最近欧米に於ける財政経済事情(さいきんおうべいにおけるざいせいけいざいじじょう)

[#ページの左右中央]


    例言
本編は大正十三年九月一日芝公園協調会館に開催の教化団体聯合会主催震災記念国力振興大講演会に於ける前大蔵大臣井上準之助氏の講演速記を謄写したものである。


[#改丁]

 私は九ヶ月間の時日に世界を一周致しまして、数日前に帰つて参つたのでありますが、其間に外国から日本を見る機会が多かつたのであります。従つて種々の考へが其間に浮びましたから、それを今日諸君の前に申上げて見たいと思ふのであります。さう云ふ考へは、総て結論を持つて御話するのが道でありますが、実は帰りますと即刻、此演説をする様に依頼を受けたのでありまして、従つて考へが多くしてそれに対する私の結論が少ない様な恨みもありますが、それは予め御承知を願つて置きます。それから人が自己の生活して居る環境を離れて、其自己を見ますると、感じの程度が少しく平準を失ふ様な事が無いでもない。或は私もさう云ふ弊害に陥つて居るかも知れませぬから、其辺は加減して御聴取り願つて置きたいのであります。
 日本を一歩踏み出しまして、何人も第一に気附きます事は、日本は国が狭くて、人間が多過ぎると云ふ事であります。第二には非常に天恵の薄い国であると云ふ事を感ずるのであります。日本の国体と云ひ、吾々の家族制度と云ひ、是は吾々の最も誇りとする所でありまして、恐らく此の点に於ては世界に秀でたる国であらうと思ふのです。併し乍ら物質的に日本を見ますと、日本位天恵に乏しい国は無いのであります。第一に世界各国何れの所に行きましても、千里の沃野が耕やされずに捨てられてあると云ふ様な場所が幾らもあるのであります。又そこには石炭山の非常に立派なものがあり、そこには石油坑があり、そこには鉄山があると云ふ様な訳でありますが、日本には斯かる物質的に世界に誇り得るものは無いのであります。况んや日本は面積の割合に耕し得る地所が非常に狭い。仮りに天恵の乏しい国と比較して見ましても、伊太利の如きは最も天恵の乏しい国と云はれて居りますが、其北部には日本よりは多く耕し得る沃野があるのです。又西班牙も瘠せた所として有名ですが、西班牙には立派な鉱物があると云ふ様に、天恵の点で比較すると、日本は余程薄いのでありまして、物質的に申すと、日本の立国の基は、国土ではなくして、人にあると云ふ事が強く考へられるのであります。現状に於ては斯くの如くでありますが、併し今後の事を考へて見ると、一年に六十万乃至七十万の人々が増加しつゝあります。此狭い土地で現状に於てさへも多過ぎる人口が、更に今後増加するとしたならば、之を一体如何に解決すべきかと云ふ事は、日本から一歩外国に踏出しますると、一層感じを深くするのであります。然らば其解決の道に就て、従来唱へられました色々の方法を考へて見ますると、殆んど実効を挙げ得る案は無いのであります。それに就て私の海外で感じた事を申しますると、是迄人口問題には、何時でも海外移民と云ふ様な問題が伴つたのでありますが、併し今後日本の増加する人口を海外に送り出して、此問題を解決することが出来るかと云へば、先づ出来ぬと判断せらるゝ事実を私は認めて来たのであります。[#「来たのであります。」は底本では「来たのであります 」]換言すれば海外移民は非常に希望する、又外交上に於ても、常に斯くの如き事に努力しなければならぬが、其実行に於ては何うかと云ひますと、差迫つて居る日本の人口増加の問題を、是に依つて解決する事は不可能である事が感ぜられる。過去の事実を考へて見ましても、布哇に移民を送り出してから、三十年を経過して居ります。此三十年の間、屡※(二の字点、1-2-22)海外移民問題を聞くのでありますが、果して然らば今日幾何の日本人が、外国に住んで居るかと云ふ事を考へると、僅かに七十万、即ち百万足らずに過ぎないのであります。