〔同人雑記〕(どうじんざっき)

 自分は今、凝つと自分自身を瞶め得らるゝやうな気がして来た。何たる悦びであらう。「君は馬鹿だよ」と多くのビジネスマンから何辺云はれたか知れない。そうして云はれる度に悲しむだ。弱い自分、弱くてもいゝ「馬鹿には異ひないのだ」弁解の言葉を知らないから。文句は云へないから小説でも書かうと思ふ。然し親友よ僕の小説を文句代りのものだと思つて呉れるな。いろ/\な用事で直接「金と銀」の編輯に当れないのは残念……「六号」ならぬ「六号」を書いて仕舞ふ理由はそれ。近いうちに私たちの「金と銀」の喜びを頒ち合ふ為めといふ理由の許に会合をして見たいと思ひます。