しんぱくの話(しんぱくのはなし)

 たかやまの、とりしかゆかないようなけわしいがけに、一ぽんのしんぱくがはえていました。そのは、そこでいくねんとなく月日つきひごしたのであります。
 人間にんげんのまれにしかゆかないやまとはいいながら、そのながあいだには、幾多いくた変化へんかがありました。ひとあしるところ、またのとどくところられたり、またられたりしたのであります。そして、それは人間にんげんばかりとかぎっていなかった。
 あるときは、あめがつづいて、出水しゅっすいのために、あるときは、すさまじいあらしのために、またしんおそろしいゆきのために、その脅威きょういは一つではなかったのです。
 おな生命せいめいゆうしている人間にんげんのすることにくらべて、はかりれない、暴力ぼうりょく所有者しょゆうしゃである自然しぜんのほうが、どれほどおそろしいかしれないとおもっていました。しかし、こうした嶮岨けんそ場所ばしょしょうじたために、しんぱくは、無事ぶじ今日こんにちまでおくることができたのであります。けれど、それは、また偶然ぐうぜんであるといわなければなりません。
 なぜなら、たとえ、人間にんげんちからでは、そこへはたっしなかったけれど、自然しぜんちからは、いつも自由じゆうであったからです。げんに、数年前すうねんぜんのこと、ちょうど春先はるさきであったが、轟然ごうぜんとして、なだれがしたときに、みき半分はんぶんはさかれて、ゆきといっしょに谷底たにそこちてしまったのでした。さいわいにのかみついていた岩角いわかどくだけなかったから、よかったものの、もしこわれたら、おそらくそれが最後さいごだったでありましょう。
 しかし、いまは、そのときの傷痕きずあとふるびてしまって、みきには、雅致がちくわわり、こまかにしげった緑色みどりいろは、ますます金色きんいろび、朝夕あさゆうきりにぬれて、疾風しっぷうすりながら、騎士きしのようにほがらかにられたのであります。
 ふゆでも、この岩穴いわあななか越年えつねんする、いわつばめがすんでいました。ひらひらと、あおそらをかすめて、みぎに、ひだりに、んでいたが、やがて、かぜってちてきたのように、しんぱくのえだにきてまりました。
ゆきちかづきましたよ。西にしそらのようにあかいのです。こんどあらしがあるときっとゆきってきますからね。」
 そういって、いわつばめは、だんだん黄昏たそがれていく、奥深おくぶかそら見上みあげていました。
 うっかりしようものなら、つめたかぜが、ちいさなからだをさらって、もうくらくなった谷間たにまへたたきとそうとしたのであります。
 しんぱくは、そのたびに、あたまをはげしくりました。
「いや、そのほうがいいでしょう。あなたたちは、岩穴いわあななかでゆっくりねむりなさるがいい。かれこれするうちに、じきに四、五がつごろとなります。あの水晶すいしょうのようにあかるい雪解ゆきどけのはる景色けしきはなんともいえませんからね。それまで、わたしは、あらしや、吹雪ふぶきうたでもたのしんできいています。そして、あなたたちが、岩穴いわあななかで、こうもりのおばあさんからきいた、不思議ふしぎのおとぎばなしをおしえてくだされば、わたしは、西風にしかぜのうたっていたきたくにうたをうたってきかせますよ。」
「なんだか、来年らいねんはるたのしみですが、もう人間にんげんが、ここへやってくるようなことがなければいいが。」
 いわつばめは、不吉ふきつ予感よかんがしたように、いきいきとしたかおをくもらしました。
 しんぱくは、またひとしきり、疾風しっぷうかおうごかしながら、
「このごろは、よるになるとしもがおります。そして、ほしかげは、魔物まもののようにすごくひかります。どんな人間にんげんでも、露宿ろしゅくすることはできますまい。あの、あおずんだ、真夜中まよなか景色けしきを、あなたにせたいものです。」