みだれ髪(みだれがみ)


うつくしき命を惜しと神のいひぬ願ひのそれは果してし今

わかき小指をゆび胡紛ごふんをとくにまどひあり夕ぐれ寒き木蓮の花

ゆるされし朝よそほひのしばらくを君に歌へな山の鶯

ふしませとそのさがりし春の宵衣桁いかうにかけし御袖かづきぬ[#「かづきぬ」は初出では「かつぎぬ」]

みだれ髪を京の島田にかへし朝ふしてゐませの君ゆりおこす

しのび足に君を追ひゆく薄月夜うすづきよ右のたもとの文がらおもき

紫に小草をぐさが上へ影おちぬ野の春かぜに髪けづる朝

絵日傘をかなたの岸の草になげわたる小川よ春の水ぬるき

しら壁へ歌ひとつ染めむねがひにて笠はあらざりき二百里の旅

嵯峨の君を歌に仮せなの朝のすさびすねし鏡のわが夏姿

ふさひ知らぬ新婦にひびとかざすしら萩に今宵の神のそと片笑かたゑみし

ひと枝の野の梅をらば足りぬべしこれかりそめのかりそめの別れ

鶯は君が夢よと[#「夢よと」は初出では「声よと」]もどきながら緑のとばりそとかかげ見る

紫の紅のしたゝり花におちて成りしかひなの夢うたがふな

ほととぎす嵯峨へは一里京へ三里水の清瀧きよたき夜の明けやすき

むらさき理想りさうの雲はちぎれ/\仰ぐわが空それはた消えぬ

乳ぶさおさへ神秘しんぴのとばりそとけりぬここなる花のくれなゐぞ濃き

神のせなにひろきながめをねがはずや今かたかたの袖こむらさき[#「袖こむらさき」は初出では「袖ぞむらさき」]

とや心朝の小琴をごとの四つの緒のひとつを永久とはに神きりすてし

ひく袖に片笑かたゑみもらす春ぞわかき朝のうしほの恋のたはぶれ

くれの春隣すむ画師ゑしうつくしき今朝けさ山吹に声わかかりし

郷人さとびとにとなりやしきのしら藤の花はとのみに問ひもかねたる

人にそひてしきみささぐるこもりづま母なる君を御墓みはかに泣きぬ

なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな

おばしまにおもひはてなき身をもたせ小萩をわたる秋の風見る

ゆあみして泉を出でしわがはだに[#「わがはだに」は初出では「やははだに」]ふるるはつらき人の世のきぬ

売りし琴にむつびのきよくをのせしひびき逢魔あふまがどきの黒百合折れぬ

うすものの二尺のたもとすべりおちて蛍ながるる夜風よかぜの青き

恋ならぬねざめたたずむ野のひろさ名なし小川のうつくしき夏

このおもひ何とならむのまどひもちしその昨日きのふすらさびしかりし我れ

おりたちてうつつなき身の牡丹見ぬそぞろやよるを蝶のねにこし

その涙のごふえにしは[#「えにしは」は初出では「ゑにしは」]持たざりきさびしの水に見し二十日月はつかづき

水十里ゆふべの船をあだにやりて柳による子ぬかうつくしき(をとめ)

旅の身の大河おほかはひとつまどはむやしづかに日記にきの里の名けしぬ(旅びと)

小傘をがさとりて朝の水くみ[#「水くみ」は初出では「水くむ」]我とこそ穂麦ほむぎあをあを小雨こさめふる里

おとに立ちて小川をのぞく乳母が小窓こまど小雨こさめのなかに山吹のちる

恋か血か牡丹に尽きし春のおもひとのゐの宵のひとり歌なき

長き歌を牡丹にあれの宵の殿おとど妻となる身の我れぬけ出でし

三月みつきおかぬ琴に音たてぬふれしそぞろの宵の乱れ髪

いづこまで君は帰るとゆふべ野にわが袖ひきぬはねあるわらは

ゆふぐれの戸に倚り君がうたふ歌『うき里去りて往きて帰らじ』

さびしさに百二十里をそぞろ来ぬと云ふ人あらばあらば如何ならむ

君が歌に袖かみし子を誰と知る浪速の宿は秋寒かりき

その日より魂にわかれし我れむくろ美しと見ば人にとぶらへ

今の我に歌のありやを問ひますななき繊絃ほそいとこれ二十五げん

神のさだめ命のひびきつひの我世ことをのうつ音ききたまへ

人ふたり無才ぶさいの二字を歌に笑みぬこひ二万ねんながき短き
[#改ページ]



漕ぎかへる夕船ゆふぶねおそき僧の君紅蓮ぐれんや多きしらはすや多き

あづまやに水のおときく藤の夕はづしますなのひくき枕よ

御袖ならず御髪みぐしのたけときこえたり七尺いづれしら藤の花

夏花のすがたは細きくれなゐに真昼まひるいきむの恋よこの子よ

肩おちてきやうにゆらぎのそぞろ髪をとめ有心者うしんじや春の雲こき

とき髪を若枝わかえにからむ風の西よ二尺に足らぬ[#「二尺に足らぬ」は初出では「二尺足らぬ」]うつくしき虹

うながされてみぎはやみに車おりぬほの紫の反橋そりはしふぢ