笑わない娘(わらわないむすめ)

 あるところに、なに不足ふそくなくそだてられた少女しょうじょがありました。ただ一人ひとりぎりで、両親りょうしんにはほかに子供こどももありませんでしたから、むすめまれると大事だいじそだてられたのであります。
 世間せけんにもられるほどの金持かねもちでありましたから、むすめはりっぱないえみ、ものからものまで、ほかの子供こどもらには、とうていそのまねのできないほど、しあわせにおくることができたのであります。
 むすめおおきくなると、それはうつくしゅうございました。はぱっちりとして、かみくろながく、いろしろくて、この近隣きんりんに、これほどうつくしいむすめはないといわれるほどでありましたから、両親りょうしんよろこびは、たとえようがなかったのであります。
 けれど、ここに一つ両親りょうしんこころいためることがありました。それは、こんなにうつくしいむすめが、いつもだまって、しずんでいて、うれしそうなかおをしてわらったことがなかった。
「なぜ、あのわらわないだろう。」
「まんざらものをいわないこともないから、おしではないが、いったいどうしただろう。」
 両親りょうしんは、かお見合みあわせて、うすうすうえについて心配しんぱいしました。
 なにしろ、かねはいくらもありますから、かねでどうにかなることなら、なんでもってやって、むすめ快活かいかつにものをいい、たのしむさまをばたいものだとおもいました。
 そこで、まちひとをやって、流行りゅうこううつくしい、のさめるようなはなやかな着物きものや、また、かざりのついた人形にんぎょうなど、なんでもむすめりそうなものを、くるまにたくさんんでってきて、むすめまえにひろげてみせました。
 むすめは、ただ一目ひとめそれをたぎりで、べつにほしいともうれしいともいわず、また、わらいもしませんでした。両親りょうしんは、むすめこころさとることができなかった。
「なにか、こころからむすめよろこばせるようなうつくしいものはないものか。いくらたかくてもかねをばしまない。」と、両親りょうしんは、ひとはなしました。
 そのことが、ちょうどたびからんでいた、宝石屋ほうせきやみみに、はいりました。すると宝石屋ほうせきやは、ひざをってよろこんで、これは、ひともうけできるとこころおもいながら、その金持かねもちのいえへやってきました。
「どんなに、しずんだおじょうさんでも、わたしってきた、宝石ほうせきをごらんになれば、こおどりしておよろこびなさるにちがいありません。それほどうつくしい、珍奇ちんきなものばかりです。」と、はこまえいていいました。
 両親りょうしんは、むすめさえよろこんで、わらかおせてくれれば、いくらでもかねすといって、さっそくむすめをそこへびました。
 しとやかに、むすめは、そこにはいってきました。そして、両親りょうしんのそばにすわりました。
「おじょうさん、これをごらんください。」といって、宝石屋ほうせきやは、はこのふたをひらきました。すると、一に、あかあおみどりむらさき、さまざまのいしからはなったひかりが、みんなのりました。
 両親りょうしんはじめ、平常ふだんそれらのいしあつかいつけているおとこまでが、のくらみそうなおもいがしましたのに、むすめかおは、びくともせずに、かえって、さげすむようなつきをして、ややかに見下みおろしていたのであります。
「おじょうさん、こんなうつくしいいしをごらんになったことがありまして?」と、宝石屋ほうせきやは、おどろきのをみはっていいました。