流れ行く歴史の動力(ながれゆくれきしのどうりょく)

 諸君、私は二ツの道と題して置きましたが、二ツの道とは何であるか、それはこの社会、世の中の進歩に就て確かに二ツの道があるというのであります。社会の種々なる現象は絶えず動いており、その流転し動揺し行くのが即ち歴史であるが、この流転動揺は如何いかにして起るものであるか、歴史進展の動力如何という事に就いて一面の観察を為して見たい。私のこれより述べようとする事は決して歴史発達の道程における全観察ではないのであります。故に述べんとする一面観を以て、歴史の全道程が説明し得るというのではありませぬ。一個人に就いて考えてもその人格には色々な特色がある。一個の人格の生成は決して一方面のみより見る事は出来ない。幼時あるいは幼稚な社会においてはその観察は比較的容易であるが、人が成長し歴史が進展するに従って、その観察方法は次第に困難を呈して来る。一個の事業でも見様みようによっては、なかなか複雑なものとなる。昔しの人はこれらの事に対するかんがえすこぶる呑気であってあの人は良い人であるとか、忠良であるとか、すべて簡単な様式で片附けてしまったのでありますが、これは社会の組織があまり複雑ならざる時代においても偏頗へんぱなる観察であります。いわんや今日をやである。
 すべて社会あるいは国家の――個人でも同じであるが――成立しておる所以ゆえんのものは一の組織があって、それに固定した力と秩序とがあるからであります。この組織は必ずしも政府あるいは法律と限られた訳ではないが何らかの秩序、何らかの道徳的規準がなければならぬ。犬猫の如きですら細胞が一の組織を為し秩序ある生理的作用が行われずには彼らは生を保つ事が出来ない。一ツの秩序乃至ないし組織は国家、社会に取って甚だ大切なるものであります。
 しかしながら単にこれあるのみでは未だ充分なる個人、国家、社会ではありません。これをその内部より動かして行く力がなければならぬ。組織の中より旧分子を去り新分子を加えて行かねば国家社会の進歩はない。秩序が固まれば死んでしまう。ある存在がその存在と同時に成長し発展し進化して行くには必ず以上二個の力を要するのであります。しかるにこの二個の力は時によって良く調和することと然らざる事とがあります。もし良く調和結合する時は永くその存在を持続し、かつ発展進歩向上することが出来るのでありますが、これに反してもしその調和を欠くにおいては、煙山君の言葉を借りていえば隠居型ともなりまた夭折型ともなるのである。
 或る社会では組織の鞏固きょうこのみに重きを置かれる時代があります。既成の組織を以て絶対のものとなし、個性の自由発展は著しく束縛される。如此かくのごとき社会においては年々歳々人相異るも年々歳々事相同じであって、個人の批評性と創造力とはほとんど萎縮し、人は制度の奴隷となって、民衆は元気なく空気は沈滞し、社会の進歩発達は遂に望むべからざるに至るのであります。反之これにはんして或る場合にはあたかも革命時代の如く組織の如何は比較的閑却せられ、社会の内部における個人のみがさかんに活躍する時代があります。如此き時代において、世に動揺紛乱の絶ゆる時なく、信仰も道徳も一切の権威を失うのであって、よしんばそれが進化の一過程、過渡時代であるとするも決して健全なる社会状態という事は出来ない。
 国家社会の内容を為すものは個人であるが、国家社会の成立には或る意味において或る程度まで個人の自由を制限せなければなりません。此処ここにおいて一方においては社会生成の為に能う限り個人の自由を制限するものと、反之出来るだけ個人の自由発展を認むる社会との二ツの場合が生じます。これは個人においても同様であって、なるべく自己を抑えて社会に順応せんとするいわゆる順応型の人と、一方には自己の意慾、衝動のみに重きを置いて、社会の組織何かあらんというようないわゆる反抗型の人とが出来る。何故にかく二種の社会、二種の人物が出来るかというに、これには勿論種々なる事情があるに相違ない。色々な理由があるに相違ないがしかし私は今それを論じようとするのではない。これが歴史上にう働くかを考えて見たいのであります。
 私は先日来徳川時代の書物を読んでおりますが、其処そこには右二ツのタイプがあって、学者や詩人にもこの二方面が見えるようであります。先ず学者に就ていって見るに、徳川時代の社会は組織制度にのみ偏った時代でありました。文化頃でありましたか、日本に来たオランダ人が長崎より江戸に旅行せる紀行文を書いておりますが、その中に、もし百年前の日本人が今生れ変って来るならば自分らのかつて生活したりし時代と現代とが、少しの変化もなく全く同一なのを見て定めて驚愕の声を発するであろうと書いてあるが、如何にもその通りであってこの時代の特色は平和と固定であったのであります。然もそれに慣れたる日本人は世に変化あり、社会に変動あるを想像することが出来なかった。今日の人々は社会の変化にのみ心付き、世の中の固定ということは何うしても考えられない。然るに当時の人は全く之に反しておったのでありますから、徳川時代の思想家、学者、指導者らは、要するに世の中は動かぬものである。故に人は社会に順応し適合せねばならぬという風に説く事に一致しておりました。く申しますとあるいは不思議に思う方があるかも知れない。何となれば明治維新、即ち徳川三百年の夢漸く醒めて、王政復古の新時代が生れたのは正に世が動いたのであって、しかしてそれは尊王論の勃興が原因であり、その尊王論は当時の制度を不可なりとせる国学者が之を主張したのではないか、即ち幕府の倒れたるは源にさかのぼれば実に国学者の力ではないかと考える人が多いからであります。