三国志(さんごくし)



「なに、無条件で和睦わぼくせよと。ばかをいい給え」
 ※(「さんずい+巳」、第3水準1-86-50)かくしは、耳もかさない。
 それのみか、不意に、兵に令を下して、楊彪ようひょうについて来た大臣以下宮人など、六十余人の者を一からげに縛ってしまった。
「これは乱暴だ。和議の媒介なかだちに参った朝臣方を、なにゆえあって捕え給うか」
 楊彪が声を荒くしてとがめると、
「だまれっ。李司馬りしばのほうでは、天子をさえ捕えてしちとしているではないか。それをもって、彼は強味としているゆえ、此方もまた、群臣を質として召捕っておくのだ」
 傲然ごうぜん、郭※(「さんずい+巳」、第3水準1-86-50)は云い放った。
「おお、なんたることぞ! 国府の二柱たる両将軍が、一方は天子をおびやかして質となし、一方は群臣を質としてうそぶく。浅ましや、人間の世もこうなるものか」
「おのれ、まだ囈言たわごとをほざくかっ」
 剣を抜いて、あわや楊彪を斬り捨てようとしたとき、中郎将楊密ようみつが、あわてて郭※(「さんずい+巳」、第3水準1-86-50)の手を抑えた。楊密のいさめで、郭※(「さんずい+巳」、第3水準1-86-50)は剣を納めたけれども縛りあげた群臣はゆるさなかった。ただ楊彪と朱雋しゅしゅんの二人だけ、ほうりだされるように陣外へ追い返された。
 朱雋は、もはや老年だけに、きょうの使いには、ひどく精神的な打撃をうけた。
「ああ。……ああ……」
 と、何度も空を仰いで、力なく歩いていたが、楊彪をかえりみて、
「お互いに、社稷しゃしょくの臣として、君を扶け奉ることもできず、世を救うこともできず、なんの生き甲斐がある」と歎いた。
 果ては、楊彪と抱きあって、路傍に泣きたおれ、朱雋は一時昏絶こんぜつするほど悲しんだ。
 そのせいか、老人は、家に帰るとまもなく、血を吐いて死んでしまった。楊彪が知らせを受けて馳けつけてみると、朱雋老人の額は砕けていた。柱へ自分の頭をぶっつけて憤死したのである。
 朱雋でなくとも、世の有様を眺めては、憤死したいものはたくさんあったろう。――それから五十余日というもの、明けても暮れても、※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)りかく、郭※(「さんずい+巳」、第3水準1-86-50)の両軍は、毎日、巷へ兵を出して戦っていた。
 戦いが仕事のように。戦いが生活のように。戦いが楽しみのように。意味なく、大義なく、涙なく、彼らは戦っていた。
 双方の死骸は、街路に横たわり、溝をのぞけば溝も腐臭ふしゅう。木陰にはいれば木陰にも腐臭。――そこに淋しき草の花は咲き、あぶがうなり、馬蠅うまばえが飛んでいた。
 馬蠅の世界も、彼らの世界も、なんの変りもなかった。――むしろ馬蠅の世界には、緑陰りょくいんの涼風があり、豆の花が咲いていた。
「死にたい。しかし死ねない。なぜ、ちんは天子に生れたろうか」
 帝は、日夜、御涙おんなみだの乾く時もなく沈んでおられた。
「陛下」
 侍中郎じちゅうろう※(「王+奇」、第3水準1-88-6)ようきがそっとお耳へささやいた。
※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)りかくの謀臣に、※(「言+栩のつくり」、第3水準1-92-6)かくという者がおります。――臣がひそかに見ておりますに、賈※(「言+栩のつくり」、第3水準1-92-6)には、まだ、真実の心がありそうです。帝の尊ぶべきことを知るさむらいらしいと見ました。いちどひそかにお召しになってごらんなさい」
 或る時、賈※(「言+栩のつくり」、第3水準1-92-6)は用があって、帝の幽室へはいって来た。帝は人をしりぞけて突然陪臣の賈※(「言+栩のつくり」、第3水準1-92-6)の前に再拝し、
「汝、漢朝の乱状に義をふるって、朕にあわれみを思え」と、のたもうた。
 賈※(「言+栩のつくり」、第3水準1-92-6)は、驚いて、床にひざまずき、頓首とんしゅして答えた。
「今の無情は、臣の心ではありません。時をお待ち遊ばしませ」
 そこへ、折悪く李※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)がはいってきた。長刀を横たえ、鉄の鞭をさげ、帝の顔をじっと睨みつけたので、帝は、お顔を土気色にして恐れおののいた。
「すわ!」
 と侍臣達は万一を思って、帝のまわりに総立ちになり、おのおの、われを忘れて剣を握った。
 その空気に、かえって李※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)のほうが、怖れをなしたらしく、
「あははは。なにを驚いたのかね。……賈※(「言+栩のつくり」、第3水準1-92-6)、なんぞ面白いはなしでもないか」
 などと笑いにまぎらして、間もなく外へ立ち去った。


 李※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)の陣中には、巫女みこがたくさんいた。みな重く用いられ、絶えず帷幕いばくに出入りして、なにか事あるごとに、祭壇に向って、いのりをしたり、調伏ちょうぶくの火を焚いたり、神降かみおろしなどして、
「神さまのお告げには」と、妖しげなご託宣を、李※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)へ授けるのであった。
 李※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)は、おそろしく信用する。何をやるにもすぐ巫女を呼ぶ。そして神さまのお告げを聴く。
 巫女の降す神は邪神とみえ、李※(「にんべん+確のつくり」、第4水準2-1-76)は天道も人道も怖れない。いよいよ乱を好んで、※(「さんずい+巳」、第3水準1-86-50)かくしといがみあい、兵を殺し、民衆を苦しめてかえりみなかった。
 彼と同郷の産、皇甫※(「麗+おおざと」、第3水準1-92-85)こうほれきは、或る時、彼を陣中に訪れて、
「無用な乱は、よい加減にやめてはどうです。君も国家の上将として、爵禄しゃくろくを極め、何不足もないはずなのに」と、いった。