僕がかわいがるから(ぼくがかわいがるから)

 しょうちゃんの、っている黒犬くろいぬが、このごろから他家よそにわとりったり、うきぎをったりして、みんなからにくまれていました。こんどやってきたら、鉄砲てっぽうころしてしまうといっているひともあるくらいです。けれど、しょうちゃんは黒犬くろいぬをかわいがっていました。
「クロや、もうぼくといっしょでなければ、さないよ。ひどいめにあうからね。」と、いってきかせました。
 クロは、って、しょうちゃんのからだあたまをすりつけて、クン、クンとよろこんでいていました。
「わかれば、もういいのだよ。ぼくは、おまえをかわいがってやるから。」と、いって、クロのあたまかかえて、そのかお自分じぶんのほおをつけていました。
 しかし、おとうさんや、おかあさんは、クロをててしまうといっていられました。そして、相談そうだんをなさっていられたのです。
「なにか、正二しょうじのほしいものをってやれば、いうことをきくかもしれない。」と、おとうさんは、おっしゃいました。
「さあ、どうでしょうか。二輪車りんしゃをほしいといっていましたから、いぬてたら、ってやるといってみましょうか。」と、おかあさんは、おこたえなさいました。
「ああ、それがいい、きいてみてごらん。」と、おとうさんが、いわれました。
 おかあさんは、さっそく、しょうちゃんに、そのことをおっしゃいました。
「おまえのきなものをってあげるから、クロをだれかにやっておしまいなさい。」と、おっしゃいました。
 すると、しょうちゃんは、即座そくざに、
ぼくは、なにもほしくないから、クロをやることはいやです。」と、おこたえしました。
上等じょうとうの二輪車りんしゃってあげても。」
「二輪車りんしゃなんか、ほしくありません。」
「いつか、ほしいといったでしょう。」
「それは、ほしいが、クロをやってしまうことはいやです。」
 おかあさんは、かんがえていられましたが、しょうちゃんが、いつか、野球やきゅうのミットをほしいといったことをおもされました。そこで、こんどは、
「ミットもって、あげるけど。」と、おっしゃいました。
 ミットときいて、しょうちゃんは、おかあさんのかおました。
「ミットもってくれるの?」と、おかあさんに、ききかえしました。
「ミットもってあげます。」
 おかあさんが、こうおこたえなさると、しょうちゃんは、あたまって、
「ミットなんか、ほしくない。」と、いいました。
「じゃ、いぬをやめて、伝書でんしょばとになさいな、はとは、やさしくて、そんなわるいいたずらをしませんから。」と、おかあさんは、おっしゃいました。
「え、伝書でんしょばとをってくれるの?」と、しょうちゃんは、をかがやかしました。
「ええ、鳥屋とりやへいって、ってきてあげますよ。」
「二輪車りんしゃとミットと伝書でんしょばとをってくれない?」と、しょうちゃんは、おおいに欲張よくばりました。
「さあ、おとうさんが、なんとおっしゃるかしれませんけれど、そうしたら、しょうちゃんは、クロをててしまいますね?」と、おかあさんは、ねんされました。
「どうしても、クロをててしまうの、かわいそうだなあ。だれかにやってしまえばいいではないか。」と、しょうちゃんは、かんがえていました。
「それは、いてみますが、あんなにおおきくなったいぬをだれも、もらうものはないでしょう。とおくへつれていって、いてくるのですね。」
 このとき、しょうちゃんは、クロと約束やくそくしたことをおもしました。ぼくは、おまえをかわいがってやるからといったことをおもしました。
ぼく、いやだ、やはり、クロをっておく。」と、きっぱりといいました。
伝書でんしょばとはいらないんですね。」と、おかあさんが、おっしゃいました。
 伝書でんしょばとときくと、しょうちゃんは、またまよってしまいました。いぬもいいが、あのかわいらしいをしたはともほしかったのです。それに、はとはたまごむからよけいいいのです。