金銀小判(きんぎんこばん)

 ひともの幸作こうさくは、うちなかはな相手あいてもなくそのらしていました。北国きたぐには十二がつにもなると、しろゆきもります。そのうちに、としれがきまして、そこ、ここの家々いえいえではもちをつきはじめました。
 となり地主じぬしでありまして、たくさんもちをつきました。幸作こうさくは、そのにぎやかなわらごえきますと、どうかして自分じぶん金持かねもちになりたいものだと空想くうそうしたのであります。
 やがて、わずかがたつとお正月しょうがつになりました。けれどひともの幸作こうさくのところへは、あまりたずねてくるきゃくもなかったのです。結局けっきょくそのほうが気楽きらくなものですから、幸作こうさくは、こたつにはいってていました。
 そとにはゆきがちらちらとって、さむかぜいて、コトコトとまどや、やぶれた壁板かべいたなどをらしていました。元日がんじつも、こうして無事ぶじれてしまったよるのことであります。
両替りょうがえ両替りょうがえ小判こばん両替りょうがえ。」と、んである子供こどもこえこえたのであります。
 毎年まいねんこのは、お宝船たからぶねや、餅玉もちだまむすびつける小判こばんをこうしてってあるくのでありました。
 けれど、このばんゆきっていましたから、いかにもそのなかをこうしてんであるいている子供こどもこえあわれにこえたのであります。
両替りょうがえ両替りょうがえ小判こばん両替りょうがえ。」というこえは、かぜのまにまにとおくになったり、ちかくになったりしてこえてきたのであります。
 こうして、子供こどもんであるきましたけれど、だれもってくれるようなひとがないとみえて、そのこえはとぎれなくつづいていました。どんなにそとさむかろうか? こたつにあたってていました幸作こうさくおもいました。そして、子供こどもはもう我慢がまんがしきれなくなったとみえて、今度こんどは、一けんけんごとにはいって、
小判こばんってください。」と、たのんでいるようでありました。
 おそらく、うちなかには、人々ひとびとさけんだり、かるたをとったり、また、いろいろなおもしろいはなしをしてわらっているのだとおもわれました。しかし、だれもこの貧乏びんぼう子供こども同情どうじょうをしてくれるものがないとみえました。その子供こども地主じぬしうちでもことわられたとみえます。
 子供こどもは、しそうなこえをしながら、
両替りょうがえ両替りょうがえ小判こばん両替りょうがえ。」といいながら、こっちにあるいてきました。やがて、幸作こうさくうち戸口とぐちで、げたについたゆきをはらうちいさな足音あしおとがしました。
今晩こんばんは、どうか小判こばんってください。」と、子供こどもは、そとでいいました。
 幸作こうさくはかわいそうにおもって、こたつからのそばにいきました。そして、ほそめにひらきますと、そとるようなさむかぜいてゆきっています。まだ八つか九つになったばかりの子供こどもが、しろからだをして、すすけたうすくらいちょうちんをさげていました。
「おおかわいそうに。」とおもって、幸作こうさくは、小判こばん一包ひとつつみをってやりました。
 子供こどもは、いくたびもおれいをいってていきました。幸作こうさくは、せんべいでつくった小判こばんをねずみにわれてはつまらないとおもって、それをだなのなかにしまって、またこたつにはいって、いつしかグーグーと寝入ねいってしまいました。