月夜と眼鏡(つきよとめがね)

 まちも、も、いたるところ、みどりつつまれているころでありました。
 おだやかな、つきのいいばんのことであります。しずかなまちのはずれにおばあさんはんでいましたが、おばあさんは、ただ一人ひとりまどしたにすわって、針仕事はりしごとをしていました。
 ランプのが、あたりを平和へいわらしていました。おばあさんは、もういいとしでありましたから、がかすんで、はりのめどによくいととおらないので、ランプのに、いくたびも、すかしてながめたり、また、しわのよったゆびさきで、ほそいとをよったりしていました。
 つきひかりは、うすあおく、この世界せかいらしていました。なまあたたかなみずなかに、木立こだちも、いえも、おかも、みんなひたされたようであります。おばあさんは、こうして仕事しごとをしながら、自分じぶんわか時分じぶんのことや、また、遠方えんぽう親戚しんせきのことや、はなれてらしている孫娘まごむすめのことなどを、空想くうそうしていたのであります。
 ざまし時計どけいおとが、カタ、コト、カタ、コトとたなのうえきざんでいるおとがするばかりで、あたりはしんとしずまっていました。ときどきまち人通ひとどおりのたくさんな、にぎやかなちまたほうから、なにか物売ものうりのこえや、また、汽車きしゃのゆくおとのような、かすかなとどろきがこえてくるばかりであります。
 おばあさんは、いま自分じぶんはどこにどうしているのすら、おもせないように、ぼんやりとして、ゆめるようなおだやかな気持きもちですわっていました。
 このとき、そとをコト、コトたたくおとがしました。おばあさんは、だいぶとおくなったみみを、そのおとのするほうにかたむけました。いま時分じぶん、だれもたずねてくるはずがないからです。きっとこれは、かぜおとだろうとおもいました。かぜは、こうして、あてもなく野原のはらや、まちとおるのであります。
 すると、今度こんど、すぐまどしたに、ちいさな足音あしおとがしました。おばあさんは、いつもにず、それをききつけました。
「おばあさん、おばあさん。」と、だれかぶのであります。
 おばあさんは、最初さいしょは、自分じぶんみみのせいでないかとおもいました。そして、うごかすのをやめていました。
「おばあさん、まどけてください。」と、また、だれかいいました。
 おばあさんは、だれが、そういうのだろうとおもって、って、まどけました。そとは、青白あおじろつきひかりが、あたりを昼間ひるまのように、あかるくらしているのであります。
 まどしたには、のあまりたかくないおとこって、うえいていました。おとこは、くろ眼鏡めがねをかけて、ひげがありました。
わたしは、おまえさんをらないが、だれですか?」と、おばあさんはいいました。
 おばあさんは、見知みしらないおとこかおて、このひとはどこかいえをまちがえてたずねてきたのではないかとおもいました。
わたしは、眼鏡売めがねうりです。いろいろな眼鏡めがねをたくさんっています。このまちへは、はじめてですが、じつに気持きもちのいいきれいなまちです。今夜こんやつきがいいから、こうしてってあるくのです。」と、そのおとこはいいました。
 おばあさんは、がかすんでよくはりのめどに、いととおらないでこまっていたやさきでありましたから、
わたしうような、よくえる眼鏡めがねはありますかい。」と、おばあさんはたずねました。
 おとこにぶらさげていたはこのふたをひらきました。そして、そのなかから、おばあさんにくような眼鏡めがねをよっていましたが、やがて、一つのべっこうぶちのおおきな眼鏡めがねして、これをまどからかおしたおばあさんのわたしました。