幾年もたった後(いくねんもたったのち)

 あるかがやかしいのことです。父親ちちおやは、子供こどもきながらみちあるいていました。
 まだ昨日きのうったあめみずが、ところどころのくぼみにたまっていました。そのみずおもてにも、ひかりうつくしくらしてかがやいていました。
 子供こどもは、そのみずたまりをのぞきむように、そのまえにくるとあゆみをめてたたずみました。
ぼうや、そこはみずたまりだよ。はいるとあしよごれるから、こっちをあるくのだよ。」と、父親ちちおやはいいました。
 子供こどもは、そんなことはみみにはいらないように、わらって足先あしさきで、みずおもてもうとしていました。
あしよごれるよ。」と、父親ちちおや無理むりに、やわらかなしろ子供こどもうでりました。すると、子供こどもは、やっと父親ちちおやのあとについてきましたが、また、二足三足ふたあしみあしあるくと、またまって、こんどはあたまうえがったえだをながめてわらっていました。
 そのは、なんのらなかったけれど、緑色みどりいろがしげっていました。そして、その緑色みどりいろの一つ一つは、青玉あおだまのようにうつくしくかがやいていました。
 父親ちちおや子供こどもがうれしそうに、うごくのをながめてわらっているようすをるにつけ、またみずたまりをおもしろそうにのぞきんだようすをおもすにつけ、このなかが、どんなに子供こどもにはうつくしくえるのだろうかとかんがえずにはいられませんでした。
 父親ちちおやは、子供こどもいて、ゆるゆるとみちうえあるいていきました。そして、父親ちちおやは、自分じぶんも、こんなように子供こども時分じぶんがあったのだということを、ふとこころうちおもしたのであります。
「やはり自分じぶんもこんなように、あるいたのであろう。やはり自分じぶんにも、こんなように、うつったものはなんでもうつくしくえたことがあったのであろう。」と、父親ちちおやおもったのでありました。
 しかし、もう、いまとなっては、そんなむかしのことをすっかりわすれてしまいました。これは、ひとり、この父親ちちおやばかりにかぎったことではないでありましょう。みんな人間にんげんというものは一経験けいけんしたこともとしをたつにつれて、だんだんとわすれてしまうものです。そして、もう一度いちどそれをりたいとおもってもおもすことができないのであります。
「ああ、どんな気持きもちだろうか? もう一自分じぶんもあんな子供こども時分じぶんになってみたい。」と、父親ちちおやはしみじみとおもいました。
 この父親ちちおやは、やさしい、いいひとでありました。無邪気むじゃきな、なかのいろいろなことはなにもらない、ただ、なにもかもがうつくしく、そして、みんなわらっているようにしかえない子供こども心持こころもちを、ほんとうにあわれにかんじていました。それでありますから、できるだけ、子供こどもにやさしく、そして、しんせつにしてやろうとおもいました。
 子供こどもは、二足ふたあし三足みあしあるくとあしもとの小石こいしひろって、それをめずらしそうに、ながめていました。とりさがしているとまって、
「とっと、とっと。」といって、ぼんやりとながめていました。
 また小犬こいぬあそんでいると、子供こどもまって、じっとそれをば見守みまもりました。
「わんわんや、わんわんや。」と、かわいらしい、ほんとうにこころからやさしいこえして、ちいさなしてまねくのでした。