三国志(さんごくし)



 十年語り合っても理解し得ない人と人もあるし、一せきの間に百年の知己ちきとなる人と人もある。
 玄徳と孔明とは、お互いに、一見旧知のごとき情を抱いた。いわゆる意気相許したというものであろう。
 孔明は、やがて云った。
「もし将軍が、おことばの如く、真に私のような者の愚論でもおとがめなく、聴いて下さると仰っしゃるなら、いささか小子しょうしにも所見がないわけでもありませんが……」
「おお。ねがわくは、忌憚きたんなく、この際の方策を披瀝ひれきしたまえ」
 と、玄徳は、えりをただす。
「漢室の衰兆すいちょうおおいがたしと見るや、姦臣かんしん輩出はいしゅつ、内外をみだし、主上はついに、洛陽を捨て、長安をのがれ給い、玉車にちりをこうむること二度、しかもわれら、草莽そうもうの微臣どもは、憂えども力及ばず、逆徒の猖獗しょうけつにまかせて現状に至る――という状態です。ただ、ただ今も失わないのは、皎々こうこうぺんの赤心のみ。先生、この時代に処する計策は何としますか」
 孔明は、いう。
「されば。――董卓とうたくの変このかた、大小の豪傑は、実に数えきれぬほど、輩出しております。わけても河北の袁紹えんしょうなどは、そのうちでも強大な最有力であったでしょう。――ところが、彼よりもはるかに実力もなければ年歯も若い曹操そうそうに倒されました」
「弱者がかえって強者を仆す。これは、天の時でしょうか。地の利にありましょうか」
「人の力――思想、経営、作戦、人望、あらゆる人の力によるところも多大です。その曹操は、いまや中原ちゅうげんに臨んで、天子をさしはさみ、諸侯に令して、軍、政二つながらまったきを得、勢い旭日のごときものがあり、これとほこを争うことは、けだし容易ではありません。――いや。もう今日となっては、彼と争うことはできないといっても過言ではありますまい」
「……ああ。時はすでに、去ったでしょうか」
「いや。なおここで、江南から江東地方をみる要があります。ここは孫権そんけんの地で、呉主すでに三世をけみしており、国は嶮岨けんそで、海山の産に富み、人民は悦服えっぷくして、賢能の臣下多く、地盤まったく定まっております。――故に、呉の力は、それを外交的に自己の力とすることは不可能ではないにしても、これを敗ってることはできません」
「むむ。いかにも」
「――こうみてまいると、いまや天下は、曹操と孫権とに二分されて、南北いずれへも驥足きそくを伸ばすことができないように考えられますが……しかしです……唯ここにまだ両者の勢力のいずれにも属していない所があります。それがこの荊州けいしゅうです。また、益州えきしゅうです」
「おお」
「荊州の地たるや、まことに、武を養い、文を興すに足ります。四道、交通の要衝にあたり、南方とは、貿易を営むの利もあり、北方からも、よく資源を求め得るし、いわゆる天府の地ともいいましょうか。――加うるに、今、あなたにとって、またとなき僥倖ぎょうこうを天が授けているといえる理由は――この荊州の国主劉表りゅうひょう優柔不断ゆうじゅうふだんで、すでに老病の人たる上に、その子※(「王+奇」、第3水準1-88-6)りゅうき※(「王+宗」、第3水準1-88-11)りゅうそうも、凡庸ぼんよう頼むに足りないものばかりです。――益州(四川省)はどうかといえば、要害堅固で、長江の深流、万山のふところには、沃野よくや広く、ここも将来を約されている地方ですが、国主劉璋りゅうしょうは、至って時代にくらく、性質もよくありません。妖教ようきょう跋扈ばっこし、人民は悪政にうめき、みな明君の出現を渇望しております。――さあ、ここです。この荊州に起り、益州を討ち、両州を跨有こゆうして、天下に臨まんか、初めて、曹操とも対立することができましょう。呉とも和戦両様の構えで外交することが可能です。――さらに、竿頭かんとう一歩、漢室の復興という希望も、はや、痴人ちじんの夢ではありません。その実現を期することができる……と、私は信じまする」
 孔明は、細論して余すところなかった。かくその抱負を人に語ったのは、おそらく今日が初めてであろう。


 孔明の力説するところは、平常の彼の持論たる
 =支那三分の計=であった。
 一体、わが大陸は広すぎる。故に、常にどこかで騒乱があり、一波万波をよび、全土の禍いとなる。
 これを統一するは容易でない。いわんや、今日においてはである。
 いま、北に曹操があり、南に孫権ありとするも、荊州、益州の西蜀せいしょく五十四州は、まだ定まっていない。
 ちと、遅まきながら、起つならば、この地方しかない。
 北に拠った曹操は、すなわち天の時を得たものであり、南の孫権は、地の利を占めているといえよう。将軍はよろしく人の和をもって、それに鼎足ていそくかたちをとり、もって、天下三分の大気運を興すべきである――と、孔明は説くのであった。