宮本武蔵(みやもとむさし)



 木曾路へはいると、随所にまだ雪が見られる。
 峠のくぼみから、薙刀なぎなたなりに走っている白いひらめきは、駒ヶ岳の雪のヒダであり、仄紅ほのあかい木々の芽をかして彼方に見える白いまだらのものは、御岳おんたけの肌だった。
 だがもう畑や往来には、浅い緑がこぼれている。季節は今、なんでも育つさかりなのだ。踏んづけても踏んづけても、若い草は伸びずにいない。
 まして城太郎の胃ぶくろと来ては、いよいよ、育つ権利を主張する。この頃殊に、髪の毛が伸びるように、背の寸法までが伸びそうに見えて、将来の大人ぶりも思いやられる風がある。
 もの心つくと、世間の波へほうり出されて、拾われた手はまた、流転るてんの人であった。勢い、旅から旅の苦労をめ、どうしてもおませになるべく環境が迎えてくるので仕方がないが、近頃、時々あらわす生意気さ加減には、お通もよく泣かされて、
(なんだってこんな子に、こうつかれてしまったのかしら)
 と、ため息ついて、睨んでやることもある。
 しかしき目のあろうわけはない。城太郎は知り抜いているのだ。そんなこわい顔したって、心のなかでは、おいらが可愛くてならないくせに――と。
 そういう横着と、今の季節と、飽くことを知らない胃ぶくろが、行く先々、食べ物とさえ見れば、
「よう、よう、お通さんてば。あれ買っておくれよ」
 と、彼の足を、往来へ釘づけにしてしまう。
 先ほど、通りこえた須原すはら宿しゅくには、木曾将軍の四天王、今井兼平かねひらとりであとがあるところから「兼平かねひらせんべい」を軒並み売っていたため、とうとうそこでは、お通が根負けして、
「これだけですよ」
 念を押して、買って与えたが、半里はんみちと歩かないうちに、それもぼりぼり食べ終ってしまい、ややともすると、なにか物欲しそうな顔をする。
 寝覚ねざめでは、宿場茶屋の端をかりて、早目な昼めしを喰べたので、事なく済んだが、やがて一峠越えて、上松あげまつのあたりへかかると、
「お通さん、お通さん。干し柿が下がっているぜ。干し柿喰べたくないかい?」
 そろそろ謎をかけ始める。
 牛の背に乗って、牛の顔のように、お通が聞えない振りをしているので、むなしく、干し柿は見過ごしてしまったが、程なく木曾第一の殷賑いんしんな地、信濃しなの福島の町中へさしかかると、折から陽も八刻やつ頃だし、腹もり頃なので、
「休もうよ、そこらで――」
 と、また始め出した。
「ね、ね」
 こう鼻でね出すと、駄々にねばりが出るばかりで、歩けばこそ、テコでも動く顔つきではない。
「よう、ようっ。黄粉餅きなこもちたべようよう。……嫌かい?」
 こうなっては一体、ねだっているのか、お通を脅迫しているのか、分らない。彼女の乗っている牛の手綱は、城太郎の手に曳かれているため、彼の歩き出さぬうちは、どう焦々いらいら思っても、黄粉餅屋の軒先を、通り越えることができないからである。
「いい加減におしなさい」
 遂に、お通も意地になってしまう。城太郎と共謀して、往来の地面をめまわしている牝牛めうしの背から、眼にかどを立てて、
「ようござんす。そんなに私を困らすなら、先へ歩いていらっしゃる武蔵様へ、いいつけて上げるから――」
 そして彼女は、牛の背から降りそうな真似をしたが、城太郎は笑って見ている。止める真似もしないのである。


 城太郎は、意地わるく、
「どうするの……?」
 彼女が、先へ行く武蔵へ、いいつけに行かないことは、百も承知の顔つきでいう。
 牛の背から降りてしまったので、お通は、仕方なしに、
「さ、はやくお喰べなさい」
 と、黄粉餅屋の陰へはいって行く。
 城太郎は威勢よく、
「餅屋のおばさん、二盆おくれ――」
 呶鳴っておいてから、軒先の馬繋うまつなぎに牛をつなぐ。
「わたしは喰べませんよ」
「どうしてさ」
「そんなに喰べてばかりいると、人間が莫迦ばかになりますから」
「じゃあ、お通さんのと、二盆喰べてしまうぜ」
「――まあ、呆れた子」
 なんといわれようが、喰べているうちは、耳のないような城太郎の姿である。
 がらにもない大きな木剣が、かがみこむと肋骨あばらさわって、よろこぼうとする官能の邪魔になる気がするのであろう、中途から、その木剣をぐるりと背中へ廻して、一度、むしゃむしゃやりながら往来へ眼を遊ばせた。
「はやく喰べてしまいませんか。よそ見などしていないで」
「……おや?」
 城太郎は、盆に残っている一つを、あわてて口へほうりこむと、なにを見たか、往来へ駈け出して、小手をかざした。