港に着いた黒んぼ(みなとについたくろんぼ)

 やっと、とおばかりになったかとおもわれるほどの、おとこふえいています。そのふえは、ちょうど秋風あきかぜが、れたらすように、あわれなおとをたてるかとおもうと、はるのうららかなに、みどりいろうつくしい、もりなかでなく小鳥ことりこえのように、かわいらしいおとをたてていました。
 そのふえいた人々ひとびとは、だれがこんなに上手じょうずに、またあわれにふえいているのかとおもって、そのまわりにってきました。するとそれは、とおばかりのおとこで、しかもその子供こどもは、弱々よわよわしくえたうえに、盲目めくらであったのであります。
 人々ひとびとは、これをて、ふたたびあっけにとられていました。
「なんという、不憫ふびん子供こどもだろう?」と、こころおもわぬものはなかった。
 しかし、そこには、ただその子供こどもが、一人ひとりいたのではありません。その子供こどもねえさんともえる十六、七のうつくしいむすめが、子供こどもふえにつれて、うたをうたって、おどっていたのでありました。
 むすめは、水色みずいろ着物きものをきていました。かみは、ながく、ほしのようにかがやいてんでいました。そして、はだしですなうえに、かるやかにおどっている姿すがたは、ちょうど、花弁はなびらかぜうようであり、また、こちょうのんでいる姿すがたのようでありました。むすめは、人恥ひとはずかしそうにひくこえでうたっていました。そのうたは、なんといううたであるか、あまりこえひくいのできとることは、みんなにできなかったけれど、ただ、そのうたをきいていると、こころとおい、かなたのそらせ、また、さびしいかぜく、ふか森林しんりん彷徨さまよっているようにたよりなさと、かなしさをかんじたのであります。
 人々ひとびとは、このあねおとうとが、毎日まいにちどこから、ここにやってきて、こうしてうたをうたい、ふえいておかねをもらっているのかりませんでした。それは、どこにもこんなあわれな、うつくしい、またやさしい、乞食こじきたことがなかったからであります。
 この二人ふたりは、まったくおやもなければ、たよるものもなかった。このひろ世界せかいに、二人ふたり両親りょうしんのこされて、こうしていろいろとつらいめをみなければならなかったが、なかにも弱々よわよわしい、盲目めくらおとうとは、ただあねいのちとも、つなとも、たよらなければならなかったのです。やさしいあねは、不幸ふこうおとうとこころからあわれみました。自分じぶんいのちえても、おとうとのためにくそうとおもいました。この二人ふたりは、このにもめずらしいなかのよい姉弟きょうだいでありました。
 おとうとは、まれつきふえ上手じょうずで、あねは、まれつきこえのいいところから、二人ふたりは、ついにこのみなとちかい、広場ひろばにきて、いつごろからともなくふえき、うたをうたって、そこにあつまる人々ひとびとにこれをかせることになったのです。
 朝日あさひのぼると二人ふたりは、天気てんきには、かさずに、ここへやってきました。あねは、盲目めくらおとうといてきました。そして、終日しゅうじつ、そこでふえき、うたをうたって、れるころになると、どこへか、二人ふたりかえってゆきました。
 かがやいて、あたたかなかぜが、やわらかなくさうえわたるときは、ふえうたこえは、もつれあって、あかるいみなみうみほうながれてゆきました。