さびしいお母さん(さびしいおかあさん)

 二時間じかん図画ずが時間じかんに、先生せんせいが、
「みなさんのおかあさんを、いてごらんなさい。」と、おっしゃいました。
先生せんせい、おかあさんのないひとは、どうしますか?」と、いったものがあります。
「おかあさんのないひとは、だれですか?」
武田たけだくんは、おかあさんがないのです。」
「じゃ、ないひとは、おとうさんをおかきなさい。」と、先生せんせいはおっしゃいました。
 みんなは、しずかになりました。そして、としちゃんは、まるまるとした鉛筆えんぴつにぎって、おかあさんの、おかおおもしているうちに、
「いまごろ、おかあさんは、どうしていらっしゃるだろうな。」と、ほんとうにかんがえたのでした。
 昨日きのうよるでした。おとうさんが、おかけなさろうとして、
「まだ、着物きものはできないのか?」と、おかあさんに、おっしゃいました。
「もうすこしですけれど、まだできあがっていないのです。」と、おこたえなさると、
「なにをぐずぐずしているんだ。」と、おとうさんは、おおこりになりました。
 そのとき、おかあさんは、
昼前ひるまえに、おきゃくさまがあって、おかえりなされると、もうおひるですし、昼過ひるすぎに仕事しごとをしかけますと、としちゃんがかえってきて、そして、あそびにて、ころんできましたので、お洗濯せんたくをしてやりました。つぎに、花子はなこかえってきて、おともだちのところへゆくのだから、かみってくれといいますので、かみってやったりしていますと、もう晩方ばんがたになりました。ばんには、おがあるので、おはいってからは、じきとしちゃんはねむたがりますから、そのまえ学校がっこうのおさらいをしてやりますと、ほんとうに、お仕事しごとをする時間じかんというものがなかったのでした。今夜こんやは、おそくなってもげるつもりでいます。」と、おかあさんは、おっしゃっていました。そばでこれをきいていたとしちゃんは、もしそれでおとうさんが、おこるなら、おとうさんがわるいとおもいましたが、おとうさんは、だまっていました。
 いま、そんなことをかんがえると、おかあさんが、なんだか、かわいそうになりました。
「あのはらっぱで、あんなことをしてあそばなければ、ころびもしなくて、よかったのだ。」と、としちゃんは、昨日きのう材木ざいもくがたくさんんであるうえを、吉雄よしおくんや、賢二けんじくんと、あしをしてわたっているうちに、みずたまりへちて、着物きものをよごしたことをおもったのです。
「いまごろ、おかあさんは、どうしていらっしゃるだろうな。」
 いつもお仕事しごとをなさるところにすわって、おかあさんは一人ひとりで、ガラスうちから、そとのおにわていらっしゃる姿すがたを、としちゃんは、かべたのでした。そして、うぐいすが、きょうも昼前ひるまえんできて、あかのなった、うめもどきのや、つばきのえだにとまって、むしをさがしているのを、おかあさんは、ていらしたのです。しかし、そのおかあさんのかおはさびしそうでありました。
 としちゃんは、図画紙ずがしうえへ、さびしいおかあさんのおかおきました。なんだか、そのおかあさんは、いていらっしゃるようです。
「こんなの、おかしいなあ。」と、としちゃんは、かんがえていましたが、そのかたわらへ、「ボクたちが、るすのときの、さびしいおかあさんのおかお」と、いて、先生せんせいしました。
 先生せんせいは、それをごらんになって、どうおおもいなされるでしょう? それは、このつぎ、いただいたときでなければわかりません。
 としちゃんは、はやくおうちかえって、おかあさんのおかおたいとおもいました。学校がっこうわると、いそいでおうちかえりました。