青い時計台(あおいとけいだい)


 さよ毎日まいにち晩方ばんがたになりますと、二かい欄干らんかんによりかかって、そと景色けしきをながめることがきでありました。のさめるような青葉あおばに、かぜたって、海色うみいろをしたそらほしひかりえてくると、とおまち燈火ともしびが、乳色ちちいろのもやのうちから、ちらちらとひらめいてきました。
 すると毎日まいにち、その時分じぶんになると、とおまちほうにあたって、なんともいえないよい音色ねいろこえてきました。さよは、その音色ねいろみみましました。
「なんの音色ねいろだろう。どこからこえてくるのだろう。」
と、ひとごとをして、いつまでもいていますと、そのうちにがまったくれてしまって、ひろ地上ちじょうよるいろつつまれて、だんだんほしひかりがさえてくる時分じぶんになると、いつともなしに、その音色ねいろはかすかになって、えてしまうのでありました。
 またくる晩方ばんがたになりますと、そのおとこえてきました。そのおとは、にぎやかなかんじのするうちに、かなしいところがありました。そして、そのほかのいろいろの音色ねいろから、ひとはなれていて、うたをうたっているようにおもわれました。で、ここまでこえてくるには、いろいろのところをあるき、またけたりしてきたのであります。まちほうには電車でんしゃおとがしたり、また汽車きしゃふえおとなどもしているのでありました。
 さよは、よい音色ねいろこるところへ、いってみたいとおもいました。けれども、まだとしもゆかないのに、そんなとおいところまで、しかも晩方ばんがたからかけていくのがおそろしくて、ついにゆくになれなかったのでありますが、あるのこと、あまりおそくならないうちに、いそいでいってみてこようと、ついにかけたのでありました。


 さよは、草原くさはらなかにつづいている小径こみちうえにたたずんでは、いくたびとなくみみかたむけました。西にしほうそらには、しずんだあとくもがほんのりとうすあかかった。さよは、電車でんしゃ往来おうらいしているにぎやかなまちにきましたときに、そのあたりのさわがしさのために、よい音色ねいろきもらしてしまいました。これではいけないとおもって、ふたたびしずかなところにみみましますと、またはっきりと、よいおとこえてきましたから、今度こんどは、そのおとのするほうへずんずんあるいていきました。いつしかはまったくれてしまって、そらにはつきました。
 さよは、かつて、きたことのないようなまちました。西洋せいようふうの建物たてものがならんでいて、とおりには、やなぎなどがわっていました。けれども、なんとなくしずかなまちでありました。
 さよはそのまちなかあるいてきますと、まえたか建物たてものがありました。それは時計台とけいだいで、とううえおおきな時計とけいがあって、その時計とけいのガラスにつきひかりがさして、その時計とけいさおえていました。したにはまどがあって、一つのガラスまどなかには、それはうつくしいものばかりがならべてありました。金銀きんぎん時計とけいや、指輪ゆびわや、あかあおむらさき、いろいろのいろ宝石ほうせきほしのようにかがやいていました。また一つのまどからは、うすい桃色ももいろ光線こうせんがもれて、みちちて敷石しきいしうえいろどっていました。よい音色ねいろは、このいえなかからこえてきたのであります。