つばめと乞食の子(つばめとこじきのこ)

 あるむらへ、一人ひとり乞食こじきはいってきた。十二、三でかおはまっくろく、おおきなだ。そのうえいじわるで、ひとかって、けっして、ものをくれいといったことがない。毎日まいにち毎日まいにちそとあるいていて、ほかの子供こどもがなにかべていると、すぐさまそれをうばってべてしまう。またぜにっていると、すぐさまそのぜにうばって、自分じぶんでなにかってべてしまう。だからむらじゅうでは、その乞食こじきをにくまないものがない。けれど、しかるとかえって復讐しかえしをするので、だれもおそれていた。乞食こじきは、よるになってもめてくれるものがない。いつもや、いえのきでねたり、はやしなかでねたりしていた。あさはやきると、子供こどもあそんでいるのをさがしてあるいた。
 あるじいさんが、途中とちゅう財布さいふしてかね計算かんじょうしているのをた。乞食こじきは、さっそくそばへきて、地面じびたちている小石こいしひろって、
「おじいさん、銀貨ぎんかが一つちていた。」といって、をさしだすと、じいさんはあわてて、かねかえそうとした。乞食こじきをひっこめた。するとじいさんは、ほんとうにこの銀貨ぎんかひろったとおもいこんで、
「このわる小僧こぞうめ、はやかえさんか。」とおこってあとけた。乞食こじきは、おもしろがってげた。じいさんはけているうちいしにつまずいて、みんな地面じびた財布さいふかねをまいてしまった。このとき子供こどもけてきて、ちたかねひろってげた。あとでじいさんは、うまくだまされたのを後悔こうかいした。
 あるとき、金持かねもちの子供こどもが、うまいお菓子かしべていた。乞食こじきは、ぶらぶらやってきた。さっそく子供こどもは、うまいお菓子かしをふところにかくしてしまった。乞食こじきは、自分じぶんのからだにまっていたはえをらえた。そしてなにげないふうで、その子供こどもうしろにまわって、えりもとへはえをとして、
「あっ、あぶない、はちがはいった! はちがはいった!」とさけんだ。
 その子供こどもおどろいて、さっそくおびいて着物きものてると、
ぼくが、はちをころしてやる。」といって、うまいお菓子かしふくろりあげてげていった。子供こどもいてうちかえった。
 むら人々ひとびとはみんな、この乞食こじきをにくんだ。どうかしていはらう工夫くふうはないかと相談そうだんした。
 一人ひとりがいうのに、ひどいめにわせたらどこかへいくだろうといった。すると、あるものは反対はんたいして、
「もしひどいめにわせて、このむらでもつけられるとたいへんだ。」といった。
 一人ひとりがいうのに、かねをやって、もうこのむらにくるなといったら、もうこないかもしれんといった。すると一人ひとり反対はんたいして、
「またかねがなくなりゃ、はいってくるから、だめだ。」といった。
 すると、一人ひとりがいうのに、どこかへれていって、おいてくるのがいちばんいいといった。
 そこで、むらうちくち上手じょうずひとえらんで、乞食こじきさそした。乞食こじきむら人々ひとびと相談そうだんっていたから、どれ、むら人々ひとびとこまらしてやろうとかんがえた。そこへおとこがやってきた。
「おい、小僧こぞう、おもしろいところへれていってやるから、いっしょにこい。」といった。
 小僧こぞうだまってあとについていった。やっと二、三ちょういくと、小僧こぞうは、