みだれ髪(みだれがみ)


われとなくをさの手とめしかどうた姉がゑまひの底はづかしき

ゆあがりのみじまひなりて姿見に笑みし昨日きのふの無きにしもあらず

人まへを袂すべりしきぬでまり知らずと云ひてかかへてにげぬ

ひとつはこにひひなをさめてふたとぢて何となきいき桃にはばかる

ほの見しは奈良のはづれの若葉宿わかばやどうすまゆずみのなつかしかりし

あけに名の知らぬ花さく野の小道こみちいそぎたまふな小傘をがさ一人ひとり

くだり船昨夜よべ月かげに歌そめし御堂みだうの壁も見えず見えずなりぬ

師の君の目を病みませるいほの庭へうつしまゐらす白菊の花

文字ほそく君が歌ひとつ染めつけぬ玉虫たまむしひめし小筥こばこふた

ゆふぐれを籠へ鳥よぶいもうとの爪先つまさきぬらす海棠の雨

ゆく春をえらびよしある絹袷衣きぬあはせねびのよそめを一人ひとりに問ひぬ

ぬしいはずとれなの筆の水の夕そよ墨足らぬ撫子なでしこがさね

母よびてあかつき問ひし君といはれそむくる片頬柳にふれぬ

のろひ歌かきかさねたる反古ほごとりて黒き胡蝶をおさへぬるかな

ぬかしろき聖よ見ずや夕ぐれを海棠に立つ春夢見姿はるゆめみすがた

笛の音に法華経うつす手をとどめひそめし眉よまだうらわかき

白檀びやくだんのけむりこなたへ絶えずあふるにくき扇をうばひぬるかな

母なるが枕経まくらぎやうよむかたはらのちひさき足をうつくしと見き

わが歌にひとみのいろをうるませしその君去りて十日たちにけり

かたみぞと風なつかしむ小扇のかなめあやふくなりにけるかな

春の川のりあひ舟のわかき子が昨夜よべとまりうたねたましき

泣かで急げやは手にはばき解くえにしえにし[#「えにしえにし」は初出では「ゑにしゑにし」]持つ子の夕を待たむ

燕なく朝をはばきのひもぞゆるき柳かすむやそののめぐり

小川われ村のはづれの柳かげに消えぬ姿を泣く子あさ

鶯に朝寒からぬ京の山おち椿ふむ人むつまじき

道たま/\蓮月が庵のあとに出でぬ梅に相行く西の京の山

君が前に李青蓮[#「李青蓮」は初出では「李春蓮」]説くこの子ならずよき墨なきを梅にかこつな

あるときはねたしと見たる友の髪に香の煙のはひかかるかな

わが春の二十姿はたちすがたと打ぞ見ぬ底くれなゐのうす色牡丹

春はただ盃にこそぐべけれ智慧あり顔の木蓮や花

さはいへど君が昨日きのふの恋がたりひだり枕の切なき夜半よ

人そぞろ宵の羽織の肩うらへかきしは歌か芙蓉といふ文字

琴の上に梅の実おつる宿の昼よちかき清水に歌ずする君

うたたねの君がかたへの旅づつみ恋の詩集の古きあたらしき

戸に倚りて菖蒲あやめる子がひたひ髪にかかる薄靄うすもやにほひある朝

五月雨さみだれもむかしに遠き山の庵通夜つやする人に卯の花いけぬ

四十八[#ルビの「じ」は初出では「ぢ」]そのひとてらの鐘なりぬ今し江の北雨雲あまぐもひくき

人の子にかせしは罪かわがかひな白きは神になどゆづるべき

ふりかへり許したまへの袖だたみやみくる風に春ときめきぬ

夕ふるはなさけの雨よ旅の君ちか道とはで宿とりたまへ

いはをはなれ谿たにをくだりて躑躅つゝじをりて都の絵師と水に別れぬ

春の日を恋に誰れ倚るしら壁ぞ憂きは旅の子藤たそがるる

あぶらのあと島田のかたと今日けふ知りし壁にすもゝの花ちりかかる

うなじ手にひくきささやき藤の朝をよしなやこの子行くは旅の君

まどひなくて経ずする我と見たまふか下品げぼんほとけ上品じやうぼんほとけ

ながしつる四つの笹舟さゝぶね紅梅を載せしがことにおくれて往きぬ

奥ののうらめづらしき初声うぶごゑに血の気のぼりしおもまだ若き

人の歌をくちずさみつつ夕よる柱つめたき秋の雨かな

小百合さく小草がなかに君まてば野末にほひて虹あらはれぬ

かしこしといなみにいひて我とこそその山坂を御手に倚らざりし

鳥辺野は御親の御墓あるところ清水坂きよみづざかに歌はなかりき

御親まつる墓のしら梅なかに白く熊笹くまざさ小笹をざさたそがれそめぬ

をとこきよし載するに僧のうらわかき月にくらしのはす花船はなぶね

経にわかき僧のみこゑの片明かたあかり月の蓮船はすぶね兄こぎかへる

浮葉きるとぬれし袂のあけのしづくはすにそそぎてなさけ教へむ

こころみにわかき唇ふれて見れば冷かなるよしら蓮の露

明くる夜の河はばひろき嵯峨のらんきぬ水色の二人ふたりの夏よ