みだれ髪(みだれがみ)

[#ページの左右中央]


この書の体裁は悉く藤島武二先生の意匠に成れり表紙画みだれ髪の輪郭は恋愛の矢のハートを射たるにて矢の根より吹き出でたる花は詩を意味せるなり


[#改ページ]



夜のちやうにささめき尽きし星の今を下界げかいの人の鬢のほつれよ

歌にきけな誰れ野の花に紅きいなむおもむきあるかなはるつみもつ子

かみ五尺ときなば水にやはらかき少女をとめごころは秘めて放たじ

血ぞもゆるかさむひと夜の夢のやど春を行く人神おとしめな

椿それも梅もさなりき白かりきわが罪問はぬいろもゝに見る

その子二十はたち櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな

堂の鐘のひくきゆふべを前髪の桃のつぼみにきやうたまへ君

紫にもみうらにほふみだればこをかくしわづらふ宵の春の神

臙脂色えんじいろ[#ルビの「えんじいろ」は初出では「ゑんじいろ」]は誰にかたらむ血のゆらぎ春のおもひのさかりのいのち

紫の濃き虹説きしさかづきにうつる春の子眉毛まゆげかぼそき

紺青こんじやうを絹にわが泣く春の暮やまぶきがさねとも歌ねびぬ

まゐる酒にあかき宵を歌たまへをんなはらから牡丹に名なき

海棠にえうなくときしべにすてて夕雨ゆふさめみやるひとみよたゆき

水にねし嵯峨の大堰おほゐのひとがみ絽蚊帳ろがやの裾の歌ひめたまへ

春の国恋の御国のあさぼらけしるきは髪か梅花ばいくわのあぶら

今はゆかむさらばと云ひし夜の神の御裾みすそさはりてわが髪ぬれぬ

細きわがうなじにあまる御手みてのべてささへたまへな帰る夜の神

清水きよみづ祇園ぎをんをよぎる桜月夜さくらづきよこよひ逢ふ人みなうつくしき

秋の神の御衣みけしより曳く白き虹ものおもふ子の額に消えぬ

きやうはにがし春のゆふべを奥の院の二十五菩薩歌うけたまへ

山ごもりかくてあれなのみをしへよべにつくるころ桃の花さかむ

とき髪にむろむつまじの百合のかをり消えをあやぶむ淡紅色ときいろ

雲ぞ青き来し夏姫なつひめが朝の髪うつくしいかな水に流るる

夜の神の朝のり帰る羊とらへちさき枕のしたにかくさむ

みぎはくる牛かひ男歌あれな秋のみづうみあまりさびしき

やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

許したまへあらずばこその今のわが身うすむらさきの酒うつくしき

わすれがたきとのみに趣味しゆみをみとめませ説かじ紫その秋の花

人かへさず暮れむの春の宵ごこち小琴をごとにもたす乱れ乱れ髪

たまくらにびんのひとすぢきれし小琴をごとと聞きし春の夜の夢

春雨にぬれて君こし草のかどよおもはれ顔の海棠の夕

小草をぐさいひぬ『酔へる涙の色にさかむそれまで斯くて覚めざれな少女をとめ

牧場いでて南にはしる水ながしさても緑の野にふさふ君

春よ老いな藤によりたる舞殿まひどのゐならぶ子らよつか老いな

雨みゆるうき葉しらはす絵師の君に傘まゐらする三尺の船

御相みさういとどしたしみやすきなつかしき若葉わかばだちなか盧遮那仏るしやなぶつ

さて責むな高きにのぼり君みずやあけの涙の永劫えいごふ[#ルビの「えいごふ」は初出では「えうごふ」]のあと

春雨にゆふべのみやをまよひ出でし小羊こひつじきみをのろはしの我れ

ゆあみする泉の底の小百合花さゆりばな二十はたちの夏をうつくしと見ぬ

みだれごこちまどひごこちぞ頻なる百合ふむ神にちゝおほひあへず

くれなゐの薔薇ばらのかさねの唇に霊の香のなき歌のせますな

旅のやど水に端居はしゐの僧の君をいみじと泣きぬ夏の夜の月

春の夜のやみなかくるあまき風しばしかの子が髪に吹かざれ

水に飢ゑて森をさまよふ小羊のそのまなざしに似たらずや君

誰ぞゆふべひがし生駒いこまの山の上のまよひの雲にこの子うらなへ

悔いますなおさへし袖に折れしつるぎつひの理想おもひの花にとげあらじ

ぬかごしにあけの月みる加茂川の浅水色あさみづいろのみだれ藻染もぞめ

御袖みそでくくりかへりますかの薄闇うすやみ欄干おばしま夏の加茂川の神

なほ許せ御国遠くば御神みかみ紅盃船べにざらふねに送りまゐらせむ

狂ひの子われにほのほはねかろき百三十里あわただしの旅

今ここにかへりみすればわがなさけやみをおそれぬめしひに似たり