古川ロッパ昭和日記(ふるかわロッパしょうわにっき)


 昭和八年度は、活躍開始の記憶すべき年だった。一月七日から公園劇場で喜劇爆笑隊公演に特別出演し、之は一ヶ月にてポシャり、二月は一日より大阪吉本興行部の手で、京都新京極の中座といふ万才小屋と、富貴といふ寄席で声帯模写をやり、大阪へ廻って、南北の花月に出演、名古屋松竹座へ寄り、三月帰京、此の月一杯遊び、四月一日より常盤興行の手で、「笑の王国」創立、四月一杯のつもりの仕事が、好評満員で、五・六・七月と常盤座で打ち続け、僕無休で働いた。
 八月の酷暑も松竹座に出演し、九月は公園劇場だったので休演、川口・東氏の手で東海道を、徳川夢声と共に旅行し、ムザンなる目にあひ、十月は再び「笑の王国」金龍館公演に加はり、十・十一・十二月と大入りを続けて、打ち通した。目下の状態は、「笑の王国」は、金龍館を本城として常打ちといふことになってゐる。そして、僕はその代表、座長といふことになってゐる。
「笑の王国」は、今年何うなるか、古川緑波は何うなるか、昭和九年こそ自重すべく、ます/\ハリ切るべき年である。
[#改ページ]



 昨暁明治神宮へ参拝。本日は午前七時起床、入浴し、雑煮を祝って、八時半自動車来り、雷門まで。浅草観音へ参拝。公園を一巡して金龍館へ来る。正月気分が今年程、稀薄だったのは初めてだ。仕事のせいが一ばんあるだらうが、世間も段々さうなって来るのではあるまいか。十時開幕が少しおくれて開く。「凸凹世界漫遊」ドッと受けない。初日にもさう思ったが、レヴィウ式のものを書くには、もっと準備が必要だ。スラ/\と運びすぎるし、ギャグも少かった。夕方大入つく。大分客足がいゝので三回半、即ち「凸凹」までに定る。楽屋へハイダシ来り、大いに憂鬱なり。ギャング気分横溢、館の用人棒とハイダシの喧嘩さわぎ等、これが浅草の正月か。


 松の内は九時半着到十時開演。寝坊ちっとも出来ず。「凸凹世界漫遊」は漸くスピードも出て来て、及第点の出来。二回目、三回目はギッシリ大入りで漸く正月らしく、三階の客悲鳴をあげて、「五十銭出してるんだからよく見せてくれ」「押すな痛い/\」それにかまはずドン/″\走って芝居する気分、之が浅草の正月らしい。又々ギャングみたいな奴来り、「先生おめでたうござい、エヘゝゝ」と二円持って行く。之もお正月らしいと笑って置くか。
 正月の客は、つまらぬことでもワッワと笑ふ。いつもなら手の来べきところで来なかったり――兎に角正月の出し物は他愛なくあれ。


 九時に起されて、急いで風呂へ入り、食事をし、紅茶一杯飲む暇もなく、円タクで出かける。正月の三ヶ日、漸く此の商売を辛いと思ふ。が、のんびり起きて、さて行くところもないのよりは遙にいゝ。今日も割れる程の大入り。客席も正月らしいが、又々楽屋へ小ギャング来り、金一円をせしめて去る。昨日表方女給へお年玉を出したので今日は裏方大道具でせびられる、内外共に攻め寄せる、正月はいつもの通りの給金じゃいけなかった、と言ったところで手おくれ。


 今日よりマル三回で三十分おくれて開演。座へ行くと、徳川夢声胃病で休み故、「女なりゃこそ」の野呂平といふ役を一回だけやってくれと言はれ、仕方なく引受ける。本日から、マル三回の時は八時前にからだがあく、さて此う早く終っても困ったもの――って気持。伊馬鵜平・長谷川修二等年始に来た。大入つく。此の分なら七日までは確実。ハネまで事務所で次狂言「坊ちゃん」の脚本を読み、川口・東・生駒と共に、大支へ行きいろ/\話す。


 今日は五日で又景気いゝらしく打込みからザッと一杯になる。
 楽屋にゐて、毎日困ることは、さて今日は何を食はう? といふこと、考へるだけで肩が凝る。大阪屋が休みで、来々軒の雲呑ですます。P・C・Lの滝村・山天・田沼徹等来楽。二六新報の人来り、連載ユーモア物の口述をたのまれたが、考へさせてくれと返事しといた。二六じゃ相手が悪い。小林勇来楽、いろ/\話して帰る。第三回終って七時半、ゆっくり吸入して、銀座へ出る。


 朝、昨夜酒のんだので全く起き辛い。咽喉具合もあまりよくなし。一回目、竹久千恵子無断欠演、「凸凹」一寸困る、清川虹子代演、馬力をかけてロクローにかゝり、クタ/\にしてしまふ。渡辺篤休み、出し物してゐて休まれちゃ全く困る、「荒木又右衛門」の又右衛門は、中根竜太郎が代る。何うも代役沢山で困る。徳山※(「王+二点しんにょうの連」、第3水準1-88-24)来楽、食ひ物に困り、みや古へ使をやり、玉子焼とかも大根をとって飯を食ふ。
「女なりゃこそ」で恋人同士をやってゐる島・若宮。第一回の舞台で、若宮がフラついたのを、島が「これ、フラついてるが、おつかれ様」と言ったのを、若宮大いに怒り、「あなたみたいな方とはもう出ません」と島をナジったが、皆にナダメられ、第二回に又恋人同士をやるが、さてちっとも気分出ず、抱き合ふところなど、てんで気がなかった。これは扱ひやうで面白い芝居になる。