銭形平次捕物控(ぜにがたへいじとりものひかえ)


「あつしはつく/″\世の中がイヤになりましたよ、親分」
 八五郎は柄にもなく、こんなことを言ひ出すのです。
「あれ、大層感じちやつたね、出家遁世とんせいでもする氣になると、二三人泣く娘があるぜ」
 平次は縁側に腰を掛けたまゝ、明日咲く鉢の朝顏のつぼみなどを勘定して居りました。まことに天下泰平の姿で、八五郎の厭世論などには乘つてくれさうもありません。
「何時の世になつたら、惡い事をする奴が無くなるのでせう。喧嘩だ、殺しだ、泥棒だ、放火ひつけだと、毎日々々惡い人間を追ひ廻して居るこちとらだつて、大概イヤになるぢやありませんか」
「惡い奴と岡つ引、考へて見ると、病氣と醫者見てえなものさ、何處まで行つても切りが無いから、宜い加減のところで十手捕繩を返上して、高野の山へでも登るとしようか。クリ/\坊主になると、額の寸がつまつて、八五郎も飛んで良い男になりさうだぜ」
 平次と八五郎の掛け合ひは、相變らず無駄が多くなつて來ました。七月二十七日もやがて晝近い陽射しで、縁側に掛けてゐても汗がにじみさうです。
「ところで、親分は、昨夜の月待ちを何處でやりました」
「俺は寢待ちさ。信心氣がないやうだが、此間からの御用疲れで、宵から一と眠りしてしまつたよ」
「湯島臺から明神樣の境内、ことに芝浦高輪あたりは、大變な人出だつたさうですよ」
 七月二十六日の曉方近くなつて出る月を、寢ずに待つて拜むと、三尊の來迎らいがうが拜まれるといふ俗説があり、江戸の海邊や高臺は凉みがてらの人の山で、有徳うとくの町人や風流人は、雜俳や腰折を應酬したり、中には僧を招じて經を讀ませる者もあり、反對に幇間たいこ藝子を呼んで、呑んで騷いで、三尊來迎を拜まうなどといふ、不心得な信心者もあつたわけです。
「お前は何處に潜つて居たんだ」
あつしは北の國で、歌舞の菩薩の見世みせを一と廻り拜んで、向柳原へ歸つて寢てしまひましたよ。月待ちと洒落しやれるほどは金がねえ」
「罰の當つた野郎だ」
「親分、お客樣のやうですね」
 八五郎は無駄話を切上げて、庭木戸を押しあけると、表口の方へ、外から廻つて行きました。
 それから暫く、何やら押問答をして居ましたが、やがて、二十三四の浪人風の男を、後から押し込むやうに、追つ立てゝ來ます。
「この方が、親分にお願ひがあるんですつて」
 それは、若くて貧乏臭くさへありましたが、短いのを前半に手挾たばさんで、長いのは木戸のあたりで、鞘ごと腰から拔き、右手に持添へて小腰を屈めたあたりは、なか/\に、好感の持てるたしなみです。
「錢形の親分――でせうな、私は芝口一丁目に住む、神山まもると申すもの、折入つてのお願ひがあつて參りましたが」
 顏をあげると、青々とした月代さかやき、眉が長く、唇がキリリとして、娘のやうに鼻白む風情です。
「お話といふのは?」
 平次はこの浪人者のために、縁側に席を設けさせました。
「芝口一丁目の金貸、久米野官兵衞殿が、昨日の夜半過ぎ、御自分の家の二階で、何者やらに殺されました」
 神山守は散々躊躇ちゆうちよした末、思ひきつた樣子で話の緒口を切りました。
「で?」
 平次はその後を促しました。久米野官兵衞といふのは、武家あがりの金貸で、その名前位は平次も知つて居ります。
「久米野官兵衞殿は、二階六疊の前の縁側に、月の出を待つて居るところを殺されました。家中の者は、一人殘らず階下したに顏を合せて居り、その時二階に居たのは、官兵衞殿の外には娘のお玉殿だけ。お玉殿が親殺しの疑を受けてその夜の明けぬうちに、露月町の金六に縛られました」
「お玉どのは親を殺す筈もなく、またそんな惡いことの出來る人でもありません。お玉どのを縛つて行く金六の跡を追つかけて、いろ/\申しては見たが、鬼の金六と言はれた御用聞、私の言ふことなどには、耳もかしてはくれません。この上は錢形の親分にすがる外は無いと思ひ、芝口から飛んで來たものゝ、さて、何んと言つて親分に頼んだものか、きつかけが六つかしくて、愚圖ぐづ々々して居りました」
 神山守は、兩刀の見識も捨てゝ、町の御用聞の平次に、一生懸命にすがるのでした。
「仰しやることはよくわかりましたが、御用聞にも御用聞の繩張りらしいものがあつて、露月町の金六の縛つたものを、あつしが神田から飛込んで行つて、すぐ繩を解かせるといふわけには參りません」
「でも、お玉殿が、潔白とわかれば――」
「待つて下さい、神山樣、あつしが此處に居て、貴方のお話を伺つただけぢや、お氣の毒ですが、久米野のお孃さんが、潔白か潔白でないか、わかるわけが無いぢやありませんか」
「でも、久米野の主人が殺された頃、お玉殿が、あの家の二階に居なかつたとわかれば」
「それは申す迄もない事です。お孃さんが二階に居なかつたとわかれば、露月町の金六親分は鬼でも蛇でも、お孃さんを縛るわけが無いぢやありませんか」