ろうそくと貝がら(ろうそくとかいがら)


 うみちかくに一けんいえがありました。いえには母親ははおやむすめとがさびしくらしていました。けれど二人ふたりはたらいて、どうにかそのらしてゆくことができました。
 父親ちちおやは二年前ねんまえに、うみりょうかけたきりかえってきませんでした。その当座とうざ、たいへんにうみれて、難船なんせんおおかったといいますから、きっと父親ちちおやも、そのなかはいっているのだろうとかなしみなげきました。
 けれど、また、とおいところへかぜのためにきつけられて、父親ちちおやはまだのこっていて、いつかかえってくるのではないかというようなもしまして、二人ふたりは、おりおりうみほうをながめて、あてなきおもいにふけっていました。
「おっかさん、おとっさんはんでしまわれたんでしょうか。」と、むすめなみだをためて、母親ははおやいますと、
「いまだにたよりがないところをみると、きっとそうかもしれない。」と、母親ははおやも、さびしそうなかおつきをしてこたえました。
「ほんとうに、おとっさんがきていてかえってきてくだされたら、どんなにうれしいかしれない。」と、むすめはいいました。
きていなされば、きっとかえってきなさるから、そう心配しんぱいせずにっていたほうがいい。」と、母親ははおやむすめをなぐさめました。
 むすめ昼間ひるま仕事しごとて、れかかるといえかえってきました。まどけると、かなたにあおうみえました。しずかに、うみのかなたが、あか夕焼ゆうやけがしてれてゆくときもあります。また、灰色はいいろくもったままれてゆくときもあります。またあるときは、かぜいて、うみうえがあわだってえるときもありました。
 つきのいいばんには、往来おうらいするふねも、なんとなく安全あんぜんおもわれますが、うみいかって、くらな、波音なみおとのすさまじいときには、どんなに航海こうかいをするふね難儀なんぎをしたかしれません。
 そんなとき、むすめはきっと父親ちちおやのことをおもすのでありました。もし父親ちちおやが、こんなあらしつよばんに、うみをこいでこえってこられたなら、方角ほうがくもわからないので、どんなにか難儀なんぎをなされるだろうと、こうかんがえると、むすめはもはや、じっとしていることができませんでした。がって、まどからいっしんにおきほうつめていました。


 父親ちちおや行方ゆくえがわからなくなってから、二人ふたりは、毎晩まいばん仏壇ぶつだん燈火ともしびをあげておがみました。
「おっかさん、そとはたいへんなかぜですね。おとっさんが、今夜こんやあたりかえっておいでなさるなら、おきれてくらでどんなにおこまりでしょうね。」と、むすめはいいました。
「そんなことはないよ。こんなばんにどうしておとっさんが、あのふねかえっておいでなさるものか。そんなことをかんがえないほうがいいよ。」と、母親ははおやこたえました。
「だって、かえっておいでなさるかもしれないわ。わたしは、おとっさんが見当けんとうのつくように、ろうそくのともしてあげるわ。」と、むすめはいって、まどぎわに幾本いくほんとなく、ろうそくにをつけてならべました。
 なにしろかぜつよいので、ろうそくのいくたびとなくされました。けれど、むすめえると、け、えるとけして、おきから、とおりく燈火ともしびえるようにと、熱心ねっしんにろうそくのとぼしていたのであります。
 むすめは、ついにうちにありったけのろうそくをやしつくしてしまいました。もはや、このうえは、とおはなれたまちにまでいってってこなければ、けるろうそくはなかったのであります。