赤い船(あかいふね)


 露子つゆこは、まずしいうちまれました。むら小学校しょうがっこうがったとき、オルガンのおといて、なかには、こんないいおとのするものがあるかとおどろきました。それ以前いぜんには、こんないいおといたことがなかったのです。
 露子つゆこは、まれつき音楽おんがくきとみえまして、先生せんせいらしなさるオルガンのおときますと、がふるいたつようにおもいました。そして、こんないいおとのする器械きかいは、だれが発明はつめいして、どこのくにから、はじめてきたのだろうかとかんがえました。
 ある露子つゆこは、先生せんせいかって、オルガンはどこのくにからきたのでしょうか、といました。すると先生せんせいは、そのはじめは、外国がいこくからきたのだといわれました。外国がいこくというと、どこでしょうかとかんがえながらきますと、あのひろひろ太平洋たいへいようなみえて、そのあちらにあるくにからきたのだと先生せんせいはいわれました。
 そのとき、露子つゆこは、いうにいわれぬなつかしい、とおかんじがしまして、このいいおとのするオルガンはふねってきたのかとおもいました。それからというもの、なんとなく、オルガンのおときますと、ひろい、ひろうみのかなたの外国がいこくかんがえたのであります。
 なんでも、いろいろと先生せんせいいてみると、そのくには、もっともひらけて、このほかにもいいおとのする楽器がっきがたくさんあって、そのくににはまた、よくその楽器がっきらす、うつくしいひとがいるということである。で、露子つゆこは、そんなくにへいってみたいものだ。どんなにひらけているうつくしいくにであろうか。どんなにうつくしいひとのいるところであろうか。そしてそのくににいくと、いたるところでいい音楽おんがくかれるのだとおもいました。それで露子つゆこおおきくなったら、できるものなら、外国がいこくへいって音楽おんがくならってきたいとおもいました。露子つゆこうちまずしかったものですから、いろいろ子細しさいあって、露子つゆこが十一のとき、むらて、東京とうきょうのあるうちへまいることになりました。


 そのうちはりっぱなうちで、オルガンのほかにピアノや蓄音機ちくおんきなどがありました。露子つゆこは、なにをても、まだまえすららないめずらしいものばかりでありました。そしてそのピアノのおといたり、蓄音機ちくおんきはいっている西洋せいよううたふしなどきましたとき、これらのものもうみえて、とおとおいあちらのくにからきたのだろうかとかんがえたのであります。むかしむら小学校時代しょうがっこうじだいにオルガンをて、なつかしくおもったように、やはりなつかしい、とおい、かんじがしたのであります。
 そのうちには、ちょうど露子つゆこねえさんにたるくらいのおかたがありまして、よく露子つゆこをあわれみ、かわいがられましたから、露子つゆこしんねえさんともおもって、つねにおねえさま、おねえさまといってなつきました。
 よく露子つゆこは、おねえさまにつれられて、銀座ぎんざまちあるきました。そして、そのとき、うつくしいみせまえって、ガラスりのなかいくつもならんでいるオルガンや、ピアノや、マンドリンなどをましたとき、
「おねえさま、この楽器がっきは、みんな外国がいこくからきましたのですか。」
いました。おねえさまは、
「ああ、日本にっぽんでできたのもあるのよ。」
といわれました。
 露子つゆこには、それらの楽器がっきだまっているのですが、ひとつひとつ、いい、しいたえな、音色ねいろをたてて、ふるえているようにえたのであります。そして、晩方ばんがたなど、あかくさしこむまどもとで、おねえさまがピアノをおきなさるとき、露子つゆこは、じっとそのそばにたたずんで、いちいちうごくのから、ひかりがピアノにたって反射はんしゃしているのから、なにからなにまで見落みおとすことがなく、またうたいなされるこえや、かすかにふるえるおとのひとつひとつまできのこすことがなかったのであります。