三国志(さんごくし)

 また別な説には、一日に百そうめつつ人間に食物を教えた神農しんのうはたびたび毒草にあたったが、茶を得てからこれを噛むとたちまち毒をけしたので、以来、秘愛せられたとも伝えられている。
 いずれにしろ、劉備の身分でそれを求めることの無謀は、よく知っていた。
 ――だが、彼の懸命なおももちと、真面目まじめに、欲するわけを話す態度を見ると、洛陽の商人も、やや心を動かされたとみえて、
「では少し頒けてあげてもよいが、お前さん、失礼だが、その代価をお持ちかね?」と訊いた。


「持っております」
 彼は、懐中ふところ革嚢かわぶくろを取出し、銀や砂金を取りまぜて、相手の両掌りょうてへ、惜しげもなくそれを皆あけた。
「ほ……」
 洛陽の商人は、の上の目量めかたを計りながら、
「あるねえ。しかし、ぎんがあらかたじゃないか。これでは、よい茶はいくらも上げられないが」
「何ほどでも」
「そんなに欲しいのかい」
「母が眼を細めて、よろこぶ顔が見たいので――」
「お前さん、商売は?」
むしろすだれを作っています」
「じゃあ、失礼だが、これだけのかねをためるにはたいへんだろ」
「二年かかりました。自分の食べたい物も、着たい物も、節約して」
「そう聞くと、断われないな。けれどとても、これだけの銀と替えたんじゃ引合わない。なにかほかにないかね」
「これも添えます」
 劉備りゅうびは、剣のにさげている※(「王+干」、第3水準1-87-83)ろうかんの珠を解いて出した。洛陽の商人は琅※(「王+干」、第3水準1-87-83)などは珍しくない顔つきをして見ていたが、
「よろしい。おまえさんの孝心に免じて、茶と交易してやろう」
 と、やがて船室の中から、すずの小さいつぼを一つ持ってきて、劉備に与えた。
 黄河は暗くなりかけていた。西南方に、妖猫ようびょうの眼みたいな大きな星がまたたいていた。その星の光をよく見ていると虹色のかさがぼっとさしていた。
 ――世の中がいよいよ乱れる凶兆きょうちょうだ。
 と、近頃しきりと、世間の者がこわがっている星である。
「ありがとうございました」
 劉備青年は、錫の小壺を、両掌りょうてに持って、やがて岸を離れてゆく船の影を拝んでいた。もうまぶたに、母のよろこぶ顔がちらちらする。
 しかし、ここから故郷の※(「さんずい+(冢-冖)」、第3水準1-86-80)県楼桑村たくけんろうそうそんまでは、百里の余もあった。幾夜の泊りを重ねなければ帰れないのである。
「今夜は寝て――」と、考えた。
 彼方かなたを見ると、水村すいそんが二つ三つまたたいている。彼は村の木賃きちんへ眠った。
 すると夜半頃。
 木賃の亭主が、あわただしく起しにきた。眼をさますと、戸外おもては真っ赤だった。むうっと蒸されるような熱さの中にどこかでパチパチと、火の燃える物音もする。
「あっ、火事ですか」
黄巾賊こうきんぞくがやってきたのですよ旦那、洛陽船らくようぶねと交易した仲買人たちが、今夜ここに泊ったのをねらって――」
「えっ。……賊?」
「旦那も、交易した一人でしょう。奴らが、まっ先に狙うのは、今夜泊った仲買たちです。次にはわしらの番だが、はやく裏口からお逃げなさい」
 劉備はすぐ剣をいた。
 裏口へ出てみるともう近所は焼けていた。家畜は、異様なうめきを放ち、女子どもは、焔の下に悲鳴をあげて逃げまどっていた。
 昼のように大地は明るい。
 見れば、夜叉やしゃのような人影が、ほこやり鉄杖てつじょうをふるって、逃げ散る旅人や村の者らを見あたり次第にそこここで殺戮さつりくしていた。――眼をおおうような地獄がえがかれているではないか。
 昼ならば眼にも見えよう。それらの悪鬼は皆、結髪けっぱつのうしろに、黄色のきれをかりているのだ。黄巾賊の名は、そこから起ったものである。本来は支那の――この国のもっとも尊い色であるはずの黄土の国色も、今は、善良な民の眼をふるえ上がらせる、悪鬼の象徴しるしになっていた。


「ああ、酸鼻さんびな――」
 劉備りゅうびは、つぶやいて、
「ここへ自分が泊り合せたのは、天が、天に代って、このあわれな民を救えとの、おぼめしかも知れぬ。……おのれ、鬼畜どもめ」
 と、剣に手をかけながら、家のを蹴って、躍りだそうとしたが、いや待て――と思い直した。
 母がある。――自分には自分を頼みに生きているただ一人の母がある。
 黄巾の乱賊はこの地方にだけいるわけではない。いなごのように天下いたるところにむれをなして跳梁ちょうりょうしているのだ。
 一剣の勇では、百人の賊を斬ることもむずかしい。百人の賊を斬っても、天下は救われはしないのだ。