曇つた秋(くもったあき)


或る日君は僕を見てわらふだらう、
あんまり蒼い顔してゐるとて、
十一月の風に吹かれてゐる、無花果いちじくの葉かなんかのやうだ、
てられた犬のやうだとて。

まことにそれはそのやうであり、
犬よりもみじめであるかも知れぬのであり
僕自身時折はそのやうに思つて
僕自身悲しんだことかも知れない

それなのに君はまた思ひ出すだらう
僕のゐない時、僕のもう地上にゐない日に、
あいつあの時あの道のあの箇所で
蒼い顔して、無花果の葉のやうに風に吹かれて、――冷たい午後だつた――

しよんぼりとして、犬のやうに捨てられてゐたと。


猫が鳴いてゐた、みんなが寝静まると、
隣りの空地で、そこの暗がりで、
まことに緊密でゆつたりと細い声で、
ゆつたりと細い声で闇の中で鳴いてゐた。

あのやうにゆつたりと今宵一夜ひとよ
鳴いてあかさうといふのであれば
さぞや緊密な心を抱いて
猫は生存してゐるのであらう……

あのやうに悲しげに憧れに充ちて
今宵ああして鳴いてゐるのであれば
なんだか私の生きてゐるといふことも
まんざら無意味ではなささうに思へる……

猫は空地の雑草の蔭で、
多分は石ころを足に感じ
その冷たさを足に感じ、
霧の降る夜を鳴いてゐた――


君のそのパイプの、
汚れ方だの※(「火+焦」、第4水準2-80-3)げ方だの、
僕はいやほどよく知つてるが、
気味の悪い程鮮明に、僕はそいつを知つてるのだが……

 今宵ランプはポトホトかゞり、
 君と僕との影はゆか
 或ひは壁にぼんやりと落ち、
 遠い電車の音は聞こえる

君のそのパイプの、
汚れ方だの※(「火+焦」、第4水準2-80-3)げ方だの、
僕は実によく知つてるが、
それが永劫えいごふの時間の中では、どういふことになるのかねえ?……

 今宵私の命はかゞり
 君と僕との命はかゞり、
 僕等の命も煙草のやうに
 どんどん燃えてゆくとしきや思へない

まことに印象の鮮明といふこと
我等の記憶、はば我々の命の足跡が
あんまりまざまざとしてゐるといふことは
いつたいどういふことなのであらうか

   今宵ランプはポトホトかが
   君と僕との影は床に
   或ひは壁にぼんやりと落ち、
   遠い電車の音は聞える

どうにも方途がつかない時は
諦めることが男々しいことになる
ところで方途が絶対につかないと
思はれることは、まづ皆無

   そこで命はポトホトかゞり
   君と僕との命はかゞり
   僕等の命も煙草のやうに
   どんどん燃えるとしきや思へない

コホロギガ、ナイテ、ヰマス
シウシン ラッパガ ナツテ、ヰマス
デンシヤハ、マダマダ[#「マダマダ」は底本では「マガマダ」]、ウゴイテ、ヰマス
クサキモ、ネムル、ウシミツドキデス
イイエ、マダデス、ウシミツドキハ
コレカラ、ニジカン、タツテカラデス
ソレデハ、ボーヤハ、マダオキテヰテイイデスカ
イイエ、ボーヤハ、ハヤクネルノデス
ネテカラ、ソレカラ、オキテモイイデスカ
アサガキタナラ、オキテイイノデス
アサハ、ドーシテ、コサセルノデスカ
アサハ、アサノホーデ、ヤツテキマス
ドコカラ、ドーシテ、ヤツテクル、ノデスカ
オカホヲ、アラツテ、デテクル、ノデス
ソレハ、アシタノ、コトデスカ
ソレガ、アシタノ、アサノ、コトデス
イマハ、コホロギ、ナイテ、ヰマスネ
 ソレカラ、ラッパモ、ナツテ、ヰマスネ
 デンシヤハ、マダマダ、ウゴイテ、ヰマス[#「ヰマス」は底本では「ヰマズ」]
 ウシミツドキデハ、マダナイデスネ

ヲハリ
(一九三五・一〇・五)