併し日本人は一年に七十万づつ殖へて行くのであります。三十年掛つて一年の人口増加を解決して行つた所で、到底長い間の問題を解決することは出来ないのであります。殊に欧羅巴戦争が起りましてから、大いに考ふべき事実の起つたと云ふのは、インターナショナリズムの思想であります。[#「思想であります。」は底本では「思想であります 」]欧羅巴戦争に依つて、世界人民が互に国境を持つて居る事の為に、非常なる苦しみを経験したので、従つて国境を見ずして、世界の人類が相寄つて、世界を統一しやうと云ふ理想を持つ者が沢山出来たのであります。[#「出来たのであります。」は底本では「出来たのであります 」]其一部の実現は、ベルサイユ条約に規定されて、各国努力して居る国際聯盟であります。即ち道義に基いて、各国の問題を片附けやうと云ふのが、其主義でありますが、さう云ふ事が耳に入ると同時に、世界には千里の沃野が横たはつて居つて、日本の勤勉なる農民を迎へて居る様に見える。是に依つてこれ等の問題も、何とか解決される様な気がするのです。併し乍ら実際に就て見ると、それは非常に予想に反する。今日大戦争を経ても、未だ欧羅巴では戦争前より多くの常備軍を持つて居る有様である。リーグ・オブ・ネーション・ユニオンの総会があつて、私も日本の代表者として五六日間行つて居りましたが、世界の有力家が名論卓説を吐く中にも、インターナショナリズムの美名の下に、自分の国の立場から、総てに勝手な議論をして居る事が容易に認められましたが、国と国との間の交渉は、邪推、猜疑心を以て満されて居る事は常であつて、其の会合の間にもそれが現れて来まして、将来はいざ知らず、今日に於て日本の此差迫つた問題を解決するのには決して頼りにならぬと云ふ感じがするのです。私は元来国際聯盟は尊敬する。之は必ず将来に非常なる社会人類の為に幸福を持来し、又永久平和の為に大なる貢献を為すべきものであると云ふ事を確信して努力を厭はぬのでありますが、併し乍ら現状から云ふと、日本の今日の難問題を解決すると云ふ事は、余程困難である。又斯う云ふ事を度々聞きます。日本人は非常なる活動的な国民である。此活動的の国民を、斯かる狭い国土に集めて置く事は、世界の平和を害する基である。故に日本の国民に相当活動し得る余地を与へ、其領土を広げてやらなければならぬと云ふ事を唱へて、是は相当の共鳴者もあるのでありますが、今日の世界中の状態、即ち互ひに国境を尊重し、互ひに其国の利益を相争つて居る時代から申しますると、自国の国民を勝手に、勝手とは云はずとも、相当の条件で[#「条件で」は底本では「条伴で」]、他国に出して、大いに其の国の目的を達すると云ふ事は、私は政府としてやるべき事だと思ふ。併し希望はあるが、実際問題としては余程困難な問題と考へるのであります、さすれば日本の問題は、日本人自らが解決しなければならぬ。一方から云ふと、斯くの如き天恵に乏しい国に生れた吾々は、誠に気の毒な人民で、世界の人民に比較すると、不利益な国民でありますけれども、諸国相対峙して、国威を輝かさうとする時には、自己の問題は、自己が解決するより外は無い。即ち世界の人間の働くよりも、より簡単に、より質素に生活する外に、国威を輝かして、日本国を護つて行く事は出来ぬと思ふ。ヒューマンビーイング、即ち広く人類と云ふ事を考へると、日本人は何故に他国より余計に働いて、不味い物を喰つて、苦しまなければならぬかと云ふ問題が起る。亜米利加の労働者は、まづいながらも自動車を持つて走廻つて居る者もあります。然るに日本ではさう云ふ事が出来ないと云ふ事は、何う云ふ訳か。それは今日の如く各国が相対峙して、其国の国威を輝かさなければならぬ其国の境界内に生活をして行かなければならぬと云ふ現状から云へば、此の日本に生れたお互ひは止むを得ぬと私は思ふのである。