星の世界から(ほしのせかいから)


 良吉りょうきちまずしいいえまれました。そのむらさびしい、もりのたくさんあるむらでありました。小鳥ことりがきてさえずります。またはるになると、しろはなや、かおりのたかい、いろいろのはなきました。
 良吉りょうきちにはなかのいい文雄ふみおというおなとしごろのともだちがありました。二人ふたりはいつもいっしょにぼうったり、けっこをしたり、また、さおをってかわにいったりして、なかよくあそびました。
 むらはずれにはかわながれていました。そのみずはたくさんできれいでありました。かわのほとりにはくさしげっていました。二人ふたりはそのくさうえこしろして、みずつめながらりをいたしました。
 またかぜには、いっしょにくりのひろってあるきました。またえだなどをひろってきて、おや手助てだすけなどをいたしたこともありました。こうして二人ふたりは、なんでもっているものは、たがいにってなかよくあそびました。たまに両親りょうしんまちへいってってきてくれた絵草紙えぞうしや、おもちゃなどがあると、それを良吉りょうきち文雄ふみおにもせてやったり、してやったりいたしました。また、文雄ふみおおなじことで、なにかめずらしいものがはいると、きっとそれを良吉りょうきちのところへってきてせました。二人ふたりあいだでは、なんでも差別さべつなくしてなかよくあそびました。だから、そのむらまちからとおくはなれていて、さびしいむらでありましたけれど、二人ふたりはけっしてさびしいとはおもいませんでした。二人ふたりはいつも、たのしくなかよくしてあそんでいました。
 しかし、不幸ふこうというものは、いつ人間ひとうえにやってくるものだかわかりません。あるさむい、もうあきけてゆくころでありました。文雄ふみおは、ふとしたかぜをひきました。そして、それがだんだんおもくなってとこにつきました。良吉りょうきち心配しんぱいして、毎日まいにちのように文雄ふみおうちへいっては、病気びょうきをみまいました。文雄ふみお両親ふたおやもいっしょうけんめいで看病かんびょういたしました。けれど、ついに文雄ふみおはなおりませんでした。まくらもとにすわって、心配しんぱいそうに自分じぶんかおつめている、ともだちの良吉りょうきちをじっとて、
はやくなおって、またきみといっしょにあそぼうね。」
と、文雄ふみおはやつれた姿すがたになりながら、にっこりとわらっていいました。
「ああ、あそぼうよ、きみ気分きぶんはちっとはいいかい。」
と、良吉りょうきち笑顔えがおになって、そのやせたあわれなともだちのにぎりました。しかし、これがわかれでありました。とうとう文雄ふみおはそのばんんでしまいました。


 良吉りょうきちかなしさのあまりきあかしました。文雄ふみおむらのおてら墓地ぼちほうむられました。良吉りょうきち文雄ふみおのお葬式そうしきのときにもいてついてゆきました。それからというものは、かれ毎日まいにちのようにひまさえあればおてら墓地ぼちへいって、文雄ふみおはかまえにすわって、ちょうどきているともだちにかってはなすとおなじようにかたりました。
きみ、さびしいだろうとおもってぼくあそびにきたよ。」
と、良吉りょうきちはいいました。木枯こがらしは、そのさびしいほかにはだれも人影ひとかげのいない墓地ぼちきすさんで、れたが、そらや、うえにわびしくまわっていました。そして、しばらくそこに良吉りょうきちはいますと、やがてがうすぐらくなります。するとかれ名残惜なごりおしそうにかえってゆくのでありました。