つばめの話(つばめのはなし)


 なつはじめになると、みなみほうくにから、つばめがきたほうくにんできました。そして、電線でんせんや、屋根やねうえや、たかいところにまって、なきました。ひろ野原のはらなか汽車きしゃがゆくときに、つばめは、電線でんせんうえまって、じっとながめていたこともあります。また、あお海辺うみべつらなる電線でんせんまって、うみほうていたこともあります。けれど、またまち人家じんか店頭みせさきつくってれるころになると、みんないえなか天井てんじょうなかはいってやすみます。そして、けるとそとて、そら往来おうらいうえをひらひらとびまわってないているのでありました。
 太郎たろうは、ほかのうちには、つばめがつくって毎日まいにち店頭みせさきからたりはいったりするのをて、なぜ自分じぶんうちにもつくらないのかとおもいました。そして、このことをおかあさんにはなしますと、
「つばめが、つくれるように、場所ばしょつくってやらなければなりません。」
と、おかあさんはいわれました。
「どうか、つばめがつくられるように場所ばしょこしらえてください。」
といって、太郎たろうはおかあさんにたのみました。
 太郎たろうのおかあさんは、このことを太郎たろうのおとうさんにはなしました。おとうさんは、店頭みせさきはりはこのようにいたをつけました。こうしておけば、どこかいい場所ばしょがないかとさがしているつばめがつけて、きっとここにつくるにちがいないからであります。
 太郎たろうは、はやくつばめがここにくるようにとっていました。すると、あるのこと、つばめがはいってきてこの場所ばしょまりました。そのつぎには、二でここにやってきました。そして、そこにまってあたまをかしげてなにやらかんがえているようなようすでありましたが、そのから毎日まいにち、二のつばめは、どこからか、つちや、かみや、わらくずなどをくわえてはこんできて、せっせとつくりはじめました。そして、やがて完全かんぜんつくってしまいますと、雌鳥めすについてたまごみました。なつなかばころには、もはやつばめの子供こどもがなくようになりました。太郎たろうはかわいくてたまりませんでした。そのうちにあきがきて、あきなかばをぎますと、つばめはどこにか、みんなんでいってしまいました。


 そのくるとしも、またつぎのくるとしも、つばめはなつはじめになると、んできました。そして、なが月日つきひをそこにおくりました。やがてあきがきてしだいにさむくなる時分じぶんになると、どこへかんでゆきました。
 太郎たろうが、小学校しょうがっこうの四ねんせいになったとしなつはじめでありました。どこのうちにもつばめがかえってきました。どうしたことかひと太郎たろううちにはつばめがきませんでした。太郎たろうはどうしたのだろうと、毎日まいにち、つばめのかえってくるのをっていました。
「きっと、そのうちにかえってくるのでしょう。」
と、おかあさんがいわれたけれど、なかなかかえってきそうなようすがありませんでした。太郎たろうは、心配しんぱいでならなかったのです。かえみちわすれてしまったのではないか、それともわったことでもあったのではないかとおもわずらっていたのであります。すると、不思議ふしぎなことにも、ある太郎たろうゆめました。つばめがかえってきて、太郎たろうげたのであります。
 太郎たろうさん、去年きょねんあきのことでありました。わたしども親子おやこのものは、このくにもだんだんさむくなったから、みなみあたたかな、はないて、じゅくしているなつくにかえろうとおもいまして、あるちいさなしままでやってまいりました。そのしまには、おなみなみくにかえれがたくさんいました。