あなうさピーターのはなし(あなうさピーターのはなし)

表紙絵

口絵1
口絵2

挿絵1
 むかしむかし あるところに 4ひきの こうさぎが おりました。 なまえは それぞれ
フロプシー、
モプシー、
カトンテル、
ピーターです。
 4ひきは おかあさんと いっしょに とってもおおきな モミのきの したにある あなのなかに すんでいました。

挿絵2
 あるひの あさ、 あなうさママが いいました。
「さあ おまえたち、 のはらのなかや こみちのさきで あそんでらっしゃい。 でも、 マグレガーおじさんの おにわには いっちゃダメよ。 むかし おとうさんが そこで ひょんなことから マグレガーおばさんに つかまって パイに されたんだから。」

挿絵3
「いってらっしゃい、 きを つけるのよ。 おかあさん、 るすに してるから。」

挿絵4
 それから あなうさママは かごと かさを てにもって、 もりの むこうの パンやさんへ むかいました。 かったのは 1きんの くろパンと ぶどうパンを 5つです。

挿絵5
 フロプシーと モプシーと カトンテルは とっても いいこでしたので、 こみちを くだって クロイチゴつみに でかけました。

挿絵6
 けれども ピーターは ひどく やんちゃでしたので、 そのまま マグレガーおじさんの おにわに いちもくさん、 いりぐちの さくの したを むりくり くぐりぬけたのです!

挿絵7
 すぐさま レタスと インゲンを かじって おまけに ハツカダイコンまで。

挿絵8
 すると どうも きぶんが わるくなったので おくすりの パセリを さがすことに しました。

挿絵9
 ところが キュウリの なえばこを まわったところで でくわしたのが、 なんと マグレガーおじさん!

挿絵10
 マグレガーおじさんは よつんばいで キャベツのなえを うえていたのですが、 とびあがって ピーターを おいかけます。 くわを ふりふり さけぶのです。 「まてえ、 ぬすっと!」

挿絵11
 ピーターは もう びっくりして ふるえあがって にわじゅうを かけまわりました。 それというのも いりぐちが どこにあったのか わからなくなったのです。
 しかも キャベツばたけで くつを かたっぽ、 ジャガイモばたけで もうかたっぽを なくしてしまいました。

挿絵12
 くつも ないので よつあしで はしると ぐんぐん はやくなって、 うまくいけば にげられたと おもうのですが、 うんわるく スグリの あみに つっこんでしまい、 うわぎの おおきな ボタンが ひっかかってしまったのです。 ちなみに あおの うわぎで しんちゅうの ボタンつき おろしたての ものでした。

挿絵13
 ぼくは もう しぬんだな、 ピーターは おおつぶの なみだを ながしました。 でも そのなきごえが たまたま やさしい すずめたちにも きこえて、 そして あわてて そばに とんできて あきらめないでと いうのです。

挿絵14
 マグレガーおじさんが やってきて もってきた ふるいを ピーターの うえから ぱっと かぶせようと しましたが、 ピーターは すんでのところで うわぎを ぬぎぬぎ あとに のこして にげだしました。

挿絵15
 そして ものおきごやに かけこんで じょうろのなかに とびこみました。 とってもいい かくればだと おもったのに みずが たくさん はいっているなんて。

挿絵16
 マグレガーおじさんには まるわかりでした。 ピーターは ぜったい ものおきごやの どこかに いる。 もしかすると うえきばちの なかかもしれない。 やがて そろりと もちあげて ひとつずつ なかを みるのです。
 まさに そのとき ピーターが くしゃみを ――「はっくしゅん!」 マグレガーおじさんが たちまち ちかづきます。

挿絵17
 あしで ふみつけられそうに なりましたが、 ピーターは まどの そとへと とびだして ついでに うえきを 3つ たおしました。 まどが ちいさすぎたので、 マグレガーおじさんも ピーターを おいかけるのを あきらめて のらしごとへ もどることに しました。

挿絵18
 ピーターは ほっとして こしを おちつけます。 いきも きれぎれ、 こころも ぶるぶる、 どっちへいったら いいのか ちっとも わかりません。 しかも じょうろのなかに いたので もう ずぶぬれです。
 しばらくして うろちょろ しはじめましたが、 とぼとぼ ―― とぼとぼ ―― ゆっくりと あるいて きょろきょろ。

挿絵19
 かべに ドアを みつけましたが、 かぎが しまっていて したを くぐりぬけようにも ぷっくりした こうさぎの とおる すきまは ありません。
 おかあさんねずみが いしの とぐちを はいったり でたりして きのなかで まっている かぞくに おまめを はこんでいます。 ピーターは そのねずみに いりぐちへの いきかたを ききましたが、 くちに おおきな おまめを くわえていましたので ねずみは なにも へんじが できません。 ただ くびを ふるだけなので、 ピーターは なみだが でてきました。