空色の着物をきた子供(そらいろのきものをきたこども)

 なつ昼過ひるすぎでありました。三郎さぶろうともだちといっしょに往来おうらいうえあそんでいました。するとそこへ、どこからやってきたものか、一人ひとりのじいさんのあめりが、天秤棒てんびんぼう両端りょうたんに二つのはこげてチャルメラをいてとおりかかりました。いままであそびにをとられていた子供こどもらは、まるくしてそのじいさんの周囲しゅういあつまって、片方かたほうはこうえてたいろいろの小旗こばたや、不思議ふしぎ人形にんぎょうなどに見入みいったのです。
 なぜなら、それらは不思議ふしぎ人形にんぎょうであって、いままでみなみながたことがないものばかりでした。人形にんぎょうあたらしいものとはおもわれないほどにふるびていましたけれど、ひたいぎわをられてながれたのや、またあおかおをして、くちからあかほのおいているおんなや、また、かおが六つもあるような人間にんげん気味悪きみわるいもののほかに、とりやさるや、ねこなどのかおつくったものがいくつもならんでいたからです。片方かたほうなかには、あめがはいっているとおもわれました。みんなは、これまでむらへたびたびやってきたあめりのじいさんをっています。しかし、そのじいさんはどうしたか、このごろこなくなりました。そのじいさんのかおはよくおぼえています。けれど、だれも今日きょうこのむらにやってきたこのじいさんをっているものはなかったのです。
 じいさんはチャルメラをらしながら、ずんずんと往来おうらいをあちらにあるいてゆきました。やがてむら出尽でつくすと野原のはらになって、つぎのむらへゆくみちがついていました。
「なんだろうね、あの人形にんぎょうは? くちからていたよ。ぼくはあんなすごい人形にんぎょうたことがないよ。」と、三郎さぶろうがいいました。
ぼくだってたことがないよ。あのあめりのじいさんは、はじめてたのだよ。」と、とも一人ひとりがいいました。
「もっとそばへいってよくようか?」と、またほかの一人ひとりが、こわいものたさにいったのであります。
「ああ、いってみよう。」といって、三郎さぶろうとその二人ふたりがじいさんのあといかけてゆきました。こわがってゆかずに往来おうらいまっていたものもあります。三にんは、やがて野原のはらなかをゆくじいさんにいつきました。じいさんはあかいろぬぐいでほおかむりをしていました。じいさんはらぬかおをしてさっさとあるいています。そのあとから三にんは、ひそひそとはなしながら、じいさんのまえになっているはこうえをのぞいていますと、突然とつぜん
「このじいさんはひとさらいだよ。」と、三にん後方うしろから小声こごえにいったものがありました。三にんはびっくりしてうしろのほうくと、空色そらいろ着物きものをきた子供こどもが、どこからかついてきました。みなはその子供こどもをまったくらなかったのです。
「このじいさんは、ひとさらいかもしれない。」と、その子供こどもおなじことをいいました。これをくと三にんあたまからみずをかけられたように凄然ぞっとしてしました。
 三郎さぶろう野原のはらなかしました。ほかの二人ふたりももときたみちをもどりました。すると、だれやら、三郎さぶろうあとっかけてきました。三郎さぶろう自分じぶんひとみちのない、こんなさびしい野原のはらなかげたのを後悔こうかいしながら、なおいっしょうけんめいになってげますと、
きみ、もうだいじょうぶだよ。」と、後方うしろからこえをかけました。三郎さぶろうは二びっくりしてかえってみますと、先刻さっき空色そらいろ着物きものをきた子供こどもが、自分じぶんうしろについてきたのであります。