はちの巣(はちのす)

 ある光子みつこさんはにわうえをあおぐと、青々あおあおとしたうめえだに二ひきのはちがをつくっていました。
「おとなりのいさむちゃんがつけたら、きっとってしまうから、わたしらさないでおくわ。」
 そうおもってていますと、一ぴきずつかわるがわるどこかへとんでいっては、なにか材料ざいりょうをくわえてきました。そして、一ぴきがかえってくると、いままでにとまってばんをしていたのがこんどとんでいくというふうに、二ひきちからをあわせてそのおおきくしようとしていたのです。
 そののち、光子みつこさんは毎日まいにちうめしたって、そのおおきくなるのをるのがなんとなくたのしみでありました。
「もう、今日きょうはあんなにおおきくなった。」
 しかし、それはほんとうにすこしずつしかおおきくならなかったのです。二ひきのはちがちいさなくちにくわえてきた材料ざいりょうを、自分じぶんくちからるつばでかためていくのでありましたから、なかなかたいへんなことです。けれど、はちは、たゆまずうまずに、あさばんをつくることに、いっしょうけんめいでありました。
 ところが、どうしたことか、そのうちにとまっているのがいつも一ぴきであって、もう一ぴきのすがたがえなくなったことです。
「どうしたんでしょう?」と、光子みつこさんはしんぱいになりました。
 光子みつこさんはおかあさんのところへはしっていきました。
「ねえ、おかあさん、はちが一ぴきいないのよ。いつも二ひきのがどうしたんでしょうね?」といって、きいたのであります。
「そうね、きっとそのうちにかえってくるでしょう。」と、おかあさんにもすぐにはわからなかったのでした。
「もう、ずっとかえってこないの。一ぴきがさびしそうにしているの。」と光子みつこさんは、なんだかひとりのこされたはちのうえおもうと、でなかったのです。
「どうしたんでしょうね。いたずらっにでもころされたか、わるいくものにでもかかって、かえれないのかもしれません。」と、おかあさんはおっしゃいました。
 ――わるいくも――ということが、すぐに光子みつこさんのあたまつよくひびいてきました。いつであったか、ひさしからえだにかけていたくものに、はちがかかって、とうとうくものためにころされたのをたことがあったからです。また、そのには、せみもかかれば、ちょうもかかったのでした。さいしょ、これらのむしがとんできて、えないほそいとあしをとらえられると、げようとしてもがきます。しかし、いくらあせっても、もちのようにいとがねばりついて、あしにからみつくばかりです。そのうちに、むしよわってしまう、そのとき、どこからかくろおおきなくもがあらわれてきて、するどいくちってしまうのでありました。
 そのありさまをおもいだすと、この勤勉きんべんなはちもそんなめにあったのではないかと、いたましいすがたが想像そうぞうされたのです。そればかりではありません。また――いたずらっころされる――というしんぱいも、ないではなかったのです。
 いつか、いさむちゃんがみずたまりへみずみにおりてきたはちを、っていたぼうでたたきおとしてころしたことがあったのです。
 いずれにしても、一ぴきのはちはなにかの不幸ふこうあって、もうかえってこないもののようにおもわれました。光子みつこさんは、また、うめしたにもどってきました。
「まだかえってこないのか。どうしたんでしょう、ひとりで、さびしくない?」といって、にとまっている一ぴきのはちにはなしかけました。
 けれど、ものをいうことのできぬはちは、ただにとまってじっとしているばかりでありました。ちょうどそこへ、いさむちゃんがあそびにきましたから、光子みつこさんはうめしたをはなれてしまいました。
光子みつこさん、まだうめがなっているね。もううめはあまくなった?」といって、いさむちゃんはうめあげました。