紅すずめ(べにすずめ)

 あるのこと、こまどりがえだまって、いいこえいていました。すると、一のすずめが、その音色ねいろしたってどこからかんできました。
「いったい、こんなような、いいごえをするのが、おれたちの仲間なかまにあるのだろうか。」と、すずめは不思議ふしぎおもったのです。
 すずめは、すぐ、こまどりがとまっていているそばのえだりてとまりました。そして、いているとりをつくづくると、姿すがたといい、おおきさといい、また、その毛色けいろといい、あんまり自分じぶんたちとはちがっていなかったのです。
 すずめは、かんがえてみると不平ふへいでたまりませんでした。なぜ、自分じぶんたちにもまれてから、こんないいごえせないのだろう。おなじようにつばさがあり、またくちばしがあり、二ほんあしがあるのに、どうして、こうごえだけがちがうのだろう。もし、自分じぶんたちも、こんないいこえせたなら、きっと、人間にんげんにもかわいがられるにちがいないとおもいました。
 すずめは、こころうちに、こんな不平ふへいがありましたけれど、しばらくだまって、こまどりの熱心ねっしんうたっているのにみみかたむけていていました。すると、またこのとき、このこまどりのごえきとれたものか、どこからか一のからすがんできて、やはりそのちかくのえだまりました。
 からすが、つよ羽音はおとをたてて、んできたのをると、こまどりは、さもびっくりしたようですが、やはりらぬかおをしてうたいつづけていました。
 すずめは、こうして自分じぶんたちとあまりようすのちがわないこまどりが、みんなからうらやまれるのをて、ますます不平ふへいでたまりませんでした。ついに、すずめは、こまどりにかってたずねたのです。
「こまどりさん。どうしてあなたは、そんないいこえをもっておいでなのですか、その理由りゆうわたしかしてください。わたしおなとりですから、そして、あなたとは格別かくべつちがっていないようにおもっていますが、だれがあなたに、そんないい音色ねいろすことをおしえたのですか、わたしにきかせてください。わたしも、ぜひ、いっておそわってきますから。」といいました。
 このとき、こまどりは、はじめてうたうのをやめました。そして、すずめのほういて、
「すずめさん、おうたがいは無理むりもありません。しかしこれには子細しさいのあることです。あなたはあの日輪にちりんが、ふか谷間たにましずんでいたときのことをおりですか。わたしたちの先祖せんぞは、ちょうどここにいなさるからすさんのご先祖せんぞといっしょに、日輪にちりんたにから、つなしばってそらげるときに、ほねをおったのです。わたしたちの先祖せんぞは、みんなをはげますために、ふえいたり、しょうらしたり、またうたをうたったりしたのでした。それで、孫子まごごだいまでも、こんないいごえされるようになったのです。あなたたちの先祖せんぞは、そのとき、やはりはたけや、野原のはらびまわっていて、べつに手助てだすけをしなかったから、のちのちまでも平凡へいぼんらしていなさるのです。」と、こまどりはいいました。
 これを、だまっていていたすずめは、あたまをかしげて、
「それはほんとうのことですか? まことにずかしいことです。もしそうでありましたら、わたしはこれから日輪にちりんのいられるところまでいって、おわびをします。そうすれば、きっと日輪にちりんわたしたちの先祖せんぞ怠慢たいまんをおゆるしくださるでしょう。そして、わたしは、うつくしいつばさと、また、あなたのようないいなきごえとをさずかってきます。」と、その正直しょうじきわかいすずめはいいました。こまどりは、じっとひとところをつめてかんがえていましたが、