遠野物語(とおのものがたり)

[#ページの左右中央]


この書を外国に在る人々に呈す


[#改ページ]

 この話はすべて遠野とおのの人佐々木鏡石君より聞きたり。さく明治四十二年の二月ごろより始めて夜分おりおりたずたりこの話をせられしを筆記せしなり。鏡石君は話上手はなしじょうずにはあらざれども誠実なる人なり。自分もまた一字一句をも加減かげんせず感じたるままを書きたり。思うに遠野ごうにはこの類の物語なお数百件あるならん。我々はより多くを聞かんことを切望す。国内の山村にして遠野よりさらに物深き所にはまた無数の山神山人の伝説あるべし。願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。この書のごときは陳勝呉広ちんしょうごこうのみ。
 昨年八月の末自分は遠野郷に遊びたり。花巻はなまきより十余里の路上には町場まちば三ヶ所あり。その他はただ青き山と原野なり。人煙の稀少きしょうなること北海道石狩いしかりの平野よりもはなはだし。或いは新道なるが故に民居の来たりける者少なきか。遠野の城下はすなわち煙花の街なり。馬を駅亭の主人に借りてひとり郊外の村々をめぐりたり。その馬はくろき海草をもって作りたる厚総あつぶさけたり。あぶ多きためなり。さるいしの渓谷は土えてよくひらけたり。路傍に石塔の多きこと諸国その比を知らず。高処より展望すれば早稲わせまさに熟し晩稲ばんとう花盛はなざかりにて水はことごとく落ちて川にあり。稲の色合いろあいは種類によりてさまざまなり。三つ四つ五つの田を続けて稲の色の同じきはすなわち一家に属する田にしていわゆる名処みょうしょの同じきなるべし。小字こあざよりさらに小さき区域の地名は持主にあらざればこれを知らず。古き売買譲与の証文には常に見ゆる所なり。附馬牛つくもうしの谷へ越ゆれば早池峯はやちねの山は淡くかすみ山の形は菅笠すげがさのごとくまた片仮名かたかなのへの字に似たり。この谷は稲熟することさらに遅く満目一色に青し。細き田中の道を行けば名を知らぬ鳥ありてひなれて横ぎりたり。雛の色は黒に白き羽まじりたり。始めは小さき鶏かと思いしがみぞの草に隠れて見えざればすなわち野鳥なることを知れり。天神の山には祭ありて獅子踊ししおどりあり。ここにのみは軽くちりたちあかき物いささかひらめきて一村の緑に映じたり。獅子踊というは鹿しかまいなり。鹿のつのをつけたる面をかぶり童子五六人剣を抜きてこれとともに舞うなり。笛の調子高く歌は低くしてかたわらにあれども聞きがたし。日は傾きて風吹き酔いて人呼ぶ者の声もさびしく女は笑いは走れどもなお旅愁をいかんともするあたわざりき。盂蘭盆うらぼんに新しき仏ある家は紅白の旗を高くげてたましいを招くふうあり。とうげの馬上において東西を指点するにこの旗十数所あり。村人の永住の地を去らんとする者とかりそめに入りこみたる旅人とまたかの悠々ゆうゆうたる霊山とを黄昏たぞがれおもむろに来たりて包容し尽したり。遠野郷には八ヶ所の観音堂あり。一木をもって作りしなり。この日報賽ほうさいの徒多く岡の上に灯火見え伏鉦ふせがねの音聞えたり。道ちがえのくさむらの中には雨風祭あめかぜまつり藁人形わらにんぎょうあり。あたかもくたびれたる人のごとく仰臥ぎょうがしてありたり。以上は自分が遠野郷にてえたる印象なり。
 思うにこの類の書物は少なくも現代の流行にあらず。いかに印刷が容易なればとてこんな本を出版し自己の狭隘きょうあいなる趣味をもって他人にいんとするは無作法ぶさほう仕業しわざなりという人あらん。されどあえて答う。かかる話を聞きかかるところを見てきてのちこれを人に語りたがらざる者はたしてありや。そのような沈黙にしてかつつつしみ深き人は少なくも自分の友人の中にはあることなし。いわんやわが九百年前の先輩せんぱい『今昔物語』のごときはその当時にありてすでに今は昔の話なりしに反しこれはこれ目前の出来事なり。たとえ敬虔けいけんの意と誠実の態度とにおいてはあえて彼をしのぐことをという能わざらんも人の耳をること多からず人の口と筆とをやといたること甚だわずかなりし点においては彼の淡泊無邪気なる大納言殿だいなごんどのかえって来たり聴くに値せり。近代の御伽百物語おとぎひゃくものがたりの徒に至りてはそのこころざしやすでにろうかつ決してその談の妄誕もうたんにあらざることを誓いえず。ひそかにもってこれと隣を比するを恥とせり。要するにこの書は現在の事実なり。単にこれのみをもってするも立派なる存在理由ありと信ず。ただ鏡石子は年わずかに二十四五自分もこれに十歳長ずるのみ。今の事業多き時代に生まれながら問題の大小をもわきまえず、その力を用いるところとうを失えりという人あらば如何いかん。明神の山の木兎みみずくのごとくあまりにその耳をとがらしあまりにその眼を丸くし過ぎたりとむる人あらば如何。はて是非もなし。この責任のみは自分が負わねばならぬなり。