不思議な島(ふしぎなしま)

 僕はとう長椅子ながいすにぼんやり横になっている。目の前に欄干らんかんのあるところをみると、どうも船の甲板かんぱんらしい。欄干の向うには灰色のなみに飛び魚か何かひらめいている。が、何のために船へ乗ったか、不思議にもそれは覚えていない。つれがあるのか、一人なのか、そのへんも同じように曖昧あいまいである。
 曖昧と云えば浪の向うももやのおりているせいか、甚だ曖昧を極めている。僕は長椅子に寝ころんだまま、その朦朧もうろうけぶった奥に何があるのか見たいと思った。すると念力ねんりきの通じたように、見る見る島の影が浮び出した。中央に一座の山の聳えた、円錐えんすいに近い島の影である。しかし大体の輪郭りんかくのほかは生憎あいにく何もはっきりとは見えない。僕は前に味をしめていたから、もう一度見たいと念じて見た。けれども薄い島の影は依然として薄いばかりである。念力も今度は無効だったらしい。
 この時僕は右隣みぎどなりにたちまち誰かの笑うのを聞いた。
「はははははは、駄目だめですね。今度は念力もきかないようですね。はははははは。」
 右隣の籐椅子とういすに坐っているのは英吉利イギリス人らしい老人である。顔はしわこそ多いものの、まず好男子と評してもい。しかし服装はホオガスのにみた十八世紀の流行である。Cocked hat と云うのであろう。銀のふちのある帽子ぼうしをかぶり、刺繍ぬいとりのある胴衣チョッキを着、膝ぎりしかないズボンをはいている。おまけに肩へ垂れているのは天然てんねん自然の髪の毛ではない。何か妙なこなをふりかけた麻色あさいろちぢれ毛のかずらである。僕は呆気あっけにとられながら、返事をすることも忘れていた。
「わたしの望遠鏡ぼうえんきょうをお使いなさい。これをのぞけばはっきり見えます。」
 老人は人の悪い笑い顔をしたまま、僕の手に古い望遠鏡を渡した。いつかどこかの博物館に並んでいたような望遠鏡である。
「オオ、サンクス。」
 僕は思わず英吉利イギリス語を使った。しかし老人は無頓着むとんじゃくに島の影を指さしながら、巧みに日本語をしゃべりつづけた。その指さしたそでの先にも泡のようにレエスがはみ出している。
「あの島はサッサンラップと云うのですがね。綴りですか? 綴りはSUSSANRAPです。一見いっけんの価値のある島ですよ。この船も五六日は碇泊ていはくしますから、ぜひ見物にお出かけなさい。大学もあれば伽藍がらんもあります。殊にいちの立つ日は壮観ですよ。何しろ近海の島々から無数の人々が集まりますからね。……」
 僕は老人のしゃべっているあいだに望遠鏡を覗いて見た。ちょうど鏡面きょうめんうつっているのはこの島の海岸の市街まちであろう。小綺麗こぎれいな家々の並んだのが見える。並木のこずえに風のあるのが見える。伽藍がらんの塔の聳えたのが見える。もやなどは少しもかかっていない。何もかもことごとくはっきりと見える。僕は大いに感心しながら、市街まちの上へ望遠鏡を移した。と同時に僕の口はあっと云う声を洩らしそうになった。
 鏡面には雲一つ見えない空に不二ふじに似た山が聳えている。それは不思議でも何でもない。けれどもその山は見上げる限り、一面に野菜におおわれている。玉菜たまな赤茄子あかなすねぎ玉葱たまねぎ大根だいこんかぶ人参にんじん牛蒡ごぼう南瓜かぼちゃ冬瓜とうがん胡瓜きゅうり馬鈴薯ばれいしょ蓮根れんこん慈姑くわい生姜しょうが、三つ葉――あらゆる野菜に蔽われている。蔽われている? 蔽わ――そうではない。これは野菜を積み上げたのである。驚くべき野菜のピラミッドである。
「あれは――あれはどうしたのです?」
 僕は望遠鏡を手にしたまま、右隣の老人をふり返った。が、老人はもうそこにいない。ただ籐の長椅子の上に新聞が一枚ほうり出してある。僕はあっと思った拍子ひょうしに脳貧血か何か起したのであろう。いつかまた妙に息苦しい無意識の中に沈んでしまった。

       ×          ×          ×

「どうです、見物はすみましたか?」
 老人は気味の悪い微笑をしながら、僕の側へ腰をおろした。
 ここはホテルのサロンであろう。セセッション式の家具を並べた、妙にだだっ広い西洋室である。が、人影ひとかげはどこにも見えない。ずっと奥に見えるリフトものぼったりくだったりしている癖に、一人も客は出て来ないようである。よくよくはやらないホテルらしい。