不死の薬(ふしのくすり)


 あるなつよるでありました。三にん子供こどもらがむらうちにあったおおきなかしのしたあつまってはなしをしました。昼間ひるまあつさにひきかえて、よるすずしくありました。ことにこのしたかぜがあってすずしゅうございました。
 あか西にしやましずんでしまって、ほんのりとあかくもがいつまでもえずに、はやしあいだのこっていましたが、それすらまったくえてしまいました。よるそらふかぬまなかをのぞくように青黒あおぐろえました。そのうちに、だんだんほしひかりがたくさんになってえてきました。
「さあ、またなにかおとぎばなしをしようよ。」
おつがいいました。
今日きょうへいばんだよ。」
こうがいいました。
 この三にんおなむら小学校しょうがっこうへいっている、おなとしごろの少年しょうねんで、いたってなかがよく、いろいろのあそびをしましたが、このなつばんには、このかしのしたにきて、自分じぶんらがいたり、おぼえていたりしているいろいろのおとぎばなしをしあってあそびました。
 このとき、かしのが、さらさらといって、青黒あおぐろいガラスのようなそらりました。三にんはしばらくだまっていましたが、おつへいかって、
「さあきみ、なにかはなしてくれたまえ。」
といいました。
 三にんうちのもっとも年下とししたへいは、そらかんがえていました。このとき、とおきたほううみ汽笛きてきおとがかすかにこえたのでありました。三にんはまたそのおといてこころうちでいろいろの空想くうそうにふけりました。
「さあはなすよ。」
へいはいった。そのりこうそうなくろいかわいらしいほしひかりがさしてひらめきました。
「ああ、くよ、はやはなしたまえ。」
こうおつもいいました。
 へいは、つぎのようなはなしをしました。……
 むかし支那しなに、ある天子てんしさまがあって、すべてのくにをたいらげられて、りっぱな御殿ごてんてて、栄誉えいよ栄華えいがおくられました。天子てんしさまはなにひとつ自分じぶんおもうままにならぬものもなければ、またなにひとつ不足ふそくというものもないにつけて、どうかしてできることなら、いつまでもなずに、千ねん万年まんねんもこのきていたいとおもわれました。けれど、むかしから百ねんながくこのなかきていたものがありませんので、天子てんしさまはこのことを、ひじょうにかなしまれました。
 そこであるとき、巫女みこんで、どうしたら自分じぶん長生ながいきができるだろうかとわれたのであります。巫女みこ秘術ひじゅつをつくしててんかみさまにうかがいをたてました。そしていいましたのには、これからうみえてひがしにゆくとくにがある。そのくにきたほう金峰仙きんぷせんというたかやまがある。そのやまみねのところに、自然しぜんいわでできたさかずきがある。そのさかずきてんいてささげられてある。ほし夜々よるよるにそのやまみねとおるときに、一てきつゆとしてゆく。そのつゆが千ねん万年まんねんと、そのさかずきなかにたたえられている。このきよらかなみずむものは、けっしてなない。それはにもまれな、すなわち不死ふしくすりである。これをめしあがれば、けっしてということはないと、天子てんしさまにもうしあげたのでありました。


きみ! 金峰仙きんぷせんって、あのやまかい。」