海の少年(うみのしょうねん)

 今年ことし夏休なつやすみに、正雄まさおさんは、かあさんやねえさんにれられて、しま別荘べっそう避暑ひしょにまいりました。正雄まさおさんはうみめずらしいので、毎日まいにちあさからばんまで、海辺うみべては、うつくしいかいがらや、小石こいしなどをひろあつめて、それをたもとにれて、おもくなったのをかかえてうちかえると、あねいもとせて、だんだんたくさんにたまるのをて、東京とうきょうへのおみやげにしようとよろこんでいました。
 あるのこと、正雄まさおさんは、ただ一人ひとりうみほうからいてくるすずしいかぜかれながら波打なみうちぎわを、あちらこちらと小石こいしかいがらをつけながらあるいて、
つかれしょ、つかれしょ、おれつかれしょ。真珠しんじゅかいがらつかれしょ。」といいました。
 青々あおあおとしたうみには白帆しらほかげが、白鳥はくちょうんでいるようにえて、それはそれはいいお天気てんきでありました。
 そのとき、あちらのいわうえ空色そらいろ着物きものた、自分じぶんおなじいとしごろの十二、三さい子供こどもが、っていて、こっちを手招てまねぎをしていました。正雄まさおさんは、さっそくそのそばへって、
「だれだいきみは、やはりしまへきているのかい。ぼくといっしょにあそぼうじゃないか。」といいました。
 空色そらいろ着物きもの子供こどもはにっこりわらって、
ぼくひとりで、つまらないから、きみといっしょにあそぼうとおもってんだのさ。」
「じゃ、二人ふたりなかよくあそぼうよ。」と、正雄まさおさんは、そのいわしたって見上みあげました。
きみ、このいわうえへあがりたまえな。」
 しかし、正雄まさおさんにはあまりたかくてのぼられないので、
ぼくにはがれないよ。」とかなしそうにいいました。すると、
「そんならぼくりよう。」と、ひらひらとりて、さあ、いっしょにうたってあそぼうよと、二人ふたり学校がっこうでおそわった唱歌しょうかなどをこえをそろえてうたったのであります。そして二人ふたりは、べにがにや、うつくしいかいがらや、しろ小石こいしなどをひろって、晩方ばんがたまでおもしろくあそんでいました。いつしか夕暮ゆうぐがたになりますと、正雄まさおさんは、
「もううちかえろう、おかあさんがっていなさるから。」と、うちほうかえりかけますと、
ぼくも、もうかえるよ。じゃきみ、また明日あしたいっしょにあそぼう。さようなら。」といって、空色そらいろ着物きもの子供こどもれいたかいわうえへ、つるつるとはいがりましたが、はやその姿すがたえませんでした。
 くるひるごろ、正雄まさおさんは、海辺うみべへいってみますと、いつのまにやら、昨日きのう空色そらいろ着物きもの子供こどもがきていまして、
「や、失敬しっけいっ。」とこえをかけてり、
きみにこれをやろうとおもってひろってきたよ。」と、それはそれはきれいな真珠しんじゅや、さんごや、めのうなどをたくさんにくれたのであります。正雄まさおさんはよろこんで、そのうちかえって、おかあさんやおとうさんにせますと、ご両親りょうしんさまは、たいそうびっくりなさって、
正雄まさおや、だれからこんなけっこうなものをおもらいだ。え、その子供こどもはどこの子供こどもで、はなんといいます。」と、きびしくわれたのであります。正雄まさおさんは、
「どこの子供こどもですかぞんじません。」と、ただいていました。おかあさんは、