犬と人と花(いぬとひととはな)

 あるまちはずれのさびしいてらに、和尚おしょうさまと一ぴきのおおきな赤犬あかいぬとがんでいました。そのほかには、だれもいなかったのであります。
 和尚おしょうさまは、毎日まいにち御堂おどうにいっておきょうげられていました。ひるも、よるも、あたりはえたように寂然ひっそりとしてしずかでありました。いぬもだいぶとしをとっていました。おとなしい、けのあるいぬで、和尚おしょうさまのいうことはなんでもわかりました。ただ、ものがいえないばかりでありました。
 赤犬あかいぬは、毎日まいにち御堂おどうがりくちにおとなしくはらばいになって、和尚おしょうさまのあげるおきょう熱心ねっしんいていたのであります。和尚おしょうさまは、どんなでもおつとめをおこたられたことはありません。赤犬あかいぬも、おきょうのあげられる時分じぶんには、ちゃんときて、いつものごとくまぶたほそくして、おきょうこえいていました。
 おてら境内けいだいには、いくたびかはるがきたり、またりました。けれど、和尚おしょうさまといぬ生活せいかつにはわりがなかったのであります。
 和尚おしょうさまは、ある赤犬あかいぬかって、
「おまえもとしをとった。やがて極楽ごくらくへゆくであろうが、わたしはいつもほとけさまにかって、今度こんどには、おまえがとくのある人間にんげんわってくるようにとおねがもうしている。よくこころで、ほとけさまに、おまえもおねがもうしておれよ。おそらく、三十ねんのちには、おまえは、またこの娑婆しゃばてくるだろう。」といわれました。
 赤犬あかいぬは、和尚おしょうさまのはなしいて、さもよくわかるようにうなだれて、二つのからなみだをこぼしていました。
 数年すうねんのちに、和尚おしょうさまもいぬも、ついにこのってしまいました。
 三十ねんたち、五十ねんたち、七十ねんとたちました。このなかもだいぶわりました。
 あるむら一人ひとりのおじいさんがありました。したちいさな黒子ほくろがあって、まるまるとよくふとっていました。あるくときは、ちょうどぶたあるくようによちよちとあるきました。
 おじいさんは、かつておこったことがなく、いつもにこにことわらって、ふと煙管きせる煙草たばこっていました。そのうえ、おじいさんは、からだがふとっていてはたらけないせいもあるが、なまものでなんにもしなかったけれど、けっしてうにこまるようなことはありませんでした。
「おじいさん、今年ことしまめがよくできたからってきました。どうかべてください。」
「おじいさん、いもってきました。どうかべてください。」
「おじいさん、なにか不自由ふじゆうなものがあったら、どうかいってください。なんでもしてあげますから。」
 いろいろに、むら人々ひとびとは、おじいさんのところにいってきました。そうして、おじいさんがもらってくれるのをたいへんによろこびましたほど、おじいさんは、みんなからしたわれていました。
 むらわかものがけんかをすると、おじいさんはふと煙管きせるをくわえて、よちよちとかけてゆきました。みんなは、おじいさんのした黒子ほくろのある笑顔えがおると、どんなにはらがたっていてもきゅうやわらいでしまって、その笑顔えがおにつりこまれて自分じぶんまでわらうのでありました。
 また、むら人々ひとびとは、どんなにはたらいてつかれているときでも、おじいさんが、そこをとおりかかって、
「いいお天気てんきでございます。よくせいるのう。」と、こえをかけられると、人々ひとびときゅうれした気持きもちになって、また仕事しごとにとりかかったのであります。