、六けんずつの部落ぶらくがあります。
 春になると、北上の河谷かこくのあちこちから、沢山たくさんの馬がれて来られて、の部落の人たちにあずけられます。そして、上の野原にはなされます。それも八月のすえには、みんなめいめいの持主もちぬしもどってしまうのです。なぜなら、九月には、もう原の草がれはじめ水霜みずしもが下りるのです。
 放牧ほうぼくされる四月よつきの間も、半分ぐらいまでは原はきりくもとざされます。じつにこの高原のつづきこそは、東の海のがわからと、西の方からとの風や湿気しっきのおさだまりのぶっつかり場所ばしょでしたから、雲や雨やかみなりや霧は、いつでももうすぐおこってくるのでした。それですから、北上川のきしからこの高原の方へ行く旅人たびびとは、高原に近づくにしたがって、だんだんあちこちに雷神らいじんを見るようになります。その旅人とっても、馬をあつかう人の外は、薬屋くすりや林務官りんむかん化石かせきさがす学生、測量師そくりょうしなど、ほんのわずかなものでした。
 今年も、もう空に、とおった秋のこな一面いちめんわたるようになりました。
 雲がちぎれ、風がき、夏の休みももう明日あすだけです。
 達二たつじは、明後日から、また自分で作った小さな草鞋わらじをはいて、二つの谷をえて、学校へ行くのです。
 宿題しゅくだいもみんなましたし、かにることも木炭すみあそびも、もうみんなきていました。達二は、家の前のひのきによりかかって、考えました。
(ああ。の夏休み中で、一番面白おもしろかったのは、おじいさんと一緒いっしょに上の原へ仔馬こうまれに行ったのと、もう一つはどうしても剣舞けんばいだ。とりの黒いかざった頭巾ずきんをかぶり、あのむかしからの赤い陣羽織じんばおりた。それからかたいたを入れたはかまをはき、脚絆きゃはん草鞋わらじをきりっとむすんで、種山剣舞連たねやまけんばいれんと大きく書いた沢山たくさん提灯ちょうちんかこまれて、みんなと町へおどりに行ったのだ。ダー、ダー、ダースコ、ダー、ダー。踊ったぞ、踊ったぞ。町のまっ門火かどびの中で、刀をぎらぎらやらかしたんだ。楢夫ならおさんと一緒になった時などは、刀がほんとうにカチカチぶっつかったぐらいだ。
 ホウ、そら、やれ、
むかし 達谷たっこくの 悪路王あくろおう
まっくらぁくらの二里のほら
わたるは ゆめと 黒夜神こくやじん
首はきざまれ 朱桶しゅおけもれ。
 やったぞ。やったぞ。ダー、ダー、ダースコ、ダーダ、
青い 仮面めんこの こけおどし、
太刀たちを びては いっぷかぷ、
夜風の そこの 蜘蛛くもおどり、
胃袋いぶくろぅ はいて ぎったりぎたり。
 ほう。まるで、……。)
達二たつじるが。達二。」達二のお母さんが家の中でびました。
「あん、居る。」達二は走って行きました。
わらすだはんてな、おじぃさんど、あい[#小書き平仮名な、99-13]ど、上の原のすぐ上り口で、草ってるがら、弁当べんとうってって。な。それがら牛もれてって、草ぁせで。な。兄※[#小書き平仮名な、99-14]がらはなれなよ。」
「あん、て来る。行て来る。今草鞋わらじ穿ぐがら。」達二ははねあがりました。
 お母さんは、ものの二つのひつと、達二たつじの小さな弁当べんとうとを紙にくるんで、それをみんな一緒いっしょに大きなぬの風呂敷ふろしきつつみました。そして、達二が支度したくをして包みを背負せおっている間に、おっかさんは牛をうまやからい出しました。
「そだら行って来ら。」と達二は牛を受けって云いました。