私本太平記(しほんたいへいき)


 まだ除夜の鐘には、すこし間がある。
 とまれ、ことしも大晦日おおつごもりまで無事に暮れた。だが、あしたからの来る年は。
 洛中の耳も、大極殿だいごくでんのたたずまいも、やがての鐘を、偉大な予言者の声にでもれるように、霜白々と、待ち冴えている。
 洛内四十八ヵ所の篝屋かがりやの火も、つねより明々と辻を照らし、淡い夜靄よもやをこめたたつみの空には、羅生門のいらかが、夢のように浮いて見えた。そこの楼上などには、いつも絶えない浮浪者の群れが、あすの元日を待つでもなく、えおののいていたかもしれないが、しかし、とにかく泰平の恩沢おんたくともいえることには、そこらの篝番の小屋にも、町なかの灯にも、総じて、酒の香がただよっていた。都の夜靄は酒の匂いがするといってもいいほど、まずは穏やかな年越しだった。
「さ、戻りましょうず。……若殿、又太郎さま。……はて、これは困った。いつのまにやら、邪気も無う、ようおやすみだわ」
 一色右馬介いっしきうまのすけは苦笑した。ゆり起しても、若い主人の寝顔は、居酒屋の床几しょうぎったまま、後ろの荒壁を背に、ぶらぶら動くだけなのである。
「これはちと、参らせすぎたな。やはりお年はお年」
 右馬介は侍者じしゃとして、急に自分のよいをさました。ここは錦小路の、俗に“請酒屋うけざかや”とも“小酒屋”ともよぶ腰かけ店だ。こんな所へ、ご案内したと知れただけでも、あとで上杉殿からどんなお叱りをうけるかと。
 かつて、自分は六波羅の大番役も勤め、都は何度も見ていたが、又太郎ぎみには、初めてのご見物だ。すべてが、もの珍しくてならないらしい。
 ところで、こんどの上洛では、彼も驚目したことだが、なんと都には、酒屋がえたものだろう。――という感を、ここの亭主にただしてみたら、十年前には醸造元の“本酒屋”も百軒とはなかったものが、当今では洛中だけでも二百四、五十軒をこえ、その上、近江の百済寺くだらでらで造るのや、大和菩提寺の奈良酒だの、天野山金剛寺の名酒だの、遠くは、博多の練緯酒ねりぬきざけまでが輸入されてくる有様なので、請売りの小酒屋も、かくは軒を競っておりますので、ということだった。
 なるほど、これは自分たちの国元、関東などでは見られない。
 だが、このすさまじい酒屋繁昌は、人心の何を語っているものか。ただ単に、これも泰平の余沢よたくといえる現象なのか。
 主従しての、そんな話から浮いて、つい、
「何も土産ぞ。奈良酒とやら百済酒とやら、ひとつ、飲みくらべてみようではないか」
 と、なったものだ。
 これは、又太郎から、言い出したこととしても、こんなにまで飲ませてしまったのは、重々自分も悪かった、と思うしかない。
「若殿、若殿。もはや相客とて、たれ一人おりませぬ。さ、立ちましょう。除夜の鐘もそろそろ鳴る頃……」
 又太郎は、やっと眼をさました。めた顔は、いとどあどけないほど若々しくて、ただまぶしげにニヤリと笑う。そして、直垂ひたたれの袖ぐちで、あごのよだれを横にこすった。
「ああ、よいここちだった。右馬介、よほど長く眠ったのか、わしは」
 又太郎は伸びをした。その手が、ついでに、曲がっていた烏帽子を直した。やっとうつつに返った眼でもある。
 その眼もとには、人をひき込まずにいない何かがあった。魔魅まみの眸にもみえるし、慈悲心の深い人ならではの物にもみえる。どっちとも、ふと判別のつきかねる理由は、ほかの部分の、いかつい容貌かおだちのせいかもしれない。
 骨太なわりには、痩肉そうにくの方である。あぎとのつよい線や、長すぎるほど長い眉毛だの、大きな鼻梁びりょうが、どこかのんびり間のびしているところなど、これは西の顔でもなし、京顔でもない。坂東者ばんどうものに多い特有な骨柄こつがらなのだ。それに、幼いときの疱瘡ほうそうのあとが、浅黒い地肌に妙な白ッぽさを沈めており、これも女子には好かれそうもない損の一つになっている。
 けれど今、従者の一色右馬介にゆり起されて、無言でニッと見せた羞恥はにかみ笑いや、大どかな風貌の魅力さといったらない。きっとこの郎党は、この若いおあるじのためには、どんな献身も誓っているのではないかと思われる。
 とにかく、醜男ぶおとこの方ではあるが由緒よしある家の子息ではあろう。いている太刀なども、こんな小酒屋の客には見ぬ見事な物と、亭主もさっきから、眼をみはっていた様子だった。
「されば、お眠りはつかのまでしたが、昼、六波羅を出たばかり。さだめし、上杉殿のお内でも、この深夜まで、どこを何して歩いてぞと、お案じのことに相違ございませぬで」