海へ(うみへ)

 このむらでのわんぱくものといえば、だれらぬものがなかったほど、龍雄たつおはわんぱくものでした。おやのいうこともきかなければ、また他人たにんのいうこともききませんでした。
 よくともだちをかしました。するとかされた子供こどもおやは、
「またあの龍雄たつおめにいじめられてきたか。」
といって、なかにはおこっておやがわざわざ龍雄たつおうちげにやってくるものもありました。こんなわけで龍雄たつお両親りょうしんは、わがにほとほとこまったのであります。学校がっこうにいるうちは、成績せいせきはいいほうでありましたけれど、やはりともだちをいじめたり、先生せんせいのいうことをきかなかったりして先生せんせいこまらしました。しかし小学校しょうがっこう卒業そつぎょうすると、うちがどちらかといえばまずしかったので、それ以上いじょう学校がっこうへやることができなかったのであります。龍雄たつおは、毎日まいにちぼうってむらうちをぶらぶらあるいていました。
 かれ乱暴らんぼうなかわりに、またあるときは、やさしく、なみだもろかったのであります。だから、この性質せいしつをよくっているとしをとった人々ひとびとには、またかわいがるひともあったのであります。
 おやは、もう十四になったのだから、いつまでもこうしておくわけにはゆかぬとかんがえていました。ちょうどそのやさきへ、あるしんせつな老人ろうじんがありまして、そのおじいさんはふだん龍雄たつおをかわいがっていましたが、
わたしったまち糸屋いとやで、小僧こぞうしいということだから、龍雄たつおをやったらどうだ、先方せんぽうはみなしんせつなひとたちばかりだ。なんならわたしからたのんであげよう。」
と、おじいさんはいいました。これをいた龍雄たつおおやたちはたいそうよろこびました。そして、さっそく龍雄たつおをそのうちへやることにめました。
 いよいようちからて、他人たにんなかはいるのだとおもうと、いくらわんぱくものでもかわいそうになって、もう二、三にちしかうちにいないというので、両親りょうしんはいろいろごちそうをして龍雄たつおべさせたりしました。あるのこと、龍雄たつお母親ははおやとおじいさんの二人ふたりれられて、まちへいってしまいました。
 龍雄たつおむらにいなくなったときくと、ごろかれからいじめられていた子供こどもらは、みなよろこ安心あんしんしました。もうこわいものがないとおもったからです。
 かれ母親ははおやや、また父親ちちおやは、
「いまごろはどうしているだろう。」
と、龍雄たつおのことをおもらしました。すると、いってから二、三にちたったある晩方ばんがた突然とつぜん戸口とぐち龍雄たつお姿すがたあらわれたから、両親りょうしんはびっくりして、そのそばにけよりました。
「どうしてかえってきたか?」
と、母親ははおやいました。
 母親ははおやは、なにかわるいことでもしてされてきたのではないかとおもったので、こういうあいだむねがとどろきました。
だまってかえってきた。糸屋いとやなんかいやだ。もうどうしてもゆかない。」
と、龍雄たつおはいってききませんでした。
「そんなことをいうもんでない。しんぼうしなくては人間にんげんになれない。あやまってかえらなければならない。」
と、父親ちちおやも、母親ははおやもいいましたけれども、どうしても龍雄たつおはいうことをききませんでした。
 母親ははおやらせによって、しんせつなおじいさんがさっそくやってきました。
「いやなものはしかたがない。さあうちへおがり。先方せんぽうわたしからよくいっておく。またわたしがよいところをさがしてあげるから。」
と、おじいさんはいいました。
 むら子供こどもは、龍雄たつおうちかえってきたことをるとおどろきおそれました。また龍雄たつおそとると子供こどもかしてくるので、かれ母親ははおや心配しんぱいし、をもみました。