小さな赤い花(ちいさなあかいはな)

 おそろしいがけのなかほどのいわかげに、とこなつのはながぱっちりと、かわいらしいひとみのようにきはじめました。
 はなは、はじめてあたりをおどろいたのであります。なぜなら、まえには、大海原おおうなばらひらけていて、すぐはるかしたには、なみが、せて、しろくだけていたからであります。
「なんというおそろしいところだ。どうしてこんなところにまれてきたろう。」と、ちいさなあかはなは、自分じぶん運命うんめいをのろいました。それはちょうど、さむゆきくにまれたものが、あたたかな、いつもはるのような気候きこうくにまれなかったことをい、貧乏びんぼういえまれたものが、金持かねもちのいえまれてなかったことをのろうようなものであります。
 けれど、それはしかたがないことでありました。とこなつのはなは、そこにたなければならぬのでした。はなは、ものこそたがいにいいわしはしなかったが、自分じぶん周囲まわりにも、ほかのたかや、ひくや、またいろいろなくさが、やはり自分じぶんたちの運命うんめいあまんじてだまっているのをますと、いつしか、自分じぶんもあきらめなければならぬことをったのであります。
 天気てんきのいいには、うみうえかがみのようにひかりました。そして、そこは、がけのみなみめんしていまして、がよくたりましたから、はな物憂ものういのどかなおくることができましたが、なにしろ、がけのなかほどで、ことにほかにはうつくしいはないていませんでしたから、みつばちもやってこず、ちょうもたずねてきてくれませんので、さびしくてならなかったのであります。
 はなは、うみほうからいてくるかぜに、そのうすい花弁はなびらふるわせながら、自分じぶん不幸ふこうかなしんでいました。
 あるのことであります。一ぴきのはねうつくしいこちょうが、ひらひらと、どうしたことかそのへんんできました。そして、そこに、あかいとこなつのはないているのをつけると、さっそく、はなうえんできました。
「まあ、めずらしく、かわいらしいはなが、こんなところにいていること。」と、ちょうはいいました。
 これをきつけた、とこなつのはなは、ちょうを見上みあげて、
「よくきてくださいました。わたしは、毎日まいにちここでさびしいおくっていました。そしてれ、あなたや、みつばちのおたずねくださるのを、どんなにかっていましたでありましょう。けれど、今日きょうまで、だれも、たずねてはくれませんでした。ほんとうに、ようこそきてくださいました。」と、はなはちょうにはなしかけました。
 すると、ちょうは、ちいさなあたまをかしげながら、
「じつは、わたしは、こんなところに、あなたのようなうつくしいはないているとはらなかったのです。今日きょうみちまよって、偶然ぐうぜんここにきまして、あなたをったようなわけです。それにしても、なんと、あなたは、やさしく、うつくしい姿すがたでしょう。」と、こちょうはいいました。
「あなたが、みちをおまよいなされたことは、わたしにとってこのうえないしあわせでした。わたしは、まだなかのことをりません。どうか、わたしたち仲間なかまが、どんな生活せいかつをしているか、わたしかせてください。」と、はなは、ちょうにたのんだのであります。
 可憐かれんなとこなつのはなは、ほかのはなたちの生活せいかつりたかったのです。そして、自分じぶん運命うんめい比較ひかくしてみたいとおもったのです。
 はなにこういってかれたので、ちょうはこたえました。
「そういわれれば、わたしは正直しょうじきこたえますが、あなたは、ほんとうにしあわせなかたです。あなたがたの仲間なかまは、広々ひろびろとした野原のはらに、自由じゆうにはびこって、いまごろは、あかあおむらさきしろというふうに、いろいろなはなほこって、あさからばんまで、ちょうや、はちがそのうえびまわって、それはどんなににぎやかなことでありましょう。」といいました。