電信柱と妙な男(でんしんばしらとみょうなおとこ)

 あるまち一人ひとりみょうおとこんでいた。昼間ひるまはちっともそとない。友人ゆうじんさそいにきても、けっしてそとへはなかった。病気びょうきだとか、用事ようじがあるとかいって、ずにへやのなかじこもっていた。よるになってひと寝静ねしずまってから、ひとりでぶらぶらそとあるくのがきであった。
 いつもよるの一ごろから三ごろの、だれもとおらないまちなかを、ひとりでぶらぶらとあるくのがきであった。あるおとこは、いつものようにしずかな寝静ねしずまったまち往来おうらいあるいていると、雲突くもつくばかりの大男おおおとこが、あちらからのそりのそりとあるいてきた。見上みあげると二、三じょうもあるかとおもうような大男おおおとこである。
「おまえはだれか?」と、みょうおとこいた。
「おれは電信柱でんしんばしらだ。」と、雲突くもつくばかりの大男おおおとこは、こしをかがめて小声こごえでいった。
「ああ、電信柱でんしんばしらか、なんでいまごろあるくのだ。」と、みょうおとこいた。
 電信柱でんしんばしらはいうに、昼間ひるま人通ひとどおりがしげくて、おれみたいなおおきなものがあるけないから、いまごろいつも散歩さんぽするのにめている、とこたえた。
「しかし、小男こおとこさん。おまえさんは、なぜ、いまごろあるくのだ。」と、電信柱でんしんばしらいた。
 みょうおとこはいうに、おれなかひとがみんなきらいだ。だれともかおわせるのがいやだから、いま時分じぶんあるくのだ。とこたえた。それはおもしろい。これからともだちになろうじゃあありませんかと、電信柱でんしんばしらもうた。みょうおとこは、すぐさま承諾しょうだくしていうに、
電信柱でんしんばしらさん、世間せけんひとはみんなきらいでも、おまえさんはきだ。これからいっしょに散歩さんぽしよう。」といって、二人ふたりはともにあるした。
 しばらくすると、みょうおとこは、小言こごとをいいした。
電信柱でんしんばしらさん、あんまりおまえはせいたかすぎる。これでははなしづらくてこまるじゃないか。なんとか、もすこしせいひくくなる工夫くふうはないかね。」といった。
 電信柱でんしんばしらは、しきりにあたまをかしげていたが、
「じゃ、しかたがない。どこかいけかわのふちへいきましょう。わたしみずなかはいってあるくと、おまえさんとちょうどせいたかさがおりあうから、そうしよう。」といった。
「なるほど、おもしろい。」といって、みょうおとこかんがえていたが、
「だめだ。だめだ。かわぶちなんかいけない。みちわるくて、やぶがたくさんあってこまる。おまえさんは無神経むしんけい同然どうぜんだからいいが、わたしこまる。」と、かおをしかめて不賛成ふさんせいをとなえだした。
 電信柱でんしんばしらは、二重ふたえにしてこしをかがめていたが、
「そんなら、いいことがおもいあたった。おまえさんは身体からだちいさいから、どうだね、まち屋根やねあるいたら、わたしは、こうやってのきについてあるくから。」といった。
 みょうおとこは、だまってうなずいていたが、
「うん、それはおもしろそうじゃ、わたしいて屋根やねうえへのせてくれ。」
たのみました。
 電信柱でんしんばしらは、軽々かろがろみょうおとこげて、ひょいとかわら屋根やねうえろしました。みょうおとこは、ああなんともいえぬいい景色けしきだとよろこんで、屋根やねつたってはなしながらあるきました。するとこのとき、雲間くもまからつきて、おたがいにかおかおとがはっきりとわかりました。たちまちみょうおとこおおきなこえで